離婚調停を弁護士に依頼する【3つのメリット】

離婚協議離婚の話が調停へと進んだとき、弁護士を頼むかどうかで悩む人も多いことでしょう。弁護士を頼めば数十万円の費用がかかりますし、何度も事務所に出向くのは結構大変です。しかし、それでもあえて弁護士に頼むのには、こんなメリットがあるからなのです。

【メリット1】離婚調停の前に必要なアドバイスが受けられる

離婚調停に必要なアドバイスが受けられ、調停を有利に進められる

「裁判なら仕方ないとしても、離婚調停の段階では弁護士を頼まなくてもいいのでは?」と思っている人も多いのではないでしょうか?ところが、それは“素人のあさはかさ”というもの。実際には、離婚調停の申立前から弁護士をお願いしたほうが、たとえ費用がかかっても後になって満足できる結果を生むことができるのです。

その大きな理由が、離婚調停に必要なアドバイスを、その道のプロから受けられることです。離婚調停は、ほとんどの人にとって生まれて初めての体験。「こういう時はこうしたほうがいい」というようなノウハウを、あらかじめ知っている人はほぼ皆無でしょう。多少は自分の努力によって、調停のための事前情報も調べるとは思いますが、法律の世界はたったそれだけで追いつけるほど甘いものではないのです。

そんな時に、法律の頼もしいアドバイザーがそばにいてくれることは、非常に心強いものです。わからないことはすべて聞くことができますし、調停の際に取り返しのつかない失敗をしないよう、事前準備ができます。この「事前準備」をいかにしっかりとやったかが、離婚調停を有利に進める大きなポイントとなるのです。

弁護士に依頼しないで後悔したAさんの場合

Aさんは横暴で暴力をふるう夫との離婚を、もう何年も前から考えていました。一度はそのことで役所の無料法律相談を受けたこともあるのですが、その時にAさんは「それはあなたが間違っている。もっとご主人に優しく接してあげなくては」と諭されてしまいました。

夫に優しく接するようにはしたものの、その後も夫の横暴さは増す一方。「これはもう離婚調停に臨むしかない」と、ついにAさんは離婚調停の申立を行なったのです。ところが、以前に相談した弁護士の印象が悪すぎたため、弁護士は頼まず、ひとりで調停に立ち向かいました。

一方ご主人は冷静に弁護士を立てて調停に臨んだため、準備不足のAさんは十分な慰謝料を取ることもできず、悲惨な結果の離婚となってしまいました。「調停の前にもっとほかの弁護士事務所を訪ねていたら、いい弁護士と出会えていたかもしれないのに」と、後悔するAさんでした。

【メリット2】調停委員とのやりとりをフォローしてもらえる

調停委員の高圧的な態度に、ひとりで立ち向かうのは大変

離婚調停を行う際、依頼人が辛い思いをするのは離婚相手とのやり取りだけではありません。実は、「調停委員の態度にショックを受けた」という人も、少なくないのです。ただでさえ焦燥している依頼人に向かって、調停委員が高圧的な態度を取るなど、自分の価値観を平気で押し付けてくるケースも多々あります。

そんな時に、離婚調停の場に弁護士が同席してくれていると、そこはもう慣れたもの。「調停委員はちゃんとした判断をしてくれる筈」と思い込んでいる依頼人が、思わず調停委員に反発して収拾がつかなくなることもなく、その場がなるべく依頼人にとって有利になるように計らってくれるでしょう。

離婚調停に見事に失敗したBさんの場合

夫の浮気が原因で離婚を考えているBさんは、浮気の証拠もしっかりと押さえ、万全の状態で離婚調停に臨みました。ところが、調停委員はなぜかBさんの揃えた証拠には目もくれず、「あなたは主婦だし、これからその年齢で離婚しても大変でしょう?離婚は諦め、調停で譲歩した方が良いですよ」と言われてしまい、泣く泣く譲歩をしてしまいました。「やはり離婚調停の時に弁護士が付いているといないとでは、調停委員の態度がちがう。弁護士費用をケチらずに、最初から頼んでいたら良かった」と後悔するBさんでした。

【メリット3】離婚裁判へとスムーズに移行できる

調停から裁判までを一貫して任せられる

1か月に1回、数回にわたって行われる離婚調停ですが、それだけの回数の話が持たれても解決できなかった時は、依頼人の希望次第で離婚裁判へと進むことになります。その際に、もし離婚調停の段階から弁護士を頼んでいれば、すべてを把握したうえでスムーズに裁判に臨むことができます。

裁判が調停と違う点は、相手が言い訳や嘘をついていたとしても、裁判所が公正な判断を下してくれる点です。つまり、離婚調停では結果を有利に運べなかった場合でも、裁判に持ち込めば有利に働くケースも少なくないということです。ところが実際は、調停の段階でうまくいかないと、そのまま諦めてしまう人も少なくありません。

本気で今後の生活を思うなら、裁判に進む選択肢もある

そのような場合でも、もし離婚調停の段階から弁護士が付いていれば、「これは裁判に持ち込めば勝てる内容です」といった的確なアドバイスを受けることもできるでしょう。裁判というと、「そこまでは」と思わず引いてしまう気持ちもわかりますが、本気で今後の生活を大切に思うのであれば、弁護士とともに立ち向かう勇気も必要です。

だからこそ、弁護士選びには慎重の上にも慎重を期す必要があります。当サイトの情報を参考にしながら、人格的にも経験の面でも「この人なら」と思える弁護士を見つけるよう努力をしましょう。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP