鹿児島県の離婚問題に強い弁護士を検索

鹿児島県で離婚問題に強い弁護士事務所が5件見つかりました。

市区町村から弁護士を探す

    1 - 5件を表示(全5件)

    • メール受付はこちら
    • メール受付はこちら
    • メール受付はこちら
    • メール受付はこちら
    • メール受付はこちら

    市区町村から弁護士を探す

    市区町村で絞り込む
    • 鹿児島県の弁護士対応市町村

      • 鹿児島市
      • 鹿屋市
      • 枕崎市
      • 阿久根市
      • 出水市
      • 指宿市
      • 西之表市
      • 垂水市
      • 薩摩川内市
      • 日置市
      • 曽於市
      • 霧島市
      • いちき串木野市
      • 南さつま市
      • 志布志市
      • 奄美市
      • 南九州市
      • 伊佐市
      • 姶良市
      • 三島村
      • 十島村
      • さつま町
      • 長島町
      • 湧水町
      • 大崎町
      • 東串良町
      • 錦江町
      • 南大隅町
      • 肝付町
      • 中種子町
      • 南種子町
      • 屋久島町
      • 大和村
      • 宇検村
      • 瀬戸内町
      • 龍郷町
      • 喜界町
      • 徳之島町
      • 天城町
      • 伊仙町
      • 和泊町
      • 知名町
      • 与論町

    鹿児島県の離婚問題について知る

    鹿児島県の離婚件数は3,025件

    厚生労働省が発表している「人口動態調査」のデータによると、鹿児島県の2014年の離婚件数は3,025件で、九州地方の中では福岡県、沖縄県、熊本県の次に多い4番目です。鹿児島県のこれまでの離婚件数の推移を見てみると、もっとも多かったのは2005年で3,584件もありました。1970年は1,334件で当時の半分以下でした。しかし、1975年には1,638件に増え、1980年には2,000件を超えるまでになりました。2000年に3,000件を超えてからはずっと3,000件台が続いています。

    鹿児島県の離婚率は1.82で全国第8位

    人口1000人に対する離婚率は、鹿児島県は1.82で全国では8番目に高い数字になっています。また、九州地方では離婚率のトップは沖縄県の2.53、2位は宮崎県の2.07、3位は福岡県の1.98で、鹿児島県は4番目です。全国平均は1.77なので、九州地方は全国の中では離婚の割合が高いと言えます。

    鹿児島県の婚姻率と離婚率の推移

    鹿児島県の人口1000人に対する婚姻率は2014年は4.7で、全国平均の5.1よりは低い結果になっています。もともと以前から全国平均よりも低い傾向にあり、1960年の全国平均は9.3ですが鹿児島県は7.6とかなり低いことがわかります。また、その後も鹿児島県の婚姻率はあまり伸びず、1990年は4.9にまで下がりました。この時の全国平均は5.9なので1.0も低いことになります。近年では4.0台が続いています。一方、離婚率はほぼ全国平均並みとなっています。例えば1960年は全国平均が0.74なのに対して鹿児島県は0.72です。また、1985年は全国平均が1.39なのに対して鹿児島県は1.41となっています。離婚率がもっとも高かったのは2005年の2.05ですが、その後は少しずつ減少しています。

    鹿児島県の協議離婚は2,702件で89%とやや高め

    離婚種別での離婚件数を見てみると、鹿児島県の協議離婚の数は2,702件で、全体の離婚件数の約89%となっています。協議離婚の全国平均は87%なので、やや高めということになります。また、鹿児島県内の調停離婚は276件(約10%)、和解離婚は24件、判決離婚は23件です。

    5年未満の離婚は子どもがひとりの場合が多い

    離婚までの同居期間のデータを見てみると、5年未満が1020件で全体の約3分の1を占めています。その中でも子どもがいない場合は360人なのに対して、子どもがひとりの場合は412件で子どもがいる方が多くなっています。子どもが2人いる場合は同居期間が5~10年で増えていきます。また、子どもが3人の場合も5~25年の間に離婚するケースが多いようです。

    協議離婚の34%は子どもがいないケース

    協議離婚は子どもがいないケースが919件で、協議離婚全体の34%を占めています。子どもがひとりのケースは697人、子どもが2人の場合は712人となっています。一方、調停離婚は子どもがいるケースの方が多くなり、子どもがいないケースの70件よりも子どもがひとりのケースの88件や子どもが2人のケースの87件など子どもがいることで調停離婚になる可能性が高いことを示しています。なお、和解離婚は同居期間が短くても長くても起こっています。特に結婚して25年以上でも数件あることから、熟年離婚が多いことがわかります。判決離婚は同居期間が短い場合に多いようです。離婚にはさまざまな問題が発生し、解決に時間がかかることがあります。そういった場合は弁護士に相談されるといいでしょう。

    鹿児島県の弁護士対応市町村

    • 鹿児島市
    • 鹿屋市
    • 枕崎市
    • 阿久根市
    • 出水市
    • 指宿市
    • 西之表市
    • 垂水市
    • 薩摩川内市
    • 日置市
    • 曽於市
    • 霧島市
    • いちき串木野市
    • 南さつま市
    • 志布志市
    • 奄美市
    • 南九州市
    • 伊佐市
    • 姶良市
    • 三島村
    • 十島村
    • さつま町
    • 長島町
    • 湧水町
    • 大崎町
    • 東串良町
    • 錦江町
    • 南大隅町
    • 肝付町
    • 中種子町
    • 南種子町
    • 屋久島町
    • 大和村
    • 宇検村
    • 瀬戸内町
    • 龍郷町
    • 喜界町
    • 徳之島町
    • 天城町
    • 伊仙町
    • 和泊町
    • 知名町
    • 与論町

    離婚に強い弁護士をお探しの鹿児島県在住の方へ

    鹿児島県にお住まいで、離婚にお悩みの方、鹿児島県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

    まずはお気軽に相談してみてください。

    離婚に強い弁護士をお探しの鹿児島県在住の方へ

    鹿児島県にお住まいで、離婚にお悩みの方、鹿児島県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

    まずはお気軽に相談してみてください。

    都道府県から離婚弁護士を探す