【厳選掲載】離婚問題に強い弁護士ランキング

岐阜県の離婚に強い!評判の良い弁護士

  • 対応:愛知、岐阜、三重、静岡 事務所:名古屋市

    あなたの不安を解消し、最大限の利益を得られることを目指します!

    ストラーダ法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7441
    受付時間 毎日 9:30〜21:00

    ストラーダ法律事務所

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付
  • 対応:全国 事務所:東京・埼玉・千葉・大阪・名古屋・宇都宮・横浜・姫路・福岡

    離婚問題専門の弁護士が 豊富な知識と経験をもとに親身に対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7785
    受付時間 平日 9:30〜20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付

岐阜県の離婚問題について知る

岐阜県の離婚件数は3,182件

厚生労働省が出している「人口動態調査」を見てみると、2014年の岐阜県の離婚件数は3,182件で、全国では20番目です。ただ、東海・中部地方の中ではトップの愛知県、2位の静岡県、3位の長野県の次に多くなっています。 岐阜県の離婚件数は2000年から3,000件を超えるようになりました。終戦後から1980年代までは年間1,000件台でしたが、1995年には2,500件に増えています。そして、2000年には3,472件と大きく増加しました。この傾向は全国的に見られるもので、もともと離婚件数が少ない岐阜県でも2000年台は増加していることがうかがえます。

岐阜県の離婚率は全国では低い方から9番目

人口1000人当たりの離婚率を厚生労働省が発表しています。そのデータによると岐阜県の離婚率は1.58で、全国では9番目に低い数値になっています。 ちなみに東海・中部地方の中では長野県がもっとも低い1.57です。そして岐阜県、次が1.69の山梨県と続きます。東海・中部地方の中で離婚率が高いのはトップは静岡県の1.76、次いで愛知県の1.75、三重県の1.73となっています。

岐阜県の婚姻率と離婚率

厚生労働省は都道府県別の婚姻率も発表しています。それを見てみると、岐阜県は4.5で全国平均の5.1よりもかなり低いことがわかります。過去の婚姻率は1970年が9.2と高くなっています。この年は全国的に婚姻率が高く、全国平均が10となっていました。その後、岐阜県では減少していき、1985年には5.5にまで減っています。2000年にやや上昇するもののまた減っていき、2010年には5.0を下回るようになりました。近年は4.0台が続いています。 離婚率の推移はどうでしょうか。岐阜県の離婚率は1990年までは1.0を下回っていました。ところが1995年に1.2になり、初めて1.0を上回っています。そして、その後は1.6を常に超えるようになりました。2014年は久しぶりに1.6以下になっています。 これらのことから、岐阜県では人口に対して結婚する人の数も離婚する人の数も少ないと言えます。

岐阜県の離婚種別の割合はほぼ全国平均並み

離婚件数の離婚種別の数では、岐阜県は協議離婚が2,780件で全体の約87%を占めています。一見多いように見えますが、これは全国平均と同じです。 その他には調停離婚が321件(約10%)、和解離婚が43件、判決離婚が34件、審判離婚が4件となっています。協議離婚も調停離婚も、その割合はほぼ全国平均並みとなっています。

協議離婚の約48%は子どもがいないケース

それぞれの離婚種別の内訳を見てみましょう。まず協議離婚全体の中では約48%の1,298件が子どもがいないケースとなっています。次に子どもがひとりの場合が668人で24%、子どもが2人の場合が595件で約21%となっています。 調停離婚では子どもがいない場合は89件で調停離婚全体の約28%と低く、子どもがひとりの場合は92件で約29%、子どもが2人の場合は104件、約32%と高くなっていきます。子どもが3人の場合は離婚する数が少なくなるためか、割合は下がっていきます。

判決離婚の半数は子どもがいない場合

調停離婚でも解決できず裁判になり、判決離婚をしたケースは34件ありますが、その半数は子どもがいないケースとなっています。子どもの有無だけが離婚の際の問題になるわけではないということがうかがえます。

協議離婚は同居期間が短いケースが多い

同居(結婚)してからどれくらいの期間で離婚したのかを示すデータを見ると、協議離婚の場合は同居5年未満が多いことがわかります。協議離婚全体の約34%は5年未満になります。次に多いのが5~10年で586件、そして10~15年は399件あります。 一方、調停離婚は5年未満と5~10年がほぼ同数となっています。いずれの種別でも離婚に至るのは、同居期間が15年までが多いようです。

弁護士をお探しの岐阜県在住の方へ

岐阜県にお住まいで、離婚にお悩みの方、岐阜県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

まずはお気軽に相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP