熟年離婚の注意点[夫には寝耳に水の妻の不満]

熟年離婚の注意点

熟年離婚の原因とは

結婚期間が20年を超えてからの離婚を熟年離婚といいます。長年不満を抱えていた妻が子どもの自立をきっかに離婚を切り出すというパターンが多いようです。

具体的には次のようなことが原因になっています。

性格の不一致

若い夫婦の離婚も熟年離婚も離婚の原因としてもっとも多いのは性格の不一致。

結婚当初から性格が合わないことに気付いていながら子どもが自立するまで我慢していたというケースもあります。

舅・姑と合わない

妻が舅・姑と合わないというのは若い夫婦にもよくあることですが、夫婦が50代を超えると介護の問題も出てきます。

場合によっては24時間面倒を見なくてはならない場合もあり、肉体的と精神的な負担は相当なものになります。

会話がない

婚姻期間が長くなるにつれて会話が少なくなる夫婦もいます。夫は十分だと感じていても、妻のほうは孤独を感じていることもあります。

暴力

暴力は肉体的なものだけでなく言葉の暴力(モラスハラスメント)もあります。モラスハラスメントは夫から妻に対してでなく、妻から夫に対して行われることも多くあります。

異性問題

パートナーの浮気を知っていながら子どもや社会的体裁のために我慢していたり、熟年になってから浮気をして信頼関係が崩れて離婚に至るケースなどがあります。

離婚後に経済的に自立できるか

熟年離婚でもっとも注意しなくてはならないのは、離婚後に経済的に自立できるかどうかです。女性はある程度の年齢になると、再就職が非常に厳しくなるケースもあります。

財産分与や年金分割の制度を利用したり、実家、友人・子どもの家にしばらく世話になることなども視野に入れて少しでも不安を減らすようにしましょう。

年金分割とは

年金分割というのは夫婦が離婚しても年金を受け取る権利を夫婦で分割できる制度です。

夫の名前で納めた年金のうち、妻が受給できるのは最大で50%までです。この割合の決定には夫婦の合意が必要になります。

財産分与とは

財産分与というのは婚姻中に夫婦が2人で築き上げた財産をその貢献度に応じて分配する制度です。まずは財産分与の対象となる財産を洗い出し、それをどのように分配するか話し合いで決めます。

年金分割も財産分与も話し合いで決まらなければ、家庭裁判所に調停を申し立てます。

葬儀や相続の問題

熟年離婚では葬儀や相続のことも考えなくてはなりません。

葬儀

離婚をしてからひとりで生きていくことを選んだ場合、自分の葬儀費用の捻出方法、葬儀方法などを遺言に残しておいたほうが、自身も安心ですし残された方々にとって親切です。

相続

熟年離婚をすると相続の問題が非常に複雑になります。これも自分の希望を遺言に残しておけば、残された人々の間で争いが起こるのを防ぐことができます。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP