離婚慰謝料の請求でトラブルにならないためのポイント~弁護士への相談と証拠集め

別居中の婚姻費用

「こんなにひどい目にあったのだから、相当の慰謝料をもらわないと」と考える妻、「今まで養ってやったのは誰だと思っているんだ」と考える夫。離婚の慰謝料をめぐるトラブルは、やり方を間違えると泥沼化してしまいます。慰謝料の請求は、ポイントを押さえて賢く進めましょう!

離婚の慰謝料請求に長けた弁護士に相談する

自力で慰謝料を請求するのは、かなり厳しい

不倫や暴力、生活費を渡さないなど、慰謝料を請求する理由はさまざまあります。たとえば夫の不倫が発覚し、妻が「離婚をするから慰謝料を300万円欲しい」と夫に直接請求し、夫側は「とんでもない。不倫などしていない」と大揉めになってしまうケースも少なくありません。

このような慰謝料トラブルの多くは、弁護士を介さずに本人同士で何とかしようとした場合に発生しています。「弁護士に依頼をすると高くつくから、できれば自力で解決したい」と考える人もいるのですが、それには相当の覚悟と法律的な知識、そして手際の良さが必要でしょう。特に相手が弁護士を付けてきた場合などは、かなり苦戦を強いられる可能性が大です。

もちろん、自力で調停に臨んで慰謝料を獲得できるケースが、無いわけではありません。たとえば夫の不倫が原因で慰謝料を請求する場合は、探偵のように不倫現場の撮影をしたりして、証拠を押さえる必要があります。慰謝料請求に至る事情を時系列でこと細かく記録し、なおかつ調停委員をきちんと納得させられる文章も書かなければなりません。それらをすべて自分自身の手でできる自信があるなら、ひとりで立ち向かうこともできるでしょう。

弁護士には、調停の段階から相談した方が賢明

しかし、多くの場合は完璧にやったつもりでもどこかが抜けてしまったり、精神的にきつくなってしまうなど、後から「やっぱり弁護士に相談をすれば良かった」と思うケースが少なくありません。「調停は自力で闘って、それがダメなら裁判の時点で弁護士に相談する」という人もいるのですが、実はそれも微妙なところです。

裁判の審議には調停でのやり取りが大きく関わるため、「調停の段階から弁護士が関われば、結果が違っていたかもしれない」ということも、往々にして起こり得るのです。

弁護士費用は確かに安くはないため、躊躇する気持ちはとても良くわかりますが、良い結果を出すためにはそれなりの費用もかかるということは考えておきましょう。

弁護士には“依頼”ではなく、“相談”からスタート

最初から「弁護士と話をするときは、依頼をするとき」と思い込んでしまうと、とても気が重くなってしまいます。そうではなくて、「自分自身の状況を説明して、専門家のアドバイスを受ける」という気持ちで弁護士事務所を訪ねる方が、敷居が高く感じません。

たとえば、「夫が長年不倫関係を続けていて、ここ1年間は家に帰らず、愛人の家に寝泊まりしている。愛人の居場所は知っているが、証拠写真などは持っていない。自分は離婚を決意しており、新しい人生の再スタートに向けてはお金も必要。慰謝料と子どもへの養育費を請求したい」というような内容を、弁護士に包み隠さず話してみることです。

離婚問題に詳しい弁護士であれば、それに対して過去の成功事例などから「調停まで進まなくても、弁護士が間に入ることで話がまとまることも多い」など、的確な方法をアドバイスしてくれるでしょう。状況次第では、弁護士にベストの方法を教えてもらうことで、自分自身で段取りを立てて解決できるかもしれません。

弁護士を探す際は、当サイトで慰謝料問題に強い弁護士を見つけ、まずは法律相談から受けてみることをお勧めします。1カ所ではなく、2~3カ所の弁護士事務所を訪問し、一番自分と相性のいい弁護士を選んでも良いでしょう。

「手持ちのお金がないので、弁護士を頼めない」という場合は、国の司法支援センターである「法テラス」から、無利子で弁護士費用を立て替えてもらうことも可能です。

離婚慰謝料の話を持ちだす前に「証拠集め」を

不倫に対する慰謝料請求には、証拠が必要

不倫が原因で離婚をする際は、相手に対して慰謝料を請求することができます。しかし、慰謝料を請求するにあたっては、請求する金額が妥当だと納得させられるだけの証拠が無くてはなりません。証拠がなければ、離婚相手が「不倫はしていない」と言えば、それで話が終わりになってしまうからです。

夫(妻)が何月何日にどこで何をしたか、その日に不倫相手との間にどんなメールのやりとりがあったかなどを、時系列で細かく記録しておきましょう。

不倫の証拠となる可能性があるもの
  • ラブホテルに出入りをしたビデオ映像や写真
  • 密会しているときに録音した音声
  • 不倫現場の写真
  • 夫(妻)と不倫相手がやり取りをしたメール
  • ホテルの領収書 など

たとえばビデオ映像などは、二人がホテルに入ったときだけではなく、入ってから出るまでの時間がどのくらいかかったかも大切です。入ったときの映像があるだけでは、いったいどのくらいの時間ホテルにいたのかがわからず、短時間滞在しただけでは不倫の事実と認められない場合があるからです。

また、二人がホテルに行った回数も一度だけではなく、複数回あった方が、確実に証拠として認められる可能性が高いでしょう。このような撮影には、プライバシーの侵害などとも関わってくるため、よほど用心してやらなければなりません。できれば弁護士に紹介してもらうなどして、信頼できる探偵に依頼した方が賢明です。

DV(身体的暴力)対する慰謝料請求にも、証拠が必要

DV(身体的暴力)が理由で慰謝料を請求する場合、離婚相手がその事実を認めれば問題はありませんが、「はい、暴力をしました」と素直に認めるケースはほとんどありません。そうなると、慰謝料請求は調停や裁判によって決まる可能性が濃厚となります。

調停や裁判では、DVの証拠となるものを求められます。何月何日にどこで暴力を受け、どんな傷を負ったかなどを、時系列で詳しくまとめておきましょう。

DVの証拠となる可能性があるもの
  • 医師の診断書
  • 暴力によって怪我をした部分の写真
  • 暴力を受けて散らかっている部屋の写真
  • 暴言を吐いたときの映像や録音
  • 脅しの証拠になるメールや手紙
  • 自分自身の日記 など

証拠集めは、相手に慰謝料の話を持ちかける前に行うのが鉄則!

証拠集めは、絶対に離婚相手に慰謝料の話を持ちかける前にしなければなりません。なぜかというと、相手が慰謝料を請求されることを知ってしまうと、当然ながら不倫や暴力などの事実をなかったことにしようと企てるからです。

たとえば不倫現場を撮影しようと思っても、相手としては「証拠を握られては大変!」と当分の間密会しないようにするでしょうし、会ったとしても絶対に覚られない方法を工夫してくるはずです。暴力を振るっていた相手も、しばらくは嘘のように大人しくなって、証拠をつかめなくなる可能性が高くなります。

「あんなひどい裏切りは、絶対に許せない。今すぐにでも、三下り半を突き付けてやりたい!」という気持ちは本当によくわかるのですが、“負けたふりをして後で勝つ”ということも人生にはあります。くれぐれも離婚を希望していること、慰謝料を請求しようとしていることは、すべての準備が整った後で打ち明けるようにしましょう。

慰謝料の相場を把握し、適正額を請求する

相場を大幅に上回る請求は、トラブルのもと

夫の不倫やDVに苦しみ続けてきた妻の中には、「私がこれだけ苦しんできたのだから、これくらいもらうのは当たり前」と、ガンとして高額の慰謝料を請求し続ける人もいます。しかし、相手が驚愕するほどの法外な慰謝料を請求しても、トラブルが深刻化するだけでしょう。

もちろん、慰謝料が相場に見合った適正な額であれば、相手の収入の高低に関わらず請求することはできます。「相手が無職だから、慰謝料は諦める」というようなことは、裏を返せば「無職なら悪いことをしてもいい」ということにつながってしまうからです。

相手に支払い能力がないと、強制執行もできない

しかし、このときに問題となるのは、相手の支払い能力です。「無い袖は振れない」という言葉がありますが、たとえ裁判で「200万円支払うように」と決まっても、相手に財産や収入が無ければ強制執行もできません。このような場合、「離婚できるのであれば、慰謝料は諦める」という人が多いのも事実です。また離婚相手の収入がかなり低い場合は、経済状況に見合った請求をすることで、相手からの誠意が見える場合も少なくありません。

慰謝料を受け取るのは、パートナーとして正当な権利

逆に、相手に十分な経済的余裕がありながら、「夫が働いて稼いだお金だから」と遠慮をして、不倫やDVなどの事実がありながら慰謝料を請求しない人もいます。しかし、自分がこれまで受けてきた精神的・肉体的苦痛は、決して小さくはなかったはず。夫婦生活を共に生きてきたパートナーとして、正当な慰謝料を請求し、自分自身の今後の生活のために残すことが大切です。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP