浮気が理由で離婚するなら必見!慰謝料に必要なのは「証拠集め」

浮気現場「夫の浮気で離婚を考えている」「妻が不貞をし、別れることになった」という場合、離婚に際しては慰謝料の請求が調停や協議の焦点となります。ただし、ここで大きな決め手となるのが、「どんな証拠を集めているか」ということ。ポイントを押さえた証拠集めが必須です!

浮気の証拠数が成功のカギ。離婚を切り出す前に材料揃えが大切!

離婚の慰謝料を勝ち取るためには証拠集めを

配偶者の浮気が原因で離婚をする場合には、どうしても調停や協議・裁判といった法的な手段がつきものです。慰謝料をしっかりともらうには、この段階をクリアしなければ、勝ち抜くことはできません。そのために何よりも重要なのが「証拠集め」です。

「証拠集め?そんな理不尽なことはできない」と思う人もいるかもしれませんが、離婚の際の取り決めは、後々の人生を左右する最も大切なポイントとなります。お人好しはしばし返上し、しっかりとした気持ちで法的なやりとりに臨みましょう。

証拠品として最も役立つのが「写真」と「ビデオ」

カメラ調停・協議・裁判――。これらの離婚を行なう際に最も有力となるのは、浮気現場の「写真」と「ビデオ」です。写真の場合はデジカメではなく、一眼レフでしっかりと撮影されているものが離婚材料には有力です。また、浮気相手とのリアルな会話をボイスレコーダーなどで「録音」できれば、それも離婚を有利に働かせる動かぬ証拠となります。

ただし離婚の材料として効果的かを考えず、やみくもに写真やビデオを撮れば、それが証拠になるかというと、そうではありません。浮気の証拠として提出するには、それが「確かに浮気を証明できる」という根拠がないと、認められないのです。

それを知らず、離婚に必死で自分のやり方ばかりで証拠集めに奔走した人が、「どうしてこれが認められないの?」と、後々ショックを受けたケースは少なくありません。そんな失敗をしないで済むよう、自分のやり方で証拠集めをし、結局無駄な苦労に終わってしまったAさんの例をご紹介しましょう。

浮気の証拠集めで離婚の慰謝料請求に失敗したAさんの場合

浮気相手とのメールや、スマホのツーショット写真を証拠に残す

Aさんはある日、夫が浮気をしていることに気づきました。何気なく見かけた夫のスマホから、浮気相手とのメールのやりとりを見つけてしまったからです。夫を問い詰めても、「あれはただの友人とのジョーク、関係ないよ」と言って、取り合ってもらえません。でも、ここ2年ほどの夫の態度の変化から、Aさんは「夫の浮気は間違いない」と確信していました。

さて、それからは離婚に向けたAさんによる必死の証拠集めが始まりました。夫のことを相談した友人から「もし離婚するなら、慰謝料をしっかりもらわないと!そのためには、証拠集めが必要よ」と言われたからです。

まずは夫のスマホのメールから、浮気相手とのやり取りと思える内容を確保しました。また、浮気相手とのツーショット写真も発見し、かなりきわどいと思えるキスシーンも確保。「これは浮気の証拠として、かなり離婚で有力に働くに違いないわ!」と、Aさんは思いました。また、夫の背広の中から、浮気相手と泊まったとしか思えないホテルの領収書も出てきました。

ついに浮気現場を激写!ところが…

「これでもまだ、完全とはいえない。やはり現場写真が必要かも」と思ったA子さんは、夫が浮気相手と会うと思われる日に、その後ろを尾行することにしました。そしてついに、浮気現場発見!夫は浮気相手の女性と、ラブホテルに入っていったのです。

ホテルに入る瞬間を激写したAさんは、「これで完璧!」と喜び、証拠集めを完了して離婚調停に入りました。ところが…。夫と浮気相手とのメールのやりとりは“君を心から愛している”というような感情的な内容で、「これでは肉体関係を証明できない」と言われてしまいました。浮気相手とのツーショット写真も、「キスシーンだけでは不貞行為とはいえない」と、かなり厳しい指摘。頼みの綱だった証拠集めで揃えたはずのラブホテルの激写も、なんと「1回程度の写真では、法的な不貞行為とはいえない」と、信じられない結果になってしまったのです。

離婚の浮気証拠で最も重要なのは、「肉体関係を証明」すること

肉体関係の証明に有利となる証拠集めとは?

配偶者の浮気を証明することは、ズバリ「肉体関係」があったかどうかを証明することに他なりません。ですからAさんが証拠集めをし、離婚材料として提出したメールのように「君を心から愛している」といったプラトニックな浮気の証拠は、残念ながら単なる参考資料で終わってしまいます。

Aさんがスマホで見つけた「浮気相手とのキスシーン」もまた、肉体関係を証明するものにはなりません。それがどんなにリアルなものであっても、浮気の証拠としては不十分なのです。また、Aさんが証拠集めで激写した「ラブホテルに入る時の写真」は、非常に有力な決め手とはなり得ますが、それには条件があります。

肉体関係を証明するために、有利となる証拠は?

まず、1回の証拠写真だけでは「ついフラッとその気になってしまった」という可能性が残されてしまいます。確かな浮気であると証明するには、二人がラブホテルに数回出入りした写真を証拠集め。離婚の決め手になるデータとして残す必要があるのです。

また、A子さんはホテルに入った時の写真だけで撮影を終えてしまいましたが、これもまた不十分です。なぜなら、もしもその時に10分程度で二人が出てしまったとしたら、肉体関係を持つことは困難だからです。このように「ほとんどそうに違いないとわかっていても、そうでない可能性がまだ残されている」というのが、不十分な状態の証拠集めの結果となってしまったのです。

こうした場合に一番有力な証拠になるデータ収集の方法に揃えたいのが、ビデオカメラです。ビデオカメラなら、二人がホテルに入った時からずっと撮影を続けておけば、出てきた時に撮り逃すこともありません。ただし、こうした現場の撮影は非常に難しく、また「人権侵害」といった問題にもなりかねません。

浮気現場を撮影したり、メールなどの私有物を探ったりする行為は、たとえ離婚を考えている配偶者といえど人権侵害に問われる危険性を秘めています。そこが個人で行う証拠集めの怖い点です。やはり、浮気の決定的な証拠をとらえるには、その道のプロに相談をするのが一番確実でしょう。

浮気が原因の離婚。まずは弁護士に相談し、今後の進め方を決めましょう

離婚は無料法律相談からスタートするのがベスト

浮気を理由に離婚へと進むためには、まず弁護士事務所の無料法律相談を受けるのがベストです。相手が浮気した証拠集めを自分で行なうにしても、探偵を依頼するにしても、最初は法律の専門家に「離婚をしたい今、自分は何をすべきか」を教えてもらう必要があるからです。弁護士によっては、離婚用の浮気調査を安心して依頼できる探偵事務所を紹介してくれる場合もあるでしょう。

弁護士を探す際は、行政の無料法律相談を受ける方法もありますが、その際には注意が必要です。もしも「弁護士の仕事が入らないので、行政の法律相談を積極的に引き受けている」という人にあたってしまった場合は、かえって相談したことを後悔するケースもあるからです。

それよりは、当サイトの情報を見て「自分に合うかもしれない」と思える弁護士事務所をピックアップし、離婚を専門とする弁護士の無料相談を受けることがお勧めです。できれば2~3件の事務所は、あたってみた方が良いでしょう。何件か訪ねて話をするうちに、自分にとって相性の良い弁護士がどんなタイプか、また自分が今後どのようにしていったら良いかが自ずと見えてきます。そこまできたらもう、「あとは前進あるのみ!」ですね。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP