不倫相手が妊娠してしまったら「不倫相手にも慰謝料請求が可能」

不倫相手が妊娠

不倫相手が妊娠してしまったら

不倫相手が妊娠してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。妻は夫に対して離婚請求・慰謝料請求・子供が未成年の場合は養育費請求を行うことができます。

不倫したうえに相手を妊娠までさせているのですから、離婚はほぼ間違いなく認められます。また、不倫相手の女性に対しても慰謝料を請求できます。

不倫相手の女性が出産をした場合、相手の男に対して認知請求と養育費の請求ができます。

養育費は子どもが生まれた時点で請求ができます。それまでに三角関係をしっかり清算しておいたほうがいいでしょう。

不倫相手が出産しても夫婦は離婚しない場合、いちばん損をするのは不倫をされた妻です。生まれた子どもには養育費だけでなく相続権も与えられます。また、その後、夫婦が離婚をして妻が自分の子どもを引き取った場合、その子どもに対して支払われる養育費は少なくなります。夫は不倫相手との子どもにも養育費を支払わなくてはならないからです。

ですので、不倫をされた妻は腹をくくり、夫から慰謝料をしっかりとってすぐに離婚するのがベストです。

男性が考えなくてはならないこと

不倫相手を妊娠させてしまった男性は考えなければならないことがたくさんあります。

自分がいかに愚かな行為をしたかよく反省したうえで次のようなステップで冷静に対処してください。

産むか産まないか意思を確認

まずは身ごもった子どもを産むか産まないか不倫相手とよく話し合います。お互いの経済状況や家庭の状況など具体的な状況を共有し、どうするのが最善なのかを探っていきます。

しかし、最終的に判断するのは本人です。産むという選択をした場合、この段階から精力的に相手に協力しましょう。後の信頼関係にも繋がります。

不倫相手が動揺している場合

不倫相手が家庭を捨てて自分と結婚してほしいと言っているなら腹を括るしかありません。

相手の女性が動揺しているなら現在の妻のところへ必ず連絡がいきます。そのときは自分も動揺したりせず、家族にはすべて正直に話し、家族にも今後のことを判断してもらいましょう。

妻との間にもすでに子どもがいる場合などは特に修羅場になるでしょうが、やったことがやったことなのでそれは仕方ありません。ほとんどの場合は慰謝料を支払って離婚することになります。

認知することで事をおさめる

不倫相手の女性が出産すると言っているが、現在の妻と離婚したくない場合、妥協点として子どもの認知だけはして事をおさめるという方法もあります。決しておすすめできることではありませんが、そのやり方で自分の妻に隠し通す男性もいます。

ただし、不倫相手の子どもへの養育費を支払わなくてはならないのでそれなりの経済力が必要になります。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP