離婚後に不倫相手と結婚(再婚)して幸せになれる、なれない夫婦の特徴

不倫からの再婚

不倫相手と再婚をして幸せになった夫婦とは?

不倫相手と再婚をして、幸せな生活を送っている人は、実はあまり多くはありません。

8割ほどの夫婦は、数年後に倦怠期を迎えると共にどちらかがまた不倫をし、今度は逆に自分が略奪される立場になってしまうからです。

しかし、ここであえて「不倫相手と再婚をして、幸せになった夫婦もいる」ということを、先にお話ししておきましょう。8割ほどの夫婦が破綻したとしても、2割の夫婦は幸せに暮らしているのですから。では、不倫相手と再婚をして、幸せになった夫婦の特徴とはなんでしょうか?

不倫相手と再婚をして幸せになった夫婦の特徴

不倫相手と出会う前から、すでに夫婦関係が破綻していた

たとえば男性が妻帯者だった場合、その家庭が円満だったかどうかは、非常に重要なチェックポイントです。なぜなら、平穏な家庭生活を送っている人が不倫をした場合は、たとえ不倫相手と再婚をしても、その後にまた同じようなことを繰り返す可能性が極めて高いからです。

それとは逆に、不倫相手と出会う以前から、すでに夫婦関係が破綻していた人もいます。本当なら離婚をしてもおかしくない関係でありながら、何らかの理由でズルズルと結婚生活を送っていた人です。当然ながら家庭は冷え切り、心がやすらげる場所はどこにもありません。

そんな人がある日、「この人は自分のソウルメイトかもしれない」と思うほど波長の合う人と、出会ってしまうケースもあります。そこで自分がずっと失っていた心の安らぎを感じ、「先延ばしにしてきた離婚を、そろそろ決断しても良い時期かもしれない」と思ったとしても、誰も責められないでしょう。

単なる恋愛関係ではない、“特別な縁”をお互いに感じていた

恋愛というと、「彼女の笑顔が忘れられない」というような、ドキドキする感情をイメージするかもしれません。でも、不倫相手と再婚をしてまで愛を全うしようとしたカップルの愛は、そんな薄っぺらいものではありません。

たとえば男性が陶芸家で、その作品に惚れ込んだ女性のお弟子さんが、密かに男性に片思いをしていたとします。男性にはすでに妻がいて、その妻は男性の作品の良さがまったくわからず、経済力のない夫をなじるばかり。

そんな状況の中で、お弟子さんの献身的なフォローによって、男性の作品が世に出たとしたらどうでしょうか?そこで不倫をするかどうかは別として、周囲から見れば「本当はあのお弟子さんと結婚していたら、もっと早く認められていたのにね」と映るかもしれません。

結婚後に、選んだ相手を間違えたと気付くことはあります。すでに破綻した夫婦生活を送りながら、もしも“運命の人”と呼べるような人に出会ってしまった場合、「婚姻関係」という法律上の事実を除けば誰も否定はできないでしょう。

離婚をしても、再婚までには十分な期間をあけた

不倫相手と再婚をして幸せになれる夫婦は、けっして再婚を急ぎません。それはなぜかというと、【不倫→再婚=略奪婚】という図式が、ほとんどの日本人には植え付けられているので、離婚直後に再婚をしても非難を浴びせられるだけだからです。

それよりは、2年間ほどは時間をあけて再婚する方が、周囲からの風当たりはグッと弱くなります。祝福こそされないかもしれませんが、少なくとも2年間再婚しなくても愛し合っていたということは、単なる出来心でなかったことだけは評価されるでしょう。

実例:不倫相手と再婚をして幸せな生活を営むAさんの場合

Aさんは今の夫と20年前に知り合い、不倫関係を結びました。夫には家庭がありましたが、その当時から妻とは不仲でした。妻は毎日のように遊びとショッピングに明け暮れ、夫が仕事を終えて家に帰っても、冷めたインスタント食品が置いてあるだけ。妻との会話はほとんどなく、休日も気が休まらない状態でした。

Aさんと夫は趣味を通じて知り合い、何か不思議な力で引き寄せられるように、恋に落ちました。不倫関係であることは、十分承知していた二人でしたが、静かに淡々と付き合う日々が続いていました。

再婚をしたAさんと夫にとって、今の家庭はかけがえのない宝物

そして夫は、4年後に妻と正式に離婚。その2年後に二人は再婚し、2人の子を出産しました。今年で再婚して14年目を迎えています。知り合った頃からそうだったように、二人は淡々とした生活の中に幸せを感じながら、お互いを慈しみ合って暮らしています。

「君と出会って、僕は人生に希望が持てた」と、夫は今でもAさんに言います。不倫をしていた以上、大手を振って“幸せ”とは言いづらいAさんですが、この家庭が再婚したAさんと夫にとってかけがえのない宝物であることは間違いありません。

不倫相手と再婚をして幸せになれなかった夫婦とは?

では、不倫相手と再婚をして幸せになれなかった夫婦には、どんな特徴があるのでしょうか?不倫相手と再婚をする夫婦の8割が、どちらかの不倫によって夫婦関係を破綻しているというのは、無視できない現実です。

もしもこの特徴に、自分の不倫関係があてはまると思った時は、再婚を踏みとどまった方が賢明かもしれません。

不倫相手と再婚をして幸せにならなかった夫婦の特徴

普通の夫婦生活を送っていたにも関わらず、離婚をした

たとえば男性が妻帯者で、ごく普通の生活を送っていたにも関わらず、目の前に魅力的な女性が現れて離婚へと至ってしまうケースがあります。その人は、たとえ不倫相手と再婚をしても、けっして長くは続かないでしょう。まさに「略奪婚」以外の何ものでもないからです。

こうした略奪婚をする夫婦には、共通点があります。それは、最初の1~2年はとても幸せだということです。絵に描いたようなラブラブの生活を続け、しばらくは幸せいっぱいの生活でも、やがてそれに慣れてしまうと、相手に飽きてくるようになります。

ただ単に飽きるということの他に、年齢と共に以前のような魅力が減退してくということもあります。夫はおじさん化、妻はおばさん化し始めると、もう以前のようなラブラブの感情は持つことができません。

そしてその先はもう、お決まりのコースです。どちらかがまた不倫関係をもつことで、夫婦関係は破綻。「自分の犯した過ちは、巡り巡って自分のもとに返ってくる」という典型例ですね。

夫婦のどちらかが、典型的な浮気体質の人だった

不倫関係に陥る人の中には、典型的な浮気体質の人も少なくありません。常に誰かを愛し、ドキドキするような感情を持っていたいと思っています。

そこで「家庭は家庭、恋愛は恋愛」と割り切る人は離婚しませんが、本気で恋愛にのめり込んでしまう人の中には、離婚してまでその人と暮らしたいと思う人もいるのです。

普通ならば「やっぱり自分には家庭があるし、不倫はいろいろな人に迷惑をかけるから」と後ろを振り返るものですが、自己中心的に恋愛を求める人は、たとえ自分に家庭があったとしても欲望を抑えることができまません。

「この人を自分のものにしたい」という思いにまかせて突進し、女性としての魅力が減退した妻は放り出し、好きな人と再婚。それで妻がどれだけ傷つくかということを、思いやれない人は、間違いなく再婚後の家庭も破綻をするでしょう。

不倫相手と再婚をして、不幸せになったBさんの場合

Bさんは妻子のいる5歳年上の元夫と不倫関係になり、1年後に略奪婚をしました。しばらくは幸せな日々が続いていましたが、Bさんが妊娠をした頃から、夫が浮気をするようになってしまいました。

子育てに追われるBさんを気づかうこともなく、夫は浮気をし続け、ついに1年後。Bさんは夫から「離婚したい」と告げられたのです。

“奪う者は奪われる”ということを、心から実感

あまりのショックに、寝込んでしまったBさん。このときBさんの脳裏には、以前に自分が夫を奪ったときのことが、走馬灯のように浮かびました。「あのとき、きっと奥さんはこんな気持ちだったのね。本当に申し訳ないことをした。きっとバチがあたったのだわ」。

“奪う者は奪われる”ということを、身に染みて感じたBさん。不倫をすることが、どんなに人を傷つけることかを痛感し、心から後悔する日々を送っています。

離婚して不倫相手と結婚(再婚)するリスク

慰謝料を請求される

離婚後に不倫相手との結婚をする場合、配偶者に慰謝料を請求される可能性があります。

不倫慰謝料は一般的には50~300万円となっていますが、不倫が原因で離婚になった場合はより高額の200~300万の慰謝料を支払うこととなります。

不倫相手と結婚をする場合、この慰謝料を支払うことになる前提で動くべきでしょう。

職や出世を失う

不倫をしていることが職場にバレると、半ば強制的に自主退職に追い込まれたり、出世の道が失われるケースもあります。

日本は労働基準法により簡単にクビになることはありませんが、周囲の人間の圧力や人間関係の悪化などで、不倫が原因で職や出世コースから外れるケースは少なくないです。

人間関係が破綻する

不倫相手と結婚する以上、自分や相手の家族、そして周囲の友人が応援してくれた婚姻関係を破棄する、あるいは相手の家庭を崩壊させて奪い取ることになります。

法律上で罰になることはありませんが、日本の倫理的には嫌悪される行動であるのは間違いありません。

そのため、場合によっては家族との絆や友人関係などが破綻してしまうでしょう。

離婚して不倫相手と結婚(再婚)する前に考えるべきこと

高額な慰謝料を払う価値のある相手なのか

前述した通り、不倫で離婚をすると高額の慰謝料を請求されることになりますが、結婚しようとしている相手にそれだけの価値があるのか一度考えてみましょう。

不倫相手と結婚したとしても幸せになる夫婦は少ないです。慰謝料を払ってまで離婚しても、それが無駄になる可能性もあることは覚えておいて下さい。

本当に自分を大切にしてくれる相手なのか

仮に離婚後に結婚をしたとしても、相手はパートナーがいると知っていても不倫をするような相手です。

場合によっては相手も配偶者がおり、「そちらを捨ててまで自分と結婚してくれたのだから、大切にしてくれるに決まってる」と考えるかもしれません。

ただ、相手と結婚すれば、不倫とは違うドキドキも刺激も少ない結婚生活が始まります。それにあなたは捨てられた配偶者と同じ立場になります。

不倫は病気、という言葉があるように次はあなたが不倫され、捨てられる立場になる可能性があることはよく考えて下さい。

周囲や肉親から冷たい目で見られる覚悟があるか

知っての通り、一夫一婦制度のある日本で不倫は歓迎される行為ではありません。

そのため、不倫をすれば周囲の友人や家族からも冷たい目で見られることになりますし、最初の結婚と違って歓迎されることもありません。

しかもそれが長年にわたって続きます。それに耐えていく覚悟があるか、事前に確認をしましょう。

離婚して不倫相手と結婚する場合は弁護士に相談

不倫相手を好きになり、今の家庭を捨てて結婚したいと考える人は非常に多いです。

しかし、不倫相手と結婚をしても幸せになる夫婦は少ないとデータが証明しています。

どうしても離婚をして、不倫相手との結婚をするならリスクをよく考えておきましょう。

また、弁護士に相談をするのも手です。相手にも離婚原因となる事由等がある場合、慰謝料の減額などをするこも可能です。

 

離婚問題に強く評判の良い弁護士事務所を探す

離婚相談

離婚問題でお悩みでしょうか?

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子供の親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子供の養育費を確実に受け取りたい!