妊娠中の離婚<そうなる原因とその対策>

妊娠中の離婚

妊娠中に離婚する原因とは

妊娠中というと本来はとても幸せな時期のはずなのですが、この時期に離婚となってしまう夫婦もいます。この原因には主に次のようなものが考えられます。

性行為の減少

妊娠すると安定期に入るまで性行為を控えなくてはなりません。感染症の危険があり、母体への負担も大きいからです。

性行為だけでなくスキンシップも嫌がる妊婦もおり、男性はそれを不満に感じて他の女性と関係をもってしまうこともあります。妊娠中でもなるべくスキンシップをして相手の欲求を満たしてあげることは大切です。

父になる違和感

妊娠中の女性は女性ホルモンが活発に分泌され、女性から母へと変わっていきます。

しかし、男性のほうはパートナーが妊娠したからといって体になにか変化が起こるわけではありません。そのため、父になるという実感が得られず、蚊帳の外にいるような気分になり、父になることから逃げようとする男性もいるようです。

生まれてくる子どもについて夫婦でなるべく多く話し合うようにすれば、パートナーの父性が芽生えやすくなります。

オスを排除しようとする働き

女性は妊娠すると赤ちゃんを守るための防御反応が強くなります。体毛が濃くなったり、匂いに敏感になったりするのもこのためです。他のオスを寄せ付けないようになったり、たとえパートナーであろうとも近くにいてほしくないという気持ちになってしまいます。その行為がパートナーの気持ちを傷つけて2人の間に溝が生まれてしまいます。

パートナーを拒否する態度をとってしまったときは、それが妊娠中の一時的なものであることを理解してもらいましょう。

不信感の増加

妊娠するとイライラ、つわり、眠気などさまざまな症状がでます。つわりがひどくてほとんど寝たきりになる方もいます。そんなときにパートナーからのサポートを受けることができなければ不信感が募ってしまいます。

妊娠中に起こりうる症状については事前にパートナーに話しておき、家事をサポートしてくれたときは労いの言葉をかけてお互いのことを尊重し合うようにしましょう。

妊娠中に離婚をすると

妊娠中に離婚届けを提出し、それから300日以内に赤ちゃんが生まれた場合、親権者は母親になりますが、戸籍は一旦父親のところに入ります。たとえ、別れた父親の子どもではなくてもです。自分の戸籍に移したい場合は家庭裁判所に申請しなくてはなりません。

離婚届を提出してから301日以降に生まれた場合は親権も戸籍も母親になります。お腹にいる赤ちゃんが非摘出子として認定されるからです。

離婚届を提出した日によって子どもの戸籍は変わってしまいます。

夫のほうに離婚の原因がある場合は慰謝料や養育費を請求できます。

離婚問題に強く評判の良い弁護士事務所を探す

離婚相談

一人で悩まずご相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子供の親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子供の養育費を確実に受け取りたい!