慰謝料の相場、離婚現場ではどれくらい?いったい幾ら請求できる?

慰謝料の金額

慰謝料の金額には、おおよその目安があるものの、それぞれの事情によって50万円から500万円ほどの大きな開きが出ます。細かい状況を弁護士に説明した上で請求額を決めるのが、賢明な方法です。

慰謝料請求。離婚現場の相場はどれくらい?

慰謝料に限度額はないが、法外な金額請求はトラブルのもと

慰謝料には特に限度額というものはなく、請求する本人が「いくら欲しい」と求めれば、その金額で請求できます。しかしあまりに法外な金額を要求すると、そのことで相手の怒りを買ってしまい、かえって離婚の話がまとまらなくなってしまうケースも少なくありません。

離婚における慰謝料の相場は幅広く、たとえば同じ不倫問題でも、その内容によって100万円から500万円程の開きがあります。不倫をしたきっかけや不倫関係を続けている年月、そのときの相手の態度など、さまざまな要因が絡んできます。

ここでは、慰謝料を請求する際のおおまかな目安をご紹介します。

<慰謝料のおおよその目安>
  • 浮気・不倫 ⇒ 100万円~500万円
  • 悪意の遺棄 ⇒ 50万円~300万円
  • DV(暴力) ⇒ 50万円~500万円
  • 性行為の拒否 ⇒ 0円~100万円
  • 突然離婚を言い渡される ⇒ 0円~100万円

さまざまな要因がからむと、増額または減額されることもある

あくまで目安としての金額を紹介しましたが、たとえばひと言で「不倫」といっても、そこにはさまざまな要因が絡んできます。不倫の期間が長年に渡っていたり、不倫の事実を否認し続けたり、「二度と不倫はしません」と言いながら再び行った場合などは、離婚の慰謝料額が増額されることも多いでしょう。

また、不倫相手との間に子どもがいた場合などは、大きな増額のポイントとなります。慰謝料を請求される側の収入が多い場合なども、高額となる可能性が高くなります。

逆に、不倫相手が心から反省して謝罪をしてきた場合や、不倫のきっかけとなった職場を退職した場合などは、減額される可能性もあります。不倫相手が、このことを知っていてあえてその手を使って減額をしようとする場合などもあり、離婚における慰謝料の数字は相手のずる賢さによっても上下する可能性があります。

このように、離婚にまつわる慰謝料の金額は、その内容によってかなり差異が発生するのが現実です。

<慰謝料を決める際に影響する要素>
  • 慰謝料を請求する側の精神的苦痛が、どの程度あるか?
  • 慰謝料を請求する側が、離婚後にどのような経済状態になるか?
  • 慰謝料を請求する側は、結婚生活を維持するためにどのくらい努力をしたか?
  • 慰謝料を払う側に、どの程度の支払い能力や社会的地位があるか?
  • 慰謝料を払う側は、どの程度強く離婚を望んでいたか?
  • 慰謝料を払う側の暴力や不貞の有責性が、どの程度あるか?
  • 両者の婚姻期間は何年か?
  • 両者の間に子どもはいるか?親権はどちらが取るか?
  • 不貞の場合は 不倫関係の相手との間に子どもがいるか?
  • 不貞の場合は、不倫関係の期間を何年間続けているか?

不倫が離婚原因の場合は、不倫相手にも慰謝料を請求できる

「貞操権侵害による精神的苦痛」に対して、慰謝料の請求ができる

夫(妻)の不倫が原因で離婚に至る場合、妻(夫)は精神的に大きなダメージを受けることになります。そのため、慰謝料は夫(妻)に対してだけでなく、不倫相手にも「貞操権侵害による精神的苦痛」に対して慰謝料を請求できます。

たとえ夫(妻)が不倫相手と積極的に関係を持ったとしても、例外ではありません。どちらが誘っても不倫関係に同意したことは変わらないので、精神的にダメージを受けた立場として不倫相手に慰謝料を請求できるのです。

不倫相手に対する慰謝料の相場は?

夫(妻)に対する慰謝料と同じく、不倫相手に対する慰謝料にも相場というものはありません。たとえば、「自分が味わった痛みを、せめてお金で償うことで不倫相手にもわからせたい!痛みを感じるくらいの金額でなければ、意味がない」と、法外な慰謝料を不倫相手に請求する人がいます。

その場合、同様の事例での慰謝料の目安が100万円だったとしても、400万円の高額な慰謝料を請求するなど、周囲もアッと驚く金額になるケースが少なくありません。

しかし、そうした法外な慰謝料で話し合いや訴訟に臨んだとしても、思い通りに解決することはほとんどないでしょう。離婚の解決を長引かせることは、自分自身にとっても損なこと。むしろ100万円という現実的な慰謝料を突き付けるだけでも、不倫相手は十分に痛みを感じるはずです。

逆に、本当はもっと請求できるのに、控えめな金額しか請求しようとしない人もいます。不倫相手に対して慰謝料をいくら請求するかは、離婚問題に詳しい弁護士から過去の事例などを聞き、相当額を請求するのが一番賢明な方法です。

慰謝料請求にいい結果を望むなら、弁護士に相談を

自分と相性の合う弁護士を見つけましょう

離婚の話し合いは非常にデリケートなので、慰謝料の金額設定に関しては、十分に考えてから決めることが大切です。できれば相手に慰謝料を提示する前に、離婚問題に詳しい弁護士に相談した方が良いでしょう。

弁護士を依頼する場合、やり手の弁護士かどうかということも大事ですが、弁護士と依頼人との相性というのもかなり大きく影響します。「知り合いに紹介されたから」と、相性の悪い弁護士に仕方なく依頼する人もいますが、離婚の話し合いは短くて半年、長ければ2年以上にも及ぶ長丁場。「弁護士の“上から目線”の言い方が、どうしても耐えられない」というようなストレスを感じながら、我慢して付き合うのは、精神的にも大変なものがあるでしょう。

まずは当サイトから2~3件ほどの法律事務所をピックアップし、それぞれ訪問をして法律相談を受けてみることをお勧めします。一人に偏らず、数人の弁護士とやり取りをすると、「この人なら信頼して相談できる」と思える弁護士が誰なのかがわかってきます。その人に依頼をすれば、大きな行き違いはなく、スムーズに事を運べます。

自力で慰謝料を受け取ったAさんの場合

慰謝料のやり取りを自力で行う場合は、よほど強気でかからないと、相手が抜け道を作って逃げてしまう可能性があります。弁護士に相談をすると、それなりのお金もかかりますが、結果的には満足できる慰謝料を受け取ることにつながるでしょう。

しかし、中にはAさんのように自力で何とか頑張り、慰謝料を受け取ったパワフルな人もいます。相手にずる賢さがなかったという点では、ラッキーな人といえるかもしれません。

Aさんは夫が長年にわたって不倫をしていた事実を知り、離婚を決意。証拠を集めるために、夫と不倫相手のメールでのやり取りや、ホテルの領収書、夫を問い詰めたときの自白の録音などを手に入れました。そして不倫相手の女性に電話を入れ、「私が何を言いたいかわかるでしょうけれど、慰謝料のことについて話をしたいから、自宅か職場で会いましょう」と、はっきりした口調で伝えました。

不倫相手は気弱な性格の人で、「このことは、お願いだから誰にも言わないでほしい。30万円で手を打ってもらえないか」と、泣きながら懇願しました。Aさんは承諾し、「今後一切Aさんの夫とは連絡をとらない」という旨の示談書を書いて、それを元に離婚調停を起こしました。

結果的にAさんは元夫から300万円の慰謝料を受け取り、離婚へと踏み切ったのです。

Aさんのような事例は、極めてレアケース

Aさんのようにたくましく夫や不倫相手と渡り歩き、調停もこなしてしまう人も中にはいますが、これは極めてレアケースです。自力で何とかしようとする人の多くは、決定的な証拠がつかめなかったり、途中で心が折れてしまうなどして、満足できる慰謝料をもらうことができずに離婚してしまうのが実情です。

離婚を機に法律問題に初めて関わった人は、「夫(妻)が全面的に悪く、自分は正しいのだから、正義は必ず勝つはず」と思い込みがちですが、それは非常に甘い考え方と言わざるを得ません。実際に慰謝料をめぐる離婚訴訟が泥沼化する事例は、数えきれないほどあるのです。「離婚をして慰謝料をもらう」と決めた以上は、強い心で万全の策を考えるのがベストの方法です。

そういう意味でも、自分と相性のいい弁護士と出会うことは、慰謝料獲得のために最も大事なポイントです。話が難航してからではなく、離婚相手に慰謝料の話をする前から弁護士に相談し、準備を整えていった方が良いでしょう。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP