離婚をしたら「旧姓」に戻りますか?子供の為に今の姓のままにもできる?

子どもの戸籍を移すには

離婚して旧姓に戻る場合のメリット

過去とスッパリ別れ、新たな一歩を踏み出せる

本来であれば、離婚した時点で夫の姓を名乗ること自体が不自然で、離婚して旧姓に戻るというのは極めて自然な流れです。過去とスッパリ別れて、新たな一歩を踏み出すという決意もできるでしょう。

実家の両親が、より協力的になる

旧姓に戻るということは、実家の親にとってみると、複雑ではありながらも心のどこかで嬉しい気持ちがあるものです。もしも旧姓になった娘が実家に戻ってきたら、「ああ、我が子は結婚に失敗し、うちに戻ってきてしまった。同じ姓に戻ったことだし、ここはひとつ協力をしてあげなくては」と、実家の親がより積極的に生活を支援してくれる可能性もあります

あまりいい言葉ではありませんが、昔は女性が離婚をすると「出戻り」と言われ、実家の親のもとに身を寄せるのが一般的でした。これが夫の姓のままでいると、出戻り感は薄くなり、親の協力体制も微妙に違ってくるかもしれません。

夫とその親族の気持ちもスッキリする

元夫の側にしても、別れた後にそのまま自分の姓を名乗られるよりは、旧姓に戻ってくれた方がスッキリするという気持ちもあります。実際、「別れた妻が、自分の苗字をまだ名乗っていることを、再婚した妻があまり良く思っていない」という人もいます。

離婚して旧姓に戻る場合のデメリット

子どもに辛い思いをさせる

母親が旧姓に戻ると、子どもも自動的に同じ姓に変わるかというと、そういうわけではありません。子どもは変更の手続きをしない限り、今までの父親姓を名乗ることになるので、母親とは姓が別になるのです。

そうなると、親子でありながら違う姓を名乗ることになり、名前を見ただけで離婚の事実を伝えているような状態になります。親子が名前を並べて記入する機会というのは、とても多いため、何かにつけて目立ってしまうでしょう。子どもが小中学生くらいの頃は、ふと学校の友達が母親の苗字を見つけたときに、「どうしてお母さんと苗字が違うの?」と無邪気に質問されてしまうこともあり、子どもなりに心を傷つけられるかもしれません。

もちろん子どもも母親姓に変われば同じ苗字になりますが、それはそれで今までの経緯を知っている周囲の人には違和感があります。その場合は新しい土地に引っ越しをして、「今までとは違う苗字になるけれど、ママと一緒に新しい家族を作っていこうね」と子どもに伝え、心機一転やっていくのがベストでしょう。

さまざまな変更手続きが面倒

離婚をして苗字を変えると、クレジットカードやキャッシュカード・携帯電話の名義変更など、もろもろの手続きをするのが意外と大変です。もし仕事上の名前も変えるとなると、名刺の変更や、仕事相手への説明など、ドッと疲れるような作業が待っています。「それが面倒くさくて、苗字を変えなかった」という人もいるほどです。

周囲にくまなく説明しても、はっきりと認知してもらえるまでは時間がかかり、間違えて呼ばれたり書かれたりということも頻繁にあるでしょう。

子どもと同じ戸籍に入れない

離婚をして母親が子どもを引き取る場合は、自分を筆頭者にした新しい戸籍を作るというのが、自然な流れです。実際に多くの離婚家庭は、母親を筆頭者として子どもの名前を入れ、新しい家庭としてスタートしています。

ところが、母親が離婚をして旧姓に戻ってしまうと、子どもと同じ戸籍に入ることができなくなります。子どもの姓を母親の姓に変えれば同じ戸籍にできますが、今は世間体も考えてそれをやる人はあまりいません。

「戸籍なんてただの紙切れだし、私と子どもで新しい家庭を築くことには変わりない」と思えれば、何の問題もありませんが、旧姓に戻るとそういったデメリットもあることは知っておいた方が良いでしょう。

再婚した時に、また苗字を変えることになる

もしも離婚後に旧姓に戻った後、再婚することになると、「元夫姓→旧姓→新夫姓」と2回も苗字を変えることになります。そうなると、それこそ手続きや周囲への説明は、非常に面倒なことになるでしょう。離婚から再婚までのスパンが短いと、「またですか?」というようなマイナスの印象を与えかねません。

離婚前と同じ姓を名乗る場合のメリット

何事もなかったかのように過ごせる

離婚後に女性が苗字を変えない最も大きな理由は、何事もなかったかのように普通に過ごせることです。たとえ子どもがいない場合でも、離婚後に苗字を変えると、職場であれこれ言われたり友人のツッコミを受けてしまいがちです。ましてや子どもがいる場合は、母親が苗字を変えることが、子どもにとって大きなストレスになる場合も多いでしょう。いじめの原因につながる可能性もあります。

その点、離婚をしても苗字さえ変えなければ、他に「離婚しました」と伝えるきっかけになるものは何もありません。子どもが同じ学校に通い続けても、友達からあれこれ言われることもないでしょう。

さまざまな申込書や申請書の作成・新規会員登録など、親子で名前を連ねる機会というのは非常に沢山あります。苗字を変えると、その都度子どもは「あ、また違う苗字を書かなければならないのか」という気持ちになりますが、名前が同じであれば何も悩む必要はありません。

苗字変更による手続きが必要ない

苗字を変えるとクレジットカードやキャッシュカードの変更、名刺の変更など、煩わしい手続きがいくつもあります。でも離婚後にそのままの苗字を名乗っていれば、離婚時に役所で手続きをするだけで、後は何もしなくてもかまいません。

子どもと同じ戸籍を作って、人生の再スタート!

離婚後に苗字を変えると、子どもと同じ戸籍を作ることができませんが、同じ苗字であれば母子だけの新しい戸籍を作ることができます。たかが紙切れとはいえ、やはり同じ戸籍に入って「私と子どもたちで新たな人生のスタートを切るんだ!」という気持ちを持てることは、今後の生活にプラスの影響を与えるでしょう。

離婚前と同じ姓を名乗る場合のデメリット

元夫の苗字を名乗ることへの屈辱感

離婚後に元夫の姓を名乗る最大のデメリットは、メンタル面です。もともと訳あって別れた二人、中には「もう顔も見たくない」と思うほど、辛い別れを経験した人もいるでしょう。その元夫の姓を名乗るということに、屈辱を感じる人は少なくありません。

「できれば旧姓に戻りたかったけれど、子どものことを考えてそのままにした」という人も、実はとても多いのです。

人生の節目としての“けじめ”をつけられない

子どもの養育や財産分与のことをすべて話し合い、家を引き払って新たな人生のスタートを切るとき、「どうして名前だけが昔のままなの?」という矛盾を感じる人もいるでしょう。

もしここで旧姓に戻ることができれば、本当に過去のことはスッパリ忘れて“けじめ”をつけ、これからの人生に向かって走ることができるはず。それなのに、苗字が元夫姓のままであるというだけで、いつまでもズルズルと過去を引きずっているような気持になってしまうのです。

再婚したときに苗字を変えないと、夫に対してすまない気持ちになる

“苗字を変えない”という問題は、再婚したときにも起こります。もしも「再婚したけれど、子どものことを考えると、このままの苗字でいた方が」と考えることがあるからです。その場合、再婚した夫は、“元夫姓の妻”とずっと一緒に暮らすことになります。

再婚したのに元夫の苗字を名乗っているということは、自分自身としても引け目を感じ、夫に対して「すまない」という気持ちになるでしょう。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP