【厳選掲載】離婚問題に強い弁護士ランキング

佐賀県の離婚に強い!評判の良い弁護士

  • 対応:全国 事務所:東京・埼玉・千葉・大阪・名古屋・宇都宮・横浜・姫路・福岡

    離婚問題専門の弁護士が 豊富な知識と経験をもとに親身に対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7785
    受付時間 平日 9:30〜20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 通話無料
    • 女性弁護士在籍
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    相談料初回30分無料
    所在地〒163-1128 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
    最寄駅西新宿駅より徒歩7分
    対応エリア全国

佐賀県の離婚問題について知る

佐賀県の離婚件数は1,324件で全国では少ない方から5番目

厚生労働省の「人口動態調査」によると、佐賀県の2014年の離婚件数は1,324件で全国では少ない方から5番目です。佐賀県よりも離婚件数が少ないのは、少ない方から島根県(966件)、鳥取県(1,029件)、福井県(1,135件)、徳島県(1,269件)となっています。佐賀県はもちろん九州地方の中でももっとも少なくて、九州地方で最多の福岡県の9,981件は約7倍になります。佐賀県では以前から離婚件数は少なくて、1970年は現在の約半分の658件しかありませんでした。この当時から九州ではもっとも離婚が少ない数値になっています。1985年に初めて1,000件を超え、過去最多は2005年で1,759件というデータが残っています。しかし、近年は減少しています。

佐賀県の離婚率は1.59で全国では低い方の10位

佐賀県の人口1000人当たりの離婚率は1.59で、全国では低い方から10番目になっています。離婚率でも九州地方では最下位で、トップの沖縄県の2.53とは0.94ポイントの差があります。佐賀県は人口が全国で6番目に少ないことから、離婚件数そのものが少ないということが考えられます。ただ、人口に対する割合も低いということが、このデータから読み取れます。

佐賀県の婚姻率と離婚率の変化

人口1000人当たりの婚姻率を見てみると、佐賀県は4.7で全国平均の5.1よりは低いものの、九州地方の中ではむしろ高い方です。ただ、婚姻件数は人口が少ないために九州地方の中ではもっとも少ないという結果が出ています。過去の佐賀県の婚姻率の変化を見てみましょう。1955年から1975年までは7.0台を維持していました。しかし、1980年からは下がっていき、6.4になります。この当時の婚姻率の全国平均は6.7なので、それよりはやや低い結果です。1985年からはさらに下がり、6.0を下回っていきます。2005年からは4.7、4.4と下降傾向が続きます。2005年は離婚件数が最多の年でした。このころから結婚する人が減り、離婚する人が増えていったことがわかります。 一方、離婚率の変化は比較的ゆるやかです。1980年までは1.0を下回っていました。1980年の全国平均が1.22なので、佐賀県は当時から離婚率が低いということになります。1985年から1.0を超えるようになり、ピーク時の2005年には初めて2.0を超えています。ただ、その後は減少しています。

佐賀県の協議離婚は1,165件で約88%

離婚件数の内訳を離婚種別で見てみると、佐賀県の協議離婚は1,165件で、全体の離婚件数の約88%となっています。全国平均の87%よりも若干高い数値です。佐賀県内の調停離婚は128件(10%)、和解離婚は17件、判決離婚は11件、審判離婚は3件となっています。いずれも割合はほぼ全国平均並みです。

離婚の状況

佐賀県の離婚の内訳は、子どもがいない場合が418件で全体の約32%、子どもがひとりの場合が342件で26%、子どもが2人の場合が349件で26%となっています。他府県と比較すると、子どもがいる場合の離婚の割合が高い傾向にあります。一方、離婚するまでの期間を比較してみると、佐賀県では5年未満が463件で約35%になっています。次が5~10年で266件(20%)、10~15年が191件(14%)となっています。他府県と同様に5年未満の離婚が多い状況です。ただ、子どもが2人いる場合の離婚は5年未満よりも5~10年経過してからの方が多くなっています。

協議離婚は子どもがひとりいる夫婦の5年未満が最多

協議離婚の割合を見てみると、もっとも多いのは子どもがひとりいて結婚後5年未満というケースで172件あります。次に多いのは子どもがいない夫婦で5年未満が146件となっています。そして、子どもが2人いるケースで5~10年という離婚が90件あります。結婚後5年未満は話し合いで離婚が成立する可能性が高いことがうかがえます。

調停離婚は子どもが2人の夫婦に多い

調停離婚の件数を調べてみると、もっとも多いのは子どもが2人いる場合で、42件あります。次に子どもがひとりの場合で34件、子どもがいない場合は27件とかなり少ないことがわかります。特に子どもが2人の場合は5年未満と5~10年で調停離婚する件数がほぼ同数でした。やはり子どもがいると、それだけ話し合いでは解決できない問題が多いのでしょう。もし話し合いがこじれるようなら、弁護士に相談されることをおすすめします。

佐賀県の離婚問題 弁護士対応市町村

佐賀市・唐津市・鳥栖市・多久市・伊万里市・武雄市・鹿島市・小城市・嬉野市・神埼市・吉野ヶ里町・基山町・上峰町・みやき町・玄海町・有田町・大町町・江北町・白石町・太良町

離婚に強い弁護士をお探しの佐賀県在住の方へ

佐賀県にお住まいで、離婚にお悩みの方、佐賀県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

まずはお気軽に相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP