山梨県の離婚問題に強い弁護士を検索

山梨県で離婚問題に強い弁護士事務所が2件見つかりました。

市区町村から弁護士を探す

    1 - 2件を表示(全2件)

    • メール受付はこちら
    • メール受付はこちら

    市区町村から弁護士を探す

    市区町村で絞り込む
    • 山梨県の弁護士対応市町村

      • 甲府市
      • 富士吉田市
      • 都留市
      • 山梨市
      • 大月市
      • 韮崎市
      • 南アルプス市
      • 北杜市
      • 甲斐市
      • 笛吹市
      • 上野原市
      • 甲州市
      • 中央市
      • 市川三郷町
      • 早川町
      • 身延町
      • 南部町
      • 富士川町
      • 昭和町
      • 道志村
      • 西桂町
      • 忍野村
      • 山中湖村
      • 鳴沢村
      • 富士河口湖町
      • 小菅村
      • 丹波山村

    山梨県の離婚問題について知る

    山梨県の離婚件数は1,401件で全国では少ない方から7番目

    厚生労働省が調べた「人口動態調査」では、山梨県の2014年の離婚件数は1,401件で全国では少ない方から7番目です。もっとも少ないのは島根県で966年、2番目に少ないのは鳥取県、3番目は福井県と続きます。山梨県では以前から離婚件数は少なくて、1970年は523件で現在の約3分の1です。その後も増加はゆるやかで、1995年に初めて1,000件を超えました。山梨県で今まででもっとも離婚件数が多かったのは2005年で1,743件です。

    山梨県の離婚率は1.69

    山梨県の2014年の人口1000人当たりの離婚率は1.69で、全国平均の1.77よりは低い数値になっています。全国の中では低い方から20番目なので、高くもなく低くもないという程度です。

    1980年から下降を続ける婚姻率

    人口1000人当たりの婚姻率のデータによると、山梨県は4.5で全国平均の5.1よりも低い結果が出ています。過去の推移を見てみると、1960年は7.9と高く、現在より3.4ポイントも高くなっています。ただ、この当時の全国平均は9.3なので、それよりは低い数値です。その後の山梨県の婚姻率は1970年代は大きな変化はありませんでした。ところが1980年から下がっていきます。1980年は5.9にまで下がりました。その後、一時的に6.1になるころもありますが、2005年にはまた5.2にまで下がり、2012年には4.7に下がっています。どの年代でも全国平均よりも低いことから、山梨県は結婚する人の割合が少ないことがわかります。

    離婚率は全国平均よりやや低い

    一方、離婚率の変化を見てみると、1965年は0.56と低い水準でした。この当時、全国平均は0.79なので、山梨県はそれよりも0.23ポイント低いということになります。その後も1.0以下で推移しますが、1985年に初めて1.0を超えました。全国平均が1.0を超えたのは1975年なので、山梨県はそれよりも10年も遅れて1.0を超えたことになります。2005年には一時的に2.0を超えますが、その後は下降していきます。どの年代もほぼ全国平均並みまたはやや低い数値で推移しています。その結果、結婚する人は少ないものの、離婚する人はそれほど低くないと言えます。

    山梨県の協議離婚は1,213件

    離婚件数の内訳を離婚種別で見てみると、山梨県の協議離婚は1,213件で、全体の離婚件数の約87%となっています。これは全国平均とほぼ同じです。山梨県内の調停離婚は156件(11%)、和解離婚は13件、判決離婚は14件、審判離婚は4件、認諾離婚は1件となっています。調停離婚がやや多い傾向にあります。

    離婚の状況

    山梨県の離婚の内訳は、子どもがいない場合が576件で全体の約41%、子どもがひとりの場合が336件で24%、子どもが2人の場合が357件で25%となっています。他の県よりも子どもがいない場合の離婚が多い傾向にあります。また、離婚までの期間を比較してみると、5年未満は436件で全体の31%となっています。これは他県よりも低い割合です。一方、5~10年のケースは314件あり、22%となっています。10~15年も222件とかなりの数があります。山梨県では結婚して5年以上経過してから離婚に踏み切るケースが多くなっています。

    協議離婚は子どものいない夫婦に多い

    協議離婚の割合を見てみると、子どもがいない夫婦が特に多くなっています。子どもがいない場合は528件、子どもがひとりの場合が287件、子どもが2人の場合が289件となっています。子どもがいない場合はそれだけ離婚にまつわる問題が少ないために、話し合いで解決できるということがわかります。

    調停離婚は子どもが2人のケースが最多

    調停離婚をした人の数を比較すると、子どもがいない場合が36件なのに対して子どもがひとりの場合は44件、子どもが2人の場合は56件と多くなっていきます。また、調停離婚は同居期間が長い場合でも多く見られます。子どもがいる場合や長く一緒にいることでさまざまな問題が発生すると考えられます。

    山梨県の弁護士対応市町村

    • 甲府市
    • 富士吉田市
    • 都留市
    • 山梨市
    • 大月市
    • 韮崎市
    • 南アルプス市
    • 北杜市
    • 甲斐市
    • 笛吹市
    • 上野原市
    • 甲州市
    • 中央市
    • 市川三郷町
    • 早川町
    • 身延町
    • 南部町
    • 富士川町
    • 昭和町
    • 道志村
    • 西桂町
    • 忍野村
    • 山中湖村
    • 鳴沢村
    • 富士河口湖町
    • 小菅村
    • 丹波山村

    離婚に強い弁護士をお探しの山梨県在住の方へ

    山梨県にお住まいで、離婚にお悩みの方、山梨県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

    まずはお気軽に相談してみてください。

    離婚に強い弁護士をお探しの山梨県在住の方へ

    山梨県にお住まいで、離婚にお悩みの方、山梨県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

    まずはお気軽に相談してみてください。

    都道府県から離婚弁護士を探す