離婚したら、結婚指輪は返すべき?それとも売って処分する?

離婚してから結婚指輪はどうする離婚のときにどうしたら良いか迷う物のひとつに「結婚指輪」があります。結婚するときにもらったのだから、離婚するときには返した方がいいのか?それとも売って処分するか、いっそのこと捨ててしまうか、迷うところでしょう。さて、本当はどうするのがベストなのでしょう?

結婚指輪を返したい場合は、どうしたらいい?

離婚届と一緒に指輪を返すのが、一番スマートな方法

「やはり離婚した人間のけじめとして、結婚指輪を返したい」と思う人もいるでしょう。その場合、返却するタイミングとして無難なのが、相手に離婚届を渡すときです。離婚届に自分の印鑑とサインをして、指輪とともに相手に渡すのが、一番スマートなやり方かもしれません。

なぜそのタイミングが良いかというと、指輪だけを単独で送りつけると、人によっては「なんでこんなことを!」と怒りを感じてしまうケースがあるからです。

その点、離婚届が指輪とセットになっていれば、相手は指輪よりも離婚届に意識が向くので、指輪が必要以上に相手にインパクトを与えることもありません。指輪だけを送りつけてショックを与えるよりも、これなら相手を傷つけずに、自分自身もスッキリすることができますね。

離婚届の返送と一緒に、指輪が送り返されることもある

ただし人によっては、捺印済の離婚届とともに、自分の結婚指輪を含めた2つの指輪を送り返してくるケースもあるようです。でも、それはそれでしょう。自分としては義理を通したのですから、良しとすべきです。手元に置いておくわけにはいかないでしょうから、プラチナを買い取ってくれる店に売ったとしても、誰にも後ろ指をさされることはありません

結婚指輪は「無償贈与」なので、法律的な返却義務はない

自分自身の経済状況を考えて、冷静な判断を

「離婚したら自分の気持ちだけでなく、法律的にも指輪を返さなくてはいけないのでは?」と気にしている人もいますが、その心配は要りません。結婚指輪は法律的には「無償贈与」にあたるので、返さないからといって罪に問われることはないのです。

離婚の際、特に女性の場合は、経済的に非常に大変な立場に置かれる場合も少なくありません。たとえそれが結婚指輪だったとしても、お金に替えられるものは何でもお金に替えて、これからの生活に備えなければいけないケースもあるでしょう。

毎月の確かな収入がある人や、実家の援助を受けられる人は別ですが、そうでない場合は背に腹はかえられないというのが現実かもしれません。その点をよく考えて、冷静な判断をしましょう。

「離婚をするなら結婚指輪を返せ」と言われたら?

指輪を本当に返すべきなのか、それとも…

離婚相手によっては、別れ際に「プレゼントした指輪を返せ!」と言ってくる人もいるようです。返せと言っているのだから、返さなければいけないと思うでしょう?ところが実際は、それが捨てゼリフである場合も少なくありません。

相手が離婚に対して未練があり、それが不満や怒りとなっている場合は、指輪を返されることでかえってキレてしまうこともあります。郵便や宅配便でドンと指輪だけを送りつけると、自分から返せと言ったにもかかわらず、「嫌がらせのつもりか!」と曲解してしまう人さえいます。

その辺が、結婚したときには愛の証だった筈の結婚指輪だからこその、難しさでしょう。指輪を返すか否かは、くれぐれも相手の性格や離婚に至る状況などを踏まえ、慎重に判断する必要があります。

人によっては、絶対に返した方がいい場合もある

これはごく稀なケースですが、結婚指輪を返さないでいると、「別れたら返すのが常識だ!」と家に乗り込んでくる人もいるようです。もちろんそのようなことをするのは、性格的にも危ない場合が多いのですが、万が一このようなケースに成りかねないときには注意が必要です。こればかりは、離婚相手の性格によって何とも言えませんが、あらかじめ返却しておいた方がいい場合も多いでしょう。

また、離婚相手が経済的に困窮している場合も、「お金になる物は何でも欲しい」という意味で指輪の返却を望むことがあります。その際、こちらとしては返却する義務はありませんが、どう対処するかはその人の判断によります。結婚指輪を返すことで「これで本当に別れたことを実感できる」と思えるなら、速やかに返却するという方法もあるでしょう。

結婚指輪を売ったり、リフォームして使う人もいる

いまや年間20万人以上いるといわれる、日本の離婚人口。結婚指輪の処分に関しても、もう少しドライに「まだ使える物」として扱っても良いのかもしれません。

実は、離婚後は半数以上の人が、結婚指輪を捨ててしまっているとか。でも、結婚指輪の素材として使われるプラチナは、貴金属としての価値も高く、「捨ててしまうのはもったいない」という考えもあるのです。そこで、離婚する人の間でいま増えてきているのが、「結婚指輪を売る」「リフォームして使う」という方法です。

「プラチナ高価買取店」に結婚指輪を売る

「指輪を捨てるくらいなら、売った方がいい」と考えるのは、ある意味資源の有効利用かもしれません。金やプラチナを高価で買い取るお店は数多くありますが、最近は結婚指輪・婚約指輪高価買取専門店なるお店も登場して、売却の選択肢もさまざまあるようです。

お店に直接持ち込むこともできますが、忙しい場合は自宅に取りにきてもらうか、宅配便でのやり取りができるお店を利用すると良いかもしれません。

高価買取とはいえ、当然ながら購入当初の金額とは異なります。

査定額を聞いたときに、「これが私たちの結婚の重さだったの?」と感じて、ガッカリしてしまうこともあるでしょう。でも、それは単なる感傷に過ぎません。家も年月が経てば価値が目減りするように、指輪も中古として扱われるだけの話で、結婚の重みとは何の関係もないのです。

むしろ、「結婚指輪を売ったことで、子どもとディズニーランドに行けた」「ファミレスで豪華な食事ができた」といったようにプラスに考え、これから先に待っている楽しいことのために使うようにしましょう。

結婚指輪をリフォームして、自分好みの指輪に変える

「自分の今の人生があるのも、離婚した相手と歩んできた道筋があるからこそ」そう思えれば、離婚相手に感謝しつつ結婚指輪をリフォームして使うことも、理にかなっていると言えます。

お店で手軽に変身させられる

ジュエリーショップやリメイク専門のリング工房に頼むと、シンプルな結婚指輪も「これがあの結婚指輪?」と思うほど、素敵な指輪に変身できます。

たとえば、結婚指輪と手持ちのジュエリーをミックスして、明るくゴージャスな雰囲気の指輪にすることもできます。直接店舗に出向かなくても、宅配便のやり取りでリフォームができるので、離婚後の忙しい中でも頼むことができるでしょう。

手頃な価格でオリジナルの指輪を作ることができ、カスタマイズすることで昔の想い出も消え、新しい“自分の指輪”として使うことができます。結婚指輪だけでなく、婚約指輪もリフォームして使うことができるでしょう。過去の想い出を捨てるのではなく、新しくリメイクして大切に使うのも、ひとつの合理的な方法です。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP