産後クライシスとは?原因や症状を紹介!出産後に離婚を考えるのはそのせいかも

産後クライシスとは?

産後クライシスとは、出産後に夫婦仲が悪化する現象

「出産ノイローゼとか、産後ブルーという言葉は聞いたことがあるけれど、産後クライシスっていう言葉は初めて聞いた!」という人も、いるかもしれません。産後クライシスとは、出産後から2~3年ほどの間に、夫婦仲が悪化する現象のことです。

二人で暮らしているときは平穏だったのに、出産後に急激に夫婦関係が悪化するという現象は、実は日本でも昔からありました。しかし、たまたまこの産後クライシスに関しては、なぜか注目されることがなかったのです。

それが、2012年にNHKの「あさイチ」の番組で「夫婦を壊す?!“産後クライシス”」というテーマが取り上げられてから、産後クライシスという言葉が急激にクローズアップされるようになりました。

産後クライシスは、なぜ起きるのか?

ホルモンバランスの乱れや、子育ての不安・夫への不満などが原因に

では、産後クライシスはいったいなぜ起きるのでしょうか?産後クライシスに至る理由は、実はひとつやふたつではありません。さまざまな要因が複雑にからみ合って、産後クライシスの現象が起きると言われています。たとえば、考えられる要因には、下記のようなものがあります。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 子育てに対する不安
  • 夫が手伝ってくれないことへのイライラ
  • 生活リズムの乱れ
  • 夫婦のコミュニケーション不足

怒涛のような毎日の中で、いつしか浮き上がる「離婚」の二文字

女性の身体は非常にナイーブで、出産などの大事業が終わった後は、当然ながらさまざまな身体の変化を実感します。そしてその変化に覆いかぶさるように、「子育てが思うようにいかない」「夫が家事や育児を手伝ってくれない」といった子育てへの不安の波が、何度となく押し寄せます。

さらに、子どもが生まれたことによって、夫婦のまったりした時間は見事に消滅します。家事に育児に、人によってはさらに仕事にと、目が回るほど忙しい毎日を過ごさなければならなくなるのです。

そのまったく余裕のない怒涛のような毎日の中で、いつしか「離婚」の二文字が浮き上がってきたとしても、不思議はないでしょう。

産前と産後の生活のギャップから産後クライシスに陥る妻は多い

産後クライシスに陥る原因はさまざまですが、夫の非協力に対するイラだちが、産後クライシスにつながる人も少なくありません。

出産後、急激に夫との関係が冷え込んだAさんの場合

絵に描いたような幸せな家庭を営んでいたAさん

Aさんは専業主婦。夫は職場の同僚で、3年間の交際を経て結婚しました。2年後には赤ちゃんが生まれ、Aさんは出産を機に退職。夢のマイホームも建て、まるで絵に描いたような幸せな家庭のように見えました。

子どもを出産してから、夫婦の間に不穏な雰囲気が

ところが赤ちゃんを出産後、半年ほどしてから、Aさんと夫との間に不穏な空気が流れ始めました。夜中に何度となく赤ちゃんに起こされながら、早朝には起きて夫のお弁当と朝食・離乳食を作り、夫が出かけた後は掃除・洗濯・公園の散歩。

子どもがお昼寝をしているときも、雑用は山ほどありました。家事・育児をきちんとしたいAさんにとって、主婦の生活はけっして楽なものではなく、疲労は積み重なっていました。

子どもを出産してから、何となく気分的にブルーになったり、体調が優れないときもあります。そんなAさんを横目で見ながら、夫は家事や育児を手伝うこともなく、休日は自分の趣味に夢中でした。

「子育ては君の仕事だろ?」と、子どもの面倒をみない夫

ある日Aさんは鏡で自分の顔を見てビックリ!仕事をしていた頃の自分と、産後の今の自分とが、まったく別人のようだったからです。「そういえば、出産後まだ一度も美容院に行っていなかった」、そう気づいたAさんは、夫に子どもを任せて美容院に行こうとしました。

ところが夫は、「子育ては君の仕事だろ?俺は毎日働いて疲れているんだ」と、心ない返事。「たしかにあなたは会社で働いているかもしれないけれど、私だって子育てをしているのよ!」。

生活のあまりのギャップに、いつしか離婚を考え始めるAさん

夫だけが今までと同じ生活を続け、仲間と呑んだり、休日も遊びに出かけたり。かたや自分は、自由になるお金も時間もまったくなく、ボロボロの姿で子どもを追いかけ回す日々。「これっていったい、何なの?」

産前と産後の生活のあまりのギャップに、Aさんはついにブチ切れてしまいました。そして、Aさんの心の中には、いつしか「離婚」という言葉が…。まさに、産後クライシスに陥ってしまったのです。

産後クライシスが原因で離婚!後悔したAさんの事例

産後クライシスは、夫側はまったく気づかずに、妻だけが離婚願望をもつことに特徴があります。では、産後クライシスが原因で離婚してしまうと、その後にどんな生活が待ち受けているのでしょうか?

産後クライシスに落ち込んだAさんは、夫と離婚。そして…

「こんなことなら、出産なんてしなければよかった!こんな協力心のない夫とは、もうやっていけない」そう考えたAさんは、夫に離婚を切り出しました。

突然の離婚話に、夫はビックリ仰天。当然ながら夫婦喧嘩になりましたが、独身時代に勝気で仕事をバリバリこなしていたAさんは、一歩も引きません。ついに夫は根負けし、養育費も財産分与もいらないという約束で離婚。マイホームは売却し、子どもはAさんが引き取ることになりました。

独身時代のキャリアがあっても、育児中の就職は極めて厳しい

「私には独身時代のスキルがあるから、離婚しても自分の手で子どもを育てられる!」そう自信満々のAさんでしたが、求職活動をしてみて、社会の厳しさに愕然としました。Aさんにいくらキャリアがあっても、母子家庭で1歳の子どもがいるというだけで、正社員としては受け入れてもらえなかったのです。

仕方なく派遣の仕事に就いたAさんですが、家賃や保育料を含めた生活費は思った以上にかかり、扶養手当をもらっても生きていくのが精一杯の状況でした。

「もっと早く、産後クライシスがあることを知っていたら」

そんなとき、Aさんは「産後クライシス」という言葉があることを知りました。出産後に妻に起きる離婚願望、まさに自分は産後クライシスだったのだと、Aさんはそのときに気付いたのです。

「ひとりで子育てをしながら生きていくということが、こんなに厳しいことだとは思わなかった。もっと早く産後クライシスという現象があることを知っていれば、別れずに済んだかもしれない」と、つくづく後悔するAさんでした。

産後クライシスを乗り越えるための方法

子育て中に離婚をする夫婦の中でも、結婚をして妊娠・出産し、子どもが2歳までに離婚する夫婦は飛びぬけて多くなっています。本来であれば、子どもが両親の温かな愛情を一番求める年齢に、離婚する夫婦が最も多いというのは、子どもに対する悪影響も無視できません。

逆にいえば、産後クライシスを何とか乗り越えると、その後に離婚の可能性はグッと減ってきます。産後クライシスを乗り越えるには、いったいどうしたら良いのでしょうか?

  1. 夫と話し合う機会をもつ・・・けっして悪気があるわけでなく、妻の大変さに気付かない夫というのは、意外と多いものです。ひとりでイライラせず、自分の置かれた状況を夫に話し、産後クライシスに陥っていることを説明しましょう。そして具体的に夫に何をしてほしいかを、きちんと伝えることが大切です。
  2. 夫に100点満点を求めない・・・自分が完璧な人間ではないように、夫にも100点満点を求めないことです。「60点ぐらいならいいかな」というおおらかな気持ちで夫を見ると、ストレスも溜まりません。
  3. 夫に感謝の気持ちをもつ・・・夫を責めたくなる気持ちはいったん横に置いて、いつもがんばって働いてくれる夫に、「ありがとう」という気持ちをもってみましょう。

「夫も仕事先ではいろいろな苦労をしていて、それでも私のため、子どものためにがんばってくれている」そう思うと、感謝の気持ちも湧いてくるでしょう。感謝の気持ちには、夫婦の間に生じた心の亀裂を埋め、傷を癒してしまう大きなパワーがあります。

現実に辛いと感じることを書き出して、解決方法を考えてみましょう!

産後クライシスから離婚に至る大きな要因に、「家事や育児の大変さが許容範囲を超えてしまう」ということがあります。それならば、そこを解決することで、産後クライシス離婚は回避することができます。

自分が現実に辛いと感じていることを、書き出してみましょう。たとえば「育児と家事を自分ですべてこなすのは大変過ぎる」と感じているなら、実家のお母様に週1回手伝ってもらうとか、ヘルパーさんを雇って家事や育児を手伝ってもらう方法もあります。

家事代行などを上手に利用して、産後クライシス離婚を回避

「家事代行を頼むなんて、経費が大変!」と思うかもしれませんが、離婚して貧困家庭になる怖さを考えると、けっして高くはないかもしれません。産後クライシス離婚を回避するために、何より大切なのは、妻がストレスを溜め込まないことです。

離婚問題に強く評判の良い弁護士事務所を探す

離婚相談

一人で悩まずご相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子供の親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子供の養育費を確実に受け取りたい!