【厳選掲載】離婚問題に強い弁護士ランキング

奈良県の離婚に強い!評判の良い弁護士

  • 対応:関西 事務所:大阪市

    “熱いハート”で依頼者の感情に寄り添って解決法を考えます

    ブランシュ法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7239
    受付時間 毎日10:00~21:00

    ブランシュ法律事務所

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付
  • 対応:全国 事務所:東京・埼玉・千葉・大阪・名古屋・宇都宮・横浜・姫路・福岡

    離婚問題専門の弁護士が 豊富な知識と経験をもとに親身に対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7785
    受付時間 平日 9:30〜20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 慰謝料浮気・DVなど
    • 財産分与借金など
    • 親権子供を引き取る
    • 面会交流子供に会いたい
    • 養育費増額・減額
    • 調停離婚家庭裁判所
    • 国際離婚国籍が異なる
    • 初回無料初めての相談無料
    • 夜間対応夜間電話応対可能
    • 土日対応土日も電話受付

奈良県の離婚問題について知る

奈良県の離婚件数は2,225件で関西地方では2番目に少ない

厚生労働省が発表している「人口動態調査」によると、奈良県の2014年の離婚件数は2,225件で全国では17番目に少なく、関西地方では和歌山県の次に少ない結果になっています。関西地方でもっとも離婚件数が少ない和歌山県は年間1,914件ですが、奈良県はそれよりも約4,000件多いデータです。なお、奈良県の過去の離婚件数を見てみると、1975年までは年間1,000件以下でしたが、1980年に1,125件となり、1985年には1,500件を超えるようになります。さらに1995年には2,000件を超えています。その後は2,000件を下回ることはなく、ピーク時の2000年は2,755件に増えています。しかし、近年は減少傾向にあります。

奈良県の離婚率は1.63

奈良県の人口1000人当たりの離婚率を見てみると1.63で、全国では13番目に低い数字です。関西地方では滋賀県の1.6がもっとも低く、奈良県はその次に低い結果になっています。関西地方で離婚件数がもっとも少なかった和歌山県は、離婚率は1.98と高く、関西では大阪府の次に離婚の割合が高い地域となっています。
奈良県の婚姻率は全国平均よりも低い水準で推移している
一方、婚姻率はどうなっているでしょうか。人口1000人当たりの婚姻率は奈良県は4.4で、全国平均の5.1よりも低くなっています。ちなみに関西地方でもっとも婚姻率が高いのは大阪府で、5.4もあります。2番目は滋賀県で5.0、3番目は京都府で4.9という結果が出ています。奈良県の過去の婚姻率を見てみると、1970年は9.8もありますが5年後の1975年には8.1に低下、さらに1980年には6.4に下がっています。その後は6~5台を推移しています。そして2005年に初めて5.0を下回る4.8となり、近年は5.0を超えることはありません。
離婚率も全国平均より下回る
離婚率の変化は、1980年までは1.0以下で推移しています。ところが1985年からは1.0を超え、最高は2000年の1.92というデータがあります。2000年は全国的にも離婚率が高い年で、全国平均は2.1と過去最高を記録しています。奈良県でも同様にこの年の離婚率が高くなっています。その後はゆるやかに減少しています。

奈良県の協議離婚は1,956件で88%

離婚件数を離婚種別で見てみると、奈良県の協議離婚の件数は1,956件で、全体の離婚件数の約88%となっています。全国平均は87%なので、ほぼ全国平均と同じということになります。また、奈良県内の調停離婚は237件で約11%です。和解離婚は20件、判決離婚は12件あります。和解離婚や判決離婚が少なく、協議離婚と調停離婚の割合がやや高いことがわかります。

5年未満の離婚の割合がやや低め

すべての離婚の同居(結婚)期間を見てみると、5年未満がもっとも多く653件で全離婚件数の約29%を占めています。次に多いのは5~10年で439件で約20%、そして、10~15年が289件となっています。どこの都道府県でも5年未満がもっとも多いのですが、奈良県はその割合が29%とやや低い傾向にあります。むしろ、5~10年で離婚する人の率が高いと言えます。同居期間が25~30年という、いわゆる熟年離婚は111件で比較的少ない結果となっています。
協議離婚は子どもがいない夫婦の5年未満が最多
協議離婚は1956件ありますが、その中で子どもがいないケースは812件あります。その内、5年未満で別れるケースは268件で全離婚種別の中でもっとも多い数字です。次に多いのは子どもがひとりで同居期間が5年未満というケースで217件です。また、子どもがいない夫婦で同居期間が5~10年というケースも多くなっています。
調停離婚の内訳
調停離婚237件中、子どもがいないケースが70件、子どもがひとりのケースが76件、子どもが2人のケースが73件とほぼ同数でした。このことから、必ずしも子どもがいるから離婚の話し合いがこじれて調停離婚になるというわけではないことがわかります。離婚には子ども以外にもさまざまな問題が絡み合っています。トラブルに発展する前に弁護士に相談されることをおすすめします。

弁護士をお探しの奈良県在住の方へ

奈良県にお住まいで、離婚にお悩みの方、奈良県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

まずはお気軽に相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP