“熱いハート”で依頼者の感情に寄り添って解決法を考えます

ブランシュ法律事務所

相談料
初回無料
当日相談
可能
女性弁護士
在籍
夜間相談
可能
土日対応
可能
  • ブランシュ法律事務所
  • ブランシュ法律事務所サムネイル0
  • ブランシュ法律事務所サムネイル1
  • ブランシュ法律事務所サムネイル2
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-1-4第三大阪弁護士ビル301
アクセス方法 御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩10分
堺筋線・谷町線「南森町駅」より徒歩10分
※大阪地方裁判所近く
  • 電話受付可能
  • 女性弁護士在籍
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚
メール受付はこちら

女性弁護士が所長を務める大阪市の法律事務所

pic1 650

親身に依頼者の話を聞きます

ブランシュ法律事務所は女性弁護士の中務(なかつかさ)未樹が所長を務める、大阪市北区の法律事務所です。私たちが大切にしているのは、親身になって依頼者の話を聞くこと。こちらから早く話をまとめようとはせず、1時間でも思いのたけをぶつけてもらうこともあります。

私たちの大きな特徴は“熱いハート”をもっていること。依頼者の感情に寄りそい、できるだけ同じ気持ちになって解決法を考えます。個人事務所の良さを活かし、なにごとも杓子定規に判断せず、効率よりも依頼者の満足を追及します。

こまめな「報・連・相(ホウレンソウ)」も特徴のひとつです。たとえば、相手とどういった話をし、現在はどういった状況にあるのかなどを依頼者に逐一報告していますので、どのように動いているのかをオンタイムで知ることができます。

弁護士費用のお支払いは柔軟に対応します

初回相談料は無料です。

ご依頼をいただいた場合、内容に応じてその都度費用を提示いたします。主婦の方で確実に相手から慰謝料や財産分与を取れるが、今すぐには自由になるお金がないというような場合、着手金なしであとから報酬金にまわすなどの柔軟な対応も可能です。

こんな方はぜひ一度ご相談ください

以下の項目にひとつでも当てはまることがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

  • 浮気されたので慰謝料を請求したい
  • 別居・離婚したいけど、生活費が心配
  • 離婚した場合の慰謝料がどうなるのか知りたい
  • 離婚したいと言われ、どうしたらいいかわからない
  • 離婚しても子どもは育てたい
  • 子どもの養育費を払ってほしい
  • 住んでいる家やマンションに残りたい

離婚問題での重要なポイント

慰謝料の請求

離婚における慰謝料とは、基本的には不倫などの離婚原因を作った配偶者へ、その違法行為によって受けた精神的苦痛に対して賠償してほしいという請求です。請求額は、相手に支払い能力があるか、請求側の精神的苦痛がどの程度であったかがポイントになります。離婚後の生活支援を目的としたり、財産分与に含めて支払われるケースもあります。慰謝料の請求は離婚後3年以内です。

親権は子供の生活を第一に

子供のいる夫婦が離婚する場合、子供はどちらかの親に引き取られることになります。このときの「親権」は一般的には「子を引き取り育てる権利」のように考えられていますが、厳密には違います。親権は大きく次の2つに分けられています。

身上監護権

子供を守り育てる権利

財産管理権

子供名義の財産の管理の権利、子供が契約や法的手続き必要な場合の法的代理人

かなり少数ですが、身上監護権とそれ以外で親権を分担するケースがあります。その場合、親権者は身上監護権をもたない方の親になりますが、実際に生活を共にするのは身上監護権をもつ方の親になります。子供の生活を第一に考えて活用しましょう。

協議離婚所は公正証書にしたほうが安心です

離婚協議書とは、離婚時に子供の親権、養育費、慰謝料の額などについて話し合って合意した内容を記載した書面のことです。これを公正証書にしておくと、たとえば、慰謝料の分割の支払いが滞ってしまったような場合、裁判を行わずに相手方に強制執行の手続きをすることが可能になります。

離婚協議書を公正証書にする場合、強制執行について記載する必要があるため、弁護士に相談したほうがスムーズになります。

協議離婚にもさまざまなケースがあります

離婚には、話し合いで合意に至った場合の協議離婚、それから裁判手続きでの調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4種類があります。この中で離婚の9割以上を占めているのは協議離婚です。しかし、一口に協議離婚といっても実際にはさまざまなケースがあります。

いちばん良いのは、夫婦がどちらも条件などに納得したうえで円満に離婚届を提出することですが、慰謝料や親権などで問題になることは多々あります。離婚成立後に財産上の問題が発覚することも少なくありません。その場合、お互いに納得して離婚するためには、弁護士などの専門家への相談が必要になります。第三者が間に入ることで感情的にならずに済むというメリットもあります。

離婚は離婚届にお互いに署名して提出すれば成立します。しかし、大切なのは形式ではなく、お互いの生活がどう変わるのか理解し、納得することです。離婚後に後悔しても協議をやり直すことは非常に困難です。新しい生活のために後悔しない離婚をしましょう。

ブランシュ法律事務所からのアドバイス

離婚問題は早めのご相談を

pic2 300x

離婚問題はなるべく早めにご相談ください。離婚を有利に進めていくには、2人の会話を録音したテープや不倫の証拠などが重要になってきます。早めにご相談をいただければそういったことについてのアドバイスもできるのですが、遅くなると証拠が手に入らなくなることもあります。

対応が遅れると、相手に財産を隠されてしまうこともあります。財産分与の際、相手の口座の支店名までわからないと開示請求はできませんが、知らない口座に少しずつお金を移されると、手の打ちようがなくなってしまいます。

逆に、離婚を考えているけど財産を相手に渡したくないという場合も、早めにご相談をいただければアドバイスができます。

所属弁護士

中務 未樹(なかつかさ みき)

100x100 中務弁護士
登録番号 No.43526
所属弁護士会大阪弁護士会

国本 聡子(くにもと さとこ)

100x100 国本 聡子弁護士
登録番号 No.45815
所属弁護士会大阪弁護士会

伊勢 紗奈衣(いせ さなえ)

noimage
登録番号No. 57367
所属弁護士会大阪弁護士会

弁護士費用

相談料 初回相談料無料!!
着手金 財産分与、慰謝料などがない場合
10万円~40万円

財産分与、慰謝料など財産給付がある場合
10万円~40万円
又は
300万円以下の部分:8%
300万円~3000万円以下の部分:5%
3000万円~3億円以下の部分:3%
3億円以上の部分:2%
※訴訟に移行した場合は、審級ごとに着手金の1/2を加算する。
報酬金 財産分与、慰謝料などがない場合
20万円~60万円

財産分与、慰謝料など財産給付がある場合
20万円~60万円
又は
300万円以下の部分:16%
300万円~3000万円以下の部分:10%
3000万円~3億円以下の部分:6%
3億円以上の部分:4%

アクセス

大阪府大阪市北区西天満4-1-4

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-1-4第三大阪弁護士ビル301

事務所概要

事務所名 ブランシュ法律事務所
代表者 中務 未樹
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-1-4第三大阪弁護士ビル301
電話番号 050-5267-5966
受付時間 毎日10:00~21:00
定休日 -
備考
メール受付はこちら

その他の大阪府の離婚に強い弁護士