離婚弁護士の選び方「頼んでよかった」と思える弁護士を選ぶ【3つのポイント】

弁護士の選び方「頼んで良かった」と思える弁護士と出会える人は、そう多くはありません。でも、これからお話する【3つのポイント】をチェックしながら探せば、きっと心から満足できる離婚弁護士さんに出会うことができます!では、その大切なポイントとは?

【ポイント1】離婚問題の相談・経験・実績ある離婚弁護士を選ぶ

確実な離婚弁護士を選ぶなら、実績は必須

何といっても一番大切なのは、離婚相談を何件もこなした経験があり、無事成功へと導いた実績を持っている離婚弁護士を選ぶことです。弁護士にも得意分野と不得意分野があり、企業の債務整理などをメインとする弁護士に離婚の相談をしても、いい結果を生むことはできません。もしも「知り合いに弁護士がいるから」と紹介された場合でも、離婚相談の実績を訊ねてみたほうが良いでしょう。

もちろん、実績がない弁護士が、まったくダメというわけではありません。中にはとても優秀で、相談者の意図を酌んでバリバリと仕事をこなしてくれる弁護士もいるでしょう。ただし、その確率はとても低く、もしも失敗した場合には弁護士を替えなければならなくなります。「確実にいい離婚弁護士を頼みたい」と慎重になっているのであれば、離婚相談に強い弁護士を選ぶのが賢明です。

忙しすぎる弁護士には要注意!

たとえ離婚相談の実績が豊かでも、評判が良くて案件をいくつもかかえてしまっている離婚弁護士の場合は、注意が必要です。あまりに忙しいために、連絡を密に取ることができなかったり、「この案件はまだ先でも大丈夫だから」と後回しにされてしまう可能性もあるからです。

その辺の見極めは非常に難しいところでもありますが、自分のためにしっかりと時間を確保してくれる弁護士を選ぶことは、離婚相談を進めていくうえでとても重要です。

【ポイント2】相談者の話を親身になって聞く離婚弁護士を選ぶ

法律面・メンタル面から、しっかりと支えてくれる離婚弁護士を

離婚弁護士の中には、上から目線で接する人もいれば、人の話をきちんと聞こうとしない弁護士もいます。「弁護士は厳しい試験の関門をくぐり抜けてきた人ばかりだから、人格者のはず」と思うのは早計で、実際には「知り合いにこういう人がいたら付き合いたくない」と思うような人が少なくないのも事実です。

そうかと思うと、相談者の話を親身になって聞き、解決に向けて共にがんばってくれる人間性豊かな離婚弁護士もいます。何度か無料法律相談を受けるうちには、そうした信頼できる離婚弁護士と出会うこともできるでしょう。

離婚問題で相談をする時、相談者はただでさえ辛い状況に置かれています。その相談者の気持ちを汲み取り、法律面だけでなくメンタル面でも支えてくれるような弁護士が、離婚弁護士としては理想的といえます。

メンタル面で自信があるなら、実績オンリーの選択もあり得る

もしも「自分はメンタル面ではかなり自信があるから大丈夫」と思えるなら、実績オンリーで離婚弁護士を選ぶことも可能です。その場合は心の問題などはすべて自分でコントロールし、必要な質問事項なども自分からしっかりと用意して、“超”がつくほどシリアスな弁護士との会話に終始しましょう。

「慰謝料がいくら欲しい」「養育費は月に何万円ないと困る」「親権は絶対に勝ち取る」といった戦闘意欲の強い人であれば、多少つっけんどんの離婚弁護士でも渡り合っていけるに違いありません。

【ポイント3】自分と相性がいい離婚弁護士を選ぶ

“何となく感じる印象”は、意外と大切

「自分と相性がいいこと」、これは意外と重要なポイントです。たとえどんなに優秀で、親身になって相談にのってくれる離婚弁護士でも、「何となく会話のソリが合わない」という場合は頼まないほうが良いかもしれません。実際に話を進めていく際に、「どうしてそんなことを言うのだろう?」といった不信感が生まれてしまう場合があるからです。

結婚生活に相性がとても重要なように、法律相談を進めていくうえでも、相性の良い離婚弁護士を選ぶことはとても重要です。これに関しては、実際に無料法律相談を受けてみて「とても話しやすい」「自分の気持ちをわかってもらえる」といったことで実感できるので、あまり悩むことはないでしょう。

説明のわかりやすさ、料金の明確さも要チェック

法律上の話は、一般の人が聞いたこともないような専門用語が頻繁に登場するので、わかりやすく噛み砕いて説明してくれる人かどうかはチェックしたほうが良いでしょう。もし説明がわかりにくい場合、相談者は自分でそれを理解するために、時間を使わなければならなくなります。でも、離婚時は普段暮らしている時の何倍もやることが多いもの。できれば相談者に対して短時間にピンポイントで、必要な情報をわかりやすく伝えてくれる離婚弁護士が理想でしょう。

また、これは離婚弁護士を選ぶポイントというよりは弁護士事務所を選ぶポイントになるかもしれませんが、弁護士費用を明確に教えてくれることも非常に重要です。後で「こんな料金が別途かかるとは思わなかった」というようなことにならないよう、最初の段階ですべての料金を提示してもらい、きちんと納得したうえで依頼をしましょう。

離婚問題に強く評判の良い弁護士事務所を探す

離婚相談

一人で悩まずご相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子供の親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子供の養育費を確実に受け取りたい!