「納得の成果」にこだわり、 依頼者の利益を最大限に追求します

加茂国際法律事務所

相談料
初回無料電話相談あり
当日相談
お電話ください
女性弁護士
非所属
夜間相談
事前予約の方のみ
土日対応
事前予約の方のみ
  • 加茂国際法律事務所
  • 加茂国際法律事務所サムネイル
住所 〒422-8053 静岡県静岡市駿河区西中原2丁目1−10 西中原ビル2C 
アクセス方法 東名高速道路静岡ICから車で5分
  • 電話受付可能
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚
メール受付はこちら

お客様のメリットを徹底的に追い求める

現実的な成果にこだわって問題解決に臨む事務所

静岡市駿河区にある「加茂国際法律事務所」の弁護士・加茂大樹です。事務所はJR安倍川駅から約7分の場所にあり、お客様用の駐車場も備えていますので車での来所も安心です。

私は弁護士として、依頼をいただいたお客様が最大限の利益を挙げられるよう、現実的な金額的成果にこだわって問題解決にも臨みたいと考えています。依頼者の方の「人生のリスタート」に直結するのが離婚の問題でもありますから、誠心誠意、お客様のメリットを最大化できるよう親身に相談に乗っていきます。

そして弁護士に依頼をいただくと、相手側との話し合いはすべて代行しますから、ご自身はお仕事などに専念でき、通常の生活のペースを崩すことなく交渉を進められます。一人でストレスを抱えながら相手との協議にのぞむようなことはせず、いつでも遠慮なくご相談ください。

離婚を真剣に考えたら一度気軽に相談を

今後の見通しを示し、準備や心構えをアドバイス

離婚を考える段階になれば、できるだけ早く弁護士に相談いただくのが望ましいでしょう。今後の見通しをできるだけ明確に示し、どのような準備や心構えが必要かといったアドバイスができますので、精神的なサポートの面でもお役に立てると思います。

協議の段階から代理人となって交渉にのぞむケースや、離婚調停の代理人となるのはもちろん、調停にはご自身が出て、弁護士は後方的なサポートだけを行うリーズナブルなプランもあります。依頼者のご要望に応じながら、状況に見合ったふさわしい方法をご提供することが可能です。

弁護士の交渉によって協議離婚でまとまれば早期の解決が望め、仮に調停申立てとなっても、当初の相談時からサポートしていることで迅速に出口を見つけられます。問題を1人で抱え込まず、まずは気軽な気持ちでお越しください。当事務所の弁護士が最後まで親身に相談に乗ります。

離婚調停では弁護士を代理人につけるべき

「得られる成果」で差が出てしまう可能性が大

交渉でお互いに譲歩することができなければ、家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行うことになります。離婚調停は、離婚に際して財産分与や慰謝料などを、どの程度の額まで得ることができるのか…を確認していく場でもあります。

その点、離婚の問題に専門知識をもたないご自身だけで調停にのぞんでしまうと、本来得られるべき金銭の額が、不十分なまま終わってしまうということにもなりかねません。調停の場には、一人で臨もうとするのではなく、必ず弁護士を代理人につけてほしいと思います。

弁護士の重要な役割は、金額的成果をいかに挙げられるか

そして、弁護士が間に入って調停を前に進めていくことで、感情的なわだかまりが生じて調停が停滞する…といった心配はなくなります。離婚に際して弁護士が決めるべき事柄は、主にはお金のことや子どもの親権をどうするかといったリアルな問題。当事務所ではその点でぶれることなく、問題解決に向かって注力していきます。

その結果、できるだけ早く合意が得られることになり、同時に、求める成果を最大化できる可能性が大いに高まるわけです。弁護士が果たす役割として重要なのは、金額的成果をいかに挙げられるか、そして、依頼者の方の納得の度合いをいかに高められるかに尽きます。明確な結果を出すために全力を尽くしますので、離婚調停を申し立てる際には、ぜひ当事務所の弁護士を代理人にお立てください。

適正な財産分与のために丁寧にサポート

相手方が財産を十分に開示してくれないことも

離婚に際してのお金の問題は、主には財産分与、慰謝料、養育費が挙げられます。財産分与は夫婦共有財産を2分の1ずつに分けるものですが、たとえば相手方が財産をすべて開示してくれないといったケースや、財産に不動産が含まれる場合に、その評価の仕方をどうするかといった問題が絡んできます。

財産の開示が不十分であったり、財産分与の対象になるものをもらしてしまうこともあり得ます。本来なら手にできていたはずの財産を見つけることができず、後になって後悔するようなことは避けたいもの。その意味でも、早い段階から弁護士に相談して、適正な財産分与を行うためのサポートをお受けになることをおすすめします。

慰謝料請求では確かな証拠の収集が欠かせない

不貞・不倫、またはDVなどの慰謝料請求については、より確かな証拠を確保することが欠かせません。効果的な証拠収集を行うために、依頼者の方ができることや気をつけるべき点について、実際の生活に即したリアルなアドバイスをご提供します。逆に、有責配偶者の側からの、慰謝料の減額交渉もお受けしていますのでご相談ください。

親権の相談でも最善を尽くします

過去には父親が親権を得られた事例も経験

子どもに関する事柄では、親権をどうするかは言うまでもなく重要な問題です。当事務所では、母親側に養育上の問題点があったようなケースで、過去に父親側が親権を得た例も有しています。置かれた状況のなかで、依頼者のご要望に応えるために最善を尽くしますので、親権に関する依頼についてもできるだけ早くお話しいただいたほうが良いでしょう。

外国人からの法律相談も積極的に受任

外国籍の方の離婚事件等の代理業務もお任せを

当事務所は外国人からの法律相談も数多くお受けしており、強みの一つになっています。フィリピンの弁護士と提携を結び、在留資格認定証明書交付申請や外国籍の方の離婚事件等の代理業務も行っています。外国人の方の離婚相談にもお応えできるノウハウを有していますので遠慮なくご相談いただければ幸いです。

加茂国際法律事務所からのアドバイス

「納得の結果」にこだわり、迅速な解決をめざします

離婚を決めたあと、相手側との話し合いを進めていくのは精神的にも負担が大きなものです。それだけに協議や調停は可能なかぎり早く終わらせて、新しい一歩を踏み出すほうが良いといえます。そして実際には、離婚してからのほうが人生は長いもの。より良いリスタートのために、後悔しない選択を弁護士のサポートによって得てほしいと思います。

当事務所では、第一にスピード感を重視し、問題解決と結果にこだわったプロセスのなかで、迅速に解決へと進んでいくことにつねにこだわっています。経験豊富な弁護士が確かな見通しを立てることによって、次の人生へのモチベーションにもつながっていきます。当事務所が早い段階から実のあるサポートをご提供しますのでどうぞご相談ください。

所属弁護士

加茂 大樹(かも だいき)

加茂 大樹
登録番号 No.44521
所属弁護士会 静岡県弁護士会

弁護士費用

相談料面談相談 30分 5000円(税抜き)
ただし、相談広場経由の場合には初回のみ無料電話相談(20分程度)対応
調停場合着手金20万円
報酬は金銭請求が伴わない場合は着手金と同額程度
財産分与や慰謝料請求など金銭請求が伴う場合にはその金額10%
訴訟の場合着手金30万円
報酬は同上
備考法テラス利用可能
遠隔地の場合には別途交通費

アクセス

静岡県静岡市駿河区西中原2丁目1−10

〒422-8053 静岡県静岡市駿河区西中原2丁目1−10 西中原ビル2C 

事務所概要

事務所名 加茂国際法律事務所
代表者 加茂 大樹
住所 〒422-8053 静岡県静岡市駿河区西中原2丁目1−10 西中原ビル2C 
電話番号 050-5268-7387
受付時間 平日 9:30〜17:30
定休日 土日祝日
備考
メール受付はこちら

その他の静岡県の離婚に強い弁護士