不倫からの略奪愛ーモラルに反する関係の制裁ー

不倫からの略奪愛

不倫はひとつの家庭を壊します

男性も女性も多くの人が平和で幸せな結婚生活を夢見ています。しかし、好きになった相手が既婚者だった場合、その理想を叶えるのは難しくなります。

当たり前のことですが、不倫からの略奪愛というのはモラルの点からいってもまったくおすすめできるものではありません。ひとつの家庭を破壊することになるからです。

相手に子どもがいるならその子どもの人生も大きく変えることになります。

好きになってしまったのなら仕方のないことなのかもしれませんが、その点は十分に自覚しておく必要があります。

相手が男性の場合

男性は「妻とは別れるからもう少しだけ待ってほしい」と期待をもたせるだけでいつまで経っても話を進めてくれないことが多いです。「いつ奥さんと別れてくれるの?」と詰め寄っても話をはぐらかされてしまいます。

いつまで経っても話が進展しないときは、相手はただの遊びのつもりである可能性が高いので、自分の幸せのために潔く別れを選択したほうがいいでしょう。

相手が女性の場合

女性のほうが男性よりもドライで現実的です。配偶者との関係が完全に冷え切っていれば、すぐに離婚を決断して行動に移してくれます。

慰謝料を請求されたら

不倫していることが相手の配偶者に知られたら慰謝料を請求されます。最初は内容証明郵便などで送られてきます。そのときは感情的にならずに冷静に対処する必要があります。

慰謝料を請求する権利が成立する条件は、肉体関係があったこと、交際相手が既婚者であると知っていたことの2つです。もしこのいずれか一方の事実がない場合は書面などでその旨を主張し、自分に慰謝料を支払う義務がないことを伝えます。

その主張が正しいことが伝われば慰謝料は支払わずに済みます。

証拠も必要になります

そして、実際に慰謝料請求が認められるには、相手がその証拠をもっていることによります。

肉体関係であれば「ラブホテルに入っていくところを写した写真」交際相手が既婚者であると知っていたことなら「2人が同じ会社で働いていた事実(同じ会社で働いていて既婚者であることを知らないはずがない)」などです。

これらの証拠を相手が揃えられなければ慰謝料の支払いは免れることができます

しかし、実際に不倫をしていたにも関わらず、証拠がないからといってシラを切り、慰謝料を支払わずに済ませようというのは人間として非常に大きな問題があります。相手の配偶者を深く傷つけているのですから、証拠うんぬんに関わらず慰謝料はしっかり支払うべきです。

減額交渉もできます

ただし、相手からの慰謝料の請求額があまりに高額な場合は減額交渉をしてもいいでしょう。不倫慰謝料の相場は200万円程度ですが、それも交際期間や収入・資産などの事情によって変わってきます。この交渉は「言った言わない」のトラブルを避けるために書面で行うのが基本です。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP