不貞の慰謝料問題に実績! 一緒に「最適な解決」をめざします

弁護士法人富家総合法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回無料可能非所属可能可能
弁護士法人富家総合法律事務所弁護士法人富家総合法律事務所サムネイル0弁護士法人富家総合法律事務所サムネイル1弁護士法人富家総合法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川13階最寄駅
対応エリア
関東

お電話受付窓口

050-5268-7343

受付時間:平日9:00〜22:00 土日祝9:00〜21:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

関東

お電話での受付窓口050-5268-7343
受付時間 平日9:00〜22:00 土日祝9:00〜21:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

土日祝日の相談にも対応。品川駅から徒歩1分のアクセス至便な事務所

つねに相談者の思いに寄り添う姿勢を大事にご対応

「弁護士法人富家総合法律事務所」は品川駅「港南口」から徒歩1分の便利な場所にある、離婚問題に強みをもつ弁護士事務所です。4人の弁護士が在籍しており、離婚・男女問題に特化した弁護士がこれまでの確かな経験を活かし、男性・女性双方の離婚に関する問題に向き合っています。

離婚問題は感情的な対立が生じていることが多々ありますから、つねに相談者の方の思いに寄り添う姿勢が欠かせません。お話にじっくりと耳を傾け、一緒に解決をめざしていくことを大事にしています。

そのためにも当事務所では、初回相談は時間を問わず無料でお受けしており、安心の費用体系を採用。一部のご相談は、完全成功報酬制(着手金なし)でお受けすることも可能ですのでまずはご相談ください。

電話相談・土日祝日や平日夜間の相談にも柔軟に対応

当事務所は、事務所にお越しいただいてのご相談だけでなく、電話でのご相談にも対応していますので、まずはお気軽にお電話ください。電話でのご相談は、土日祝日も対応しています。また、平日の仕事帰りの遅い時間帯の相談を希望される方は、事前の予約により夜間でも柔軟に対応していますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

当事者だけでムリに解決しようとしないこと

なるべく早い段階から弁護士のサポートを受けるべき

離婚を考えたり、相手から離婚の意志を告げられたりしたとき、当事者だけでは合意や解決が難しい…といった状況に直面することは少なくありません。お互いに感情的になり、話し合いが前に進まなくなることが多々あるのです。

そうしたときに、早い段階から弁護士がサポートすることで、問題を円滑に解決へと導いていくことができます。依頼者の方の思いを尊重しながら、できるだけ速やかに、納得のいく出口へと進んでいくことができるわけです。

離婚を考えることになれば、まずは一度相談を

これから離婚を切り出そうとしている時機や、別居を考えているような段階、またすでに家を出てしまったあとなど、相談いただくタイミングはさまざまです。

もし離婚を考えることになれば、離婚協議の段階から代理人となって相手と交渉することで、いち早く解決に向かえるケースがあります。両者の争いが深まらないうちに、まずは一度当事務所に相談されることをおすすめします。

協議でまとまらなければ「離婚調停」へ

弁護士が代理人となって、要望を的確に主張

いっぽう、協議ではなかなか合意に至らないときには、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて解決をはかることになります。調停は調停委員が両者の間に入り、両者の主張の落としどころを見つけていく話し合いの場です。

離婚調停においては、ぜひ弁護士を代理人に据えていただきたいと思います。ご自身だけで調停にのぞもうとすると、主張すべき内容がうまく整理できず、調停委員に十分なカタチで伝わらないことが少なくありません。弁護士が一緒に調停にのぞむことで、請求すべき内容や譲れない項目などについて、法的な根拠を示しながらきちんと主張できます。

とかく感情的な争いになりがちな調停の場で、争点を明確にしながら、依頼者の主張を端的に相手側に伝えることが可能になるのです。「駆け引き」の妙によって、離婚条件においてご自身の最大利益を得られる可能性が高まりますので、ぜひ弁護士を代理人につけることをおすすめします。

不倫・不貞の慰謝料問題に確かな実績

証拠の収集について、効果的なアドバイスを提供

当事務所では、不倫・不貞の慰謝料問題をこれまで数多く手がけてきています。離婚の原因に相手側の有責行為、つまり不倫・不貞行為などがある場合には、慰謝料を請求することができます。慰謝料を確実に得ていくには、行為を立証するための証拠の収集と確保が非常に重要といえます。

そのためにも、どのような証拠の取集が可能になるか、当事務所でも効果的なアドバイスを提供いたします。行為の悪質度を立証するための、確度の高い証拠をそろえていくことで、慰謝料の金額に反映できていきますので、ぜひ当事務所のアドバイスやサポートをお受けになることをおすすめします。

財産分与や養育費…大事な「お金の問題」

相手が財産を開示してくれないときには…?

婚姻中に夫婦が協力して築いた財産(夫婦共有財産)を、離婚の際に清算・分配することを「財産分与」といいます。財産分与は夫婦に共有の財産がある限り、離婚時に必ず発生するもので、基本的に2分の1ずつで分けることになります。

財産分与で起こりがちなのは、財産を管理していた側が、その内容を隠したり、積極的に開示しないといったケースです。弁護士に相談をいただければ、可能なかぎりの調査を行って財産の把握に努め、公平な分配の実現に努めます。

個別事情を細かく考慮し、養育費に反映

養育費は、子どもさんのいる方にとって、離婚後の生活に関わってくる大切な問題です。多くの場合で裁判所は算定表に準じる判断をしますが、個別的な養育事情を考慮してもらえるケースがないわけではありません。たとえば、特別な教育を受けさせたいというときの学費など、個別の事情を細かく考慮するなかで適正な養育費を主張していきます。

親権争いは安易にあきらめてはダメ

粘り強い対応で、納得のいく解決をめざす

離婚において重要な問題となるのが、親権の争いです。親権についての相談では、お子さんにとって最も良い形がどこにあるのかという視点に立ちながら、依頼者のご要望に応えていく努力をしています。

父親側が「親権を取りたい」という相談も少なくありませんが、特に幼児までは「母性優先の原則」があり、取得するのは高いハードルがあります。ただ一方で、最初から安易にあきらめる必要はありません。主張できる点はしっかりと示しつつ、面会交流の獲得も含めながら、納得のいく解決をはかってまいります。

弁護士法人富家総合法律事務所からのメッセージ

依頼者の考える「最適な解決」に向かって一緒に歩みます

離婚問題に向き合う上で大事なのは、依頼者の方との信頼関係を築くことだと考えています。当事務所では、お話やお気持ちをしっかりと受け止め、ご要望やふさわしい解決に向かって一緒に歩んでいくスタンスを大切にしています。

とくに近年は不貞・不倫が原因となる離婚の相談が増えています。こうした問題の解決実績も多数有していますので、もしも相手に疑念が生じたり、離婚を考えるような段階になれば、まずは一度早めにご相談ください。

所属弁護士

藤野 圭介(ふじの けいすけ)

藤野 圭介

登録番号 No.49854
所属弁護士会 東京弁護士会

富家 大我(とみいえ たいが)

登録番号 No.49860
所属弁護士会 東京弁護士会

松浦 正明(まつうら まさあき)

登録番号 No.49845
所属弁護士会 東京弁護士会

石田 伸一(いしだ しんいち)

登録番号 No.47004
所属弁護士会 東京弁護士会

料金体系

慰謝料請求事件(対第三者)

・慰謝料を請求する方
着手金なし
報酬金20万円+認められた慰謝料額の15%
※認められた慰謝料額が報酬金を下回った場合、報酬金をその額まで減額する制度を採用。

・慰謝料を請求された方
着手金20万円
報酬金減額に成功した金額の15%
※減額に成功した金額が着手金及び報酬金の合計額を下回った場合、着手金及び報酬金をその額まで減額する制度を採用。


離婚事件(対配偶者)

・離婚協議書作成
着手金10万円
※公正証書作成代行を含む場合は20万円

・離婚協議
着手金20万円
報酬金30万円+経済的利益の10%

・離婚調停
着手金40万円
報酬金40万円+経済的利益の10%

・離婚裁判
着手金50万円
報酬金50万円+経済的利益の10%

(離婚事件の経済的利益について)
慰謝料認められた慰謝料額の10%
財産分与認められた財産分与額の10%
養育費認められた養育費(月額)の24か月分の10%
但し、10万円を下回った場合は10万円

・婚姻費用分担調停
着手金20万円(離婚と一緒にご依頼頂く場合は10万円)
報酬金認められた婚姻費用(月額)の24か月分の15%
※但し、15万円を下回った場合は15万円

備考

・全て税別表記です。
・親権争いのある案件で親権を獲得した場合、30万円の成功報酬が生じます。
・慰謝料請求事件(対第三者)で訴訟移行する場合、20万円の追加着手金が生じます。
・その他、事件処理の実費と日当(弁護士が調停・審判、裁判に出頭した場合、1回:3万円)が生じます。
・委任事件を終了するまでは契約を解除できます。この場合、解除までの費用として事案の進行状況に応じた弁護士費用をお支払い頂きます。
・料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

アクセス

品川駅から徒歩3分

東京都港区港南1-9-36 アレア品川13階

事務所概要

事務所名 弁護士法人富家総合法律事務所
代表者 富家 大我
住所 〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川13階
電話番号 050-5268-7343
受付時間 平日9:00〜22:00 土日祝9:00〜21:00
定休日 なし
備考
弁護士法人富家総合法律事務所
弁護士法人富家総合法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
050-5268-7343
受付時間
平日9:00〜22:00 土日祝9:00〜21:00

電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川13階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

現在地を取得できませんでした

お使いのブラウザでは現在地情報を利用できない可能性があります。
設定から位置情報サービスをオンにして頂くか、下記コンテンツ等をご利用ください。

離婚問題に強い弁護士一覧

×

TOP