離婚問題に強い
弁護士が見つかるサイト

掲載弁護士数
全国288以上

離婚問題に注力
弁護士を厳選

離婚を上手に解決したければ、弁護士に相談すべきです。丁寧に対応してくれる、費用がリーズナブルで離婚に強い弁護士を探して相談・依頼すると有利に離婚をすすめることができます。

離婚問題に強い弁護士を「相談件数・閲覧数・おすすめ」で厳選

※表示順について

弁護士事務所の表示順については以下の基準に基づいて決定しています。

・有料掲載事務所を一部優先的に表示しています
・指定されたエリアの事案に対応可能かどうか
・掲載期間中の問い合わせの件数
  • 東京
  • 関東
  • 関西
  • 東海
  • 九州

離婚のトラブルを弁護士に
依頼するつのメリット

豊富な知識と経験で離婚に向けたアドバイスとサポートが可能

弁護士は離婚に関する法的知識や豊富な経験を持っており、離婚問題を迅速かつ適切に解決するために様々なアドバイスとサポートを行います。法律的手続きや文書作成などの細かい作業も代行してくれるため、離婚手続きがスムーズに進むことが期待できます。

弁護士を利用するメリットについて

精神的な負担を減らすことができる

弁護士が代理人となって交渉や手続きを行うことで、相手と直接交渉することなく精神的な負担を減らすことができます。

離婚前の準備について詳しくはこちら

養育費や親権についての専門知識

弁護士は養育費や親権にまつわる過去の事例や判例をもとに子供の利益を最優先とする解決策を提案することができます。

養育費の相場について詳しくはこちら

離婚問題を弁護士に
相談した方が良いケース

  • 相手側に弁護士がついた

    相手側が弁護士を立てた場合、離婚交渉は配偶者直接ではなく、弁護士とのやりとりになるため、自分自身で対応する場合、より専門的な知識が必要となります。自分の権利や立場を守るためにも、弁護士に相談することが重要です。

  • 離婚慰謝料を請求したい

    離婚慰謝料の請求には、過去の事例や法律に基づいた専門的な知識が必要です。自分で慰謝料交渉を行う場合は、相手方の反発や不十分な取り決めが招く未払いのおそれなど、様々なリスクがあります。弁護士に依頼することで、適切な慰謝料額をスムーズに請求できる可能性が高まります。

  • 離婚後の生活が不安

    離婚に伴う財産分与や養育費を適切に受け取るには、専門家によるアドバイスが有効です。自分自身で交渉するよりも、弁護士に相談することで、離婚後の生活を見据えたより良い解決策が見つかる可能性があります。

  • 子供の親権や面会交流の話し合いがまとまらない

    子供の親権や面会交流を巡る争いは離婚協議で意見が分かれ、エスカレートしやすい問題です。弁護士は子供の利益や親の権利をふまえた最善の解決方法を提案し、裁判や調停などの手続きを代理して行ってくれます。

  • モラハラに耐えられない

    モラハラは正当な離婚原因として認められまる一方、第三者に気づかれづらく、ご自身で自覚のないケースも少なくありません。
    夫婦生活に辛さを感じる方は弁護士に相談することで、モラハラ被害に気づくことができます。また、モラハラから自分を守るための適切なアドバイスも受けられます。

  • 相手から離婚したいくないと言われている

    相手が離婚を拒否している場合、当事者同士での交渉で話し合いを進めることは困難です。弁護士に依頼することで、冷静かつ適切な形で離婚協議を進めることができます。

人気のコンテンツ

新着コンテンツ

カテゴリメニュー

離婚に関する知識や情報

離婚は財産分与や子供の養育問題、婚姻費用など様々な問題が発生します。
十分な情報や知識がないまま離婚をしてしまうと後々大きな問題が発生する可能性があります。事前に知っておきたい離婚に関する情報を掲載しています。

離婚とお金

弁護士に相談する

離婚の基礎知識

離婚と子ども

離婚の手続き

離婚を考えたときに

離婚に関するよくある質問

離婚にはどのくらいの時間がかかりますか?

離婚にかかる時間は、夫婦の状況や条件によって異なります。争う点が少なければ協議離婚で1か月程度で終わるケースもあれば、離婚調停の場合でも半年程度が一般的と言われています。

しかし、親権や慰謝料・財産分与など何かしらの争いがある場合、年単位で時間がかかるケースもあります。詳しくは「離婚の期間」をご覧ください。

離婚のためには弁護士が必要ですか?

離婚協議や調停などを進める上で、法律的な助言や代理人を必要とするかどうかは、個人の状況によって異なります。適正な慰謝料を請求したい場合、特に複雑な財産分与や子供の養育問題がある場合には、弁護士に相談することが望ましいです。

離婚を申し立てた場合、支払うべき養育費の金額はどうやって決められますか?

養育費の金額は、両親が離婚協議または調停による話し合いで決めるか、家庭裁判所による審判または離婚訴訟の判決の中で決定されます。

家庭裁判所が養育費を決定する場合、両親の年収、勤務形態、子どもの年齢・数を基本に、健康状態や教育状況等も考慮して金額を決めます。詳しくは「養育費の平均相場」の記事をご覧ください。

離婚で確実に慰謝料を請求したいのですが?

離婚で慰謝料を請求したい場合、まずは相手に対して不法行為があったことと、それによって自分が精神的苦痛を受けたことを証明する必要があります。不法行為とは、不倫・浮気、DV・モラハラ、悪意の遺棄などの行為のことです。証明する方法としては、写真、メール、手紙、診断書、目撃者の証言などがあります。

詳しくは「離婚慰謝料」の記事をご覧ください。