【厳選掲載】離婚問題に強い弁護士ランキング

香川県の離婚に強い!評判の良い弁護士

  • 対応:四国 事務所:香川県

    開設40年の実績! オーダーメイドのサポートで 解決に導きます

    堀井法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7039
    受付時間 平日9:00~18:00

    堀井法律事務所

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付
  • 対応:全国 事務所:東京・埼玉・千葉・大阪・名古屋・宇都宮・横浜・姫路・福岡

    離婚問題専門の弁護士が 豊富な知識と経験をもとに親身に対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7785
    受付時間 平日 9:30〜20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付

香川県の離婚問題について知る

香川県の離婚件数は1,719件で四国では2位

厚生労働省が発表している「人口動態調査」では、香川県の2014年の離婚件数は1,719件となっています。四国地方ではトップの愛媛県の次に多い2位です。ただ全国の中では少ない方から12番目になっています。四国地方の各県は比較的離婚が少なく、徳島県は全国で少ない方から4番目ですし、高知県は少ない方から6番目に入っています。香川県では1975年までは年間の離婚件数が1,000件を下回っていました。しかし、5年後の1980年には1,220件に増加しています。1995年には1,500件に増え、2000年には初めて2,000件を超える結果になりました。しかし、近年は2,000件を下回っています。

香川県の離婚率は1.76で全国平均並み

離婚件数は少ない香川県ですが、人口1000人当たりの離婚率を見てみると1.76で、全国平均の1.77とあまり変わりません。香川県は人口が全国で少ない方から10番目に入っています。そのため人口の比率で考えると、離婚率が高い結果になるのでしょう。ちなみに四国地方でもっとも離婚率が高いのは高知県で1.86もあります。2番目が香川県で3番目は愛媛県の1.73、4番目の徳島県は1.67となっています。
香川県の婚姻率と離婚率の変化
香川県の2014年の人口1000人当たりの婚姻率は4.8となっています。1970年の婚姻率は8.9とかなり高い数値が出ていました。ただ1985年からは下がっていき、5.0台が続きます。そして2012年からは5.0を下回るようになりました。2014年の婚姻数は4,693件でしたが、1970年は約8,000件もありました。現在の2倍近くあったことがわかります。それだけ近年は結婚する人が減ったことを物語っています。離婚率の推移を見てみると、1970年は0.93で今よりも0.83ポイント低くなっています。ただ、この時期も全国平均と同じ数字でした。その後もほぼ全国平均と同じ数値で推移しています。

香川県の協議離婚は1,509件で88%

離婚件数の内訳を離婚種別で見てみましょう。香川県の協議離婚は1,509件で、全体の離婚件数の約88%です。これは全国平均の87%とほぼ同じ結果です。なお、香川県内の調停離婚は182件(11%)、和解離婚は11件、判決離婚は16件、審判離婚は1件となっています。和解離婚は2004年に登場したものですが、香川県ではまだ少ないことがわかります。

離婚の状況

香川県の離婚の内訳は、子どもがいない場合が638件で全体の約37%、子どもがひとりの場合が461件で27%、子どもが2人の場合が438件で25%となっています。他の県よりも子どもがいない場合の離婚が多い傾向にあります。また、離婚までの期間のデータを見ると、同居(結婚)期間が5年未満が581件で全体の約33%を占めています。次は5~10年で398件で23%、そして10~15年が226件となっています。
協議離婚の内訳
協議離婚の中では子どもがいない夫婦で同居(結婚)5年未満のケースが最多で220件あります。次に多いのは子どもがひとりで5年未満というケースで186件となっています。一方、子どもが2人いる場合は同居期間が5~10年で増えています。子どもが2人の場合は同居期間が10~15年でも多いことから、子どもの成長を待って離婚する人が多いと考えられます。
調停離婚は子どもがいる場合が多い
調停離婚の内訳を見ると、子どもがひとりのケースが多く、調停離婚全体の約3分の1を占めています。次に子どもが2人の場合で26%、そして、子どもがいない場合という結果です。特に子どもがひとりの離婚のケースでは、半数が同居(結婚)5年未満で調停離婚をしています。

弁護士をお探しの香川県在住の方へ

香川県にお住まいで、離婚にお悩みの方、香川県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

まずはお気軽に相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP