【厳選掲載】離婚問題に強い弁護士ランキング

宮崎県の離婚に強い!評判の良い弁護士

  • 対応:宮崎県 事務所:宮崎県

    ベテラン&若手の弁護士が 経験と親しみやすさで解決に導きます

    松田共同法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7088
    受付時間 平日9:00~17:30

    松田共同法律事務所

    • 通話無料
    • 女性弁護士在籍
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    相談料初回無料
    所在地〒880-0802 宮崎県宮崎市別府町6−1 ひまわりビル2階
    最寄駅最寄り駅「宮崎駅」
    ※駐車場有
    対応エリア宮崎県
  • 対応:全国 事務所:東京・埼玉・千葉・大阪・名古屋・宇都宮・横浜・姫路・福岡

    【法律相談30分無料】離婚問題を集中的に取り扱う事業部を設置

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7785
    受付時間 平日 9:30〜20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 通話無料
    • 女性弁護士在籍
    • 夜間電話受付
    • 土日電話受付
    相談料初回30分無料
    所在地〒163-1128 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
    最寄駅西新宿駅より徒歩7分
    対応エリア全国

宮崎県の離婚問題について知る

宮崎県の離婚率は2.07で全国で2位

厚生労働省は各都道府県の人口1000人当たりの離婚率のデータを公表しています。それによると、宮崎県の2014年の離婚率は2.07で沖縄県の次に高い第2位となっています。全国トップの沖縄県は2.53で全国の中でも圧倒的に高い結果ですが、宮崎県はそれに次ぐ高い割合になっています。九州地方の中でもトップは沖縄県で、2位が宮崎県、3位は福岡県の1.98、4位は鹿児島県の1.82です。離婚率の全国平均は1.77なので、九州は各県で離婚する人の割合が高いことがわかります。

宮崎県の離婚件数は2,296件

厚生労働省の「人口動態調査」の離婚件数を見ると、宮崎県は2014年の1年間で2,296件の離婚がありました。これは九州地方では6番目なので、決して高くはありません。しかし、上記の通り離婚率は高い数値が出ています。同じ離婚率が高い沖縄県は、県民の平均年齢が全国でもっとも若いことがわかっています。若い人が多いために結婚も離婚も多いと考えられますが、宮崎県は平均年齢がそれほど若いわけではありません。そのため、なぜ離婚率が高いのかは、よくわからないのが現状です。

宮崎県の婚姻率と離婚率の推移

一方、人口1000人当たりの婚姻率を見てみると、宮崎県は4.6で全国の中でも低い方です。宮崎県では1960年や1970年は婚姻率は8.0を超えていた時代があります。しかし、その後は減少していき、1985年には6.0を下回るまでに減少します。そして2005年には5.0を下回っています。2014年の婚姻数は約5,000件で、多かった1960年の約9,800件の半数程度に減っています。離婚率は1965年は0.83と低かったのですが、その5年後の1970年には1.0を超えています。この年の離婚率の全国平均は0.93なので、このころから宮崎県は全国の中でも離婚の割合が高かったことがうかがえます。2000年には離婚率はピークとなり、2.32になっています。その後は少しずつ減少しているものの、全国の中では高いことは変わりません。

宮崎県の協議離婚は2,032件

離婚件数を離婚種別で見てみると、宮崎県の協議離婚の件数は2,032件で、全体の離婚件数の約88%となっています。全国平均の87%とほぼ同じ割合です。宮崎県内の調停離婚は230件、和解離婚は29件、判決離婚は14件、審判離婚は2件となっています。

離婚内容

宮崎県の離婚の内訳では、子どもがいない場合が769件でもっとも多く、全体の34%となっています。次に多いのは子どもがひとりの場合で642件(28%)、そして子どもが2人の場合の568件となります。子どもが3人の場合も247件あります。また、離婚に至るまでの期間を見てみると、結婚後5年未満が最多で786件(約34%)、次は5~10年で535件(約23%)となっています。同居期間が10~15年と15~20年の離婚件数は250件前後とあまり変わりません。なお、結婚して25~30年の離婚が115件で、熟年離婚があることもわかります。

協議離婚は子どもがいないケースで多い

協議離婚の中では子どもがいないケースが699件で、協議離婚全体の33%を占めています。特に子どもがいない場合は同居(結婚)5年未満が多くなっています。一方、調停離婚では子どもがいる夫婦の方が多いという結果が出ています。比率では子どもがひとりのケースも2人のケースもほぼ同じです。子どもがいるとそれだけ離婚にまつわる問題が多くなることが考えられます。特に宮崎県は離婚率が高い地域です。話し合いで解決が難しい場合は、早めに弁護士に相談されるといいでしょう。

宮崎県の離婚問題 弁護士対応市町村

宮崎市・都城市・延岡市・日南市・小林市・日向市・串間市・西都市・えびの市・三股町・高原町・国富町・綾町・高鍋町・新富町・西米良村・木城町・川南町・都農町・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町

離婚に強い弁護士をお探しの宮崎県在住の方へ

宮崎県にお住まいで、離婚にお悩みの方、宮崎県に事務所を構える弁護士事務所か、離婚調停に強い出張可能な弁護士に相談することで交渉がスムーズに進み、慰謝料の増額やスムーズな離婚成立を目指すことが可能です。

まずはお気軽に相談してみてください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP