大分県の離婚問題に強い弁護士を検索

大分県で離婚問題に強い弁護士事務所が3件見つかりました。

市区町村から弁護士を探す

    1 - 3件を表示(全3件)

    • メール受付はこちら
    • メール受付はこちら
    • メール受付はこちら

    市区町村から弁護士を探す

    市区町村で絞り込む
    • 大分県の弁護士対応市町村

      • 大分市
      • 別府市
      • 中津市
      • 日田市
      • 佐伯市
      • 臼杵市
      • 津久見市
      • 竹田市
      • 豊後高田市
      • 杵築市
      • 宇佐市
      • 豊後大野市
      • 由布市
      • 国東市
      • 姫島村
      • 日出町
      • 九重町
      • 玖珠町

    大分県の離婚問題について知る

    大分県の離婚件数は年間2,004件で全国で少ない方から15番目

    厚生労働省が発表している「人口動態調査」のデータを見ると、大分県の2014年の離婚件数は2,004件で全国では少ない方から15番目でした。九州地方の中では、佐賀県の次に少ない結果です。九州でもっとも離婚件数が多い福岡県は9,981件なので、大分県の4倍以上あります。なお、一番少ない佐賀県は1,324件でした。大分県の過去の離婚件数の推移を見てみると、1970年は年間1,098件で2014年の約半分です。その後、若干の増減はありますが、2000年には2,351件となり2,000件を超えるようになりました。過去でもっとも多かったのは2005年の2,382件です。その後は少しずつ減少しています。

    大分県の離婚率は1.72

    人口1000人当たりの離婚率のデータでは、大分県は1.72で全国平均の1.77よりやや低い結果になっています。九州地方でもっとも高いのは沖縄県の2.53です。次は宮崎県の2.0、3番目は福岡県の1.98となっていて、大分県は九州地方では6番目でした。そのことから大分県は比較的離婚件数も離婚の割合も低いことがわかります。

    大分県の婚姻率と離婚率の推移

    人口1000人当たりの婚姻率を見てみると大分県は4.6で、全国の中ではやや低い方です。九州地方の中では宮崎県と同率で最下位になっています。過去の婚姻率を見てみると、1970年は8.1と高い時代がありました。その後は年々下降していきます。1990年代は5.1となり、2012年になると5.0を下回るようになります。大分県でもっとも婚姻率が高かった1970年は全国平均は10.0もあり、大分県は1.9ポイントも低い結果になっています。その後もどの年代も全国平均を下回っています。

    大分県の婚姻率の低下の原因

    大分県の婚姻率が低い理由のひとつに、県民の平均年齢が高いことが考えられます。大分県の平均年齢は46.94歳で、九州地方ではもっとも高くなっています。若い人が少ないことが婚姻率を下げている可能性があります。一方、離婚率は1970年は0.95と低かったのですが、1975年には1.02になります。1995年に一気に上昇し、1.6になりました。2000年台は高い水準で推移しています。

    大分県の協議離婚は1,752件で87%

    離婚件数を離婚種別で見てみると、大分県の協議離婚の件数は1,752件で、全体の離婚件数の約87%となっています。全国平均は87%なので、ほぼ全国平均と同じです。大分県内の調停離婚は201件で約10%で、こちらも全国平均と同じ。和解離婚は26件、判決離婚は22件、審判離婚が2件あります。

    協議離婚の5年未満と5~10年の夫婦に多い

    協議離婚の内訳を見てみると、同居(結婚)期間が5年未満というケースが563件で協議離婚全体の約32%を占めています。次に多いのは同居5~10年のケースで393件あります。次は10~15年で258件です。他の地域では同居(結婚)して20~30年という熟年離婚が多いところもありますが、大分県ではそれは比較的少ないようです。

    協議離婚の傾向

    協議離婚で別れるケースを見てみると、子どもがいない夫婦が681件で協議離婚全体の約39%と高い割合になっています。子どもがひとりのケースは449件で、その場合は同居(結婚)期間が5年未満が多くなっています。一方、子どもが2人のケースも419件と多いのですが、結婚後5~10年が多くなります。なお、子どもが3人の場合も協議離婚する人が多く、156件もあります。

    調停離婚の内訳

    調停離婚201件中、子どもがいないケースは45件ですが、子どもがひとりのケースは63件、子どもが2人のケースが66件と多くなります。特に子どもが2人のケースでは結婚期間が5~10年で調停離婚を選んでいることがわかります。それだけ子どもを連れて離婚するには多くの問題があると考えられます。もし話し合いで解決しない場合は、問題が大きくなる前に弁護士に相談されるといいでしょう。

    大分県の弁護士対応市町村

    • 大分市
    • 別府市
    • 中津市
    • 日田市
    • 佐伯市
    • 臼杵市
    • 津久見市
    • 竹田市
    • 豊後高田市
    • 杵築市
    • 宇佐市
    • 豊後大野市
    • 由布市
    • 国東市
    • 姫島村
    • 日出町
    • 九重町
    • 玖珠町

    離婚に強い弁護士をお探しの大分県在住の方へ

    大分県にお住まいで、離婚にお悩みの方、大分県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

    まずはお気軽に相談してみてください。

    離婚に強い弁護士をお探しの大分県在住の方へ

    大分県にお住まいで、離婚にお悩みの方、大分県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

    まずはお気軽に相談してみてください。

    都道府県から離婚弁護士を探す