慰謝料請求・財産分与も 「より良い未来」を目指して解決します

ネクスパート法律事務所・立川オフィス

相談料
初回相談無料
当日相談
お電話ください
女性弁護士
非所属
夜間相談
可能
土日対応
可能
  • ネクスパート法律事務所・立川オフィス
  • ネクスパート法律事務所・立川オフィスサムネイル0
  • ネクスパート法律事務所・立川オフィスサムネイル1
  • ネクスパート法律事務所・立川オフィスサムネイル2
事務所名 ネクスパート法律事務所・立川オフィス
電話番号 050-5385-4949
受付時間 毎日 24時間
定休日 祝日
住所 〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目32-2 中山本社ビル5F・B
アクセス方法 JR中央線・立川駅から徒歩3分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚
メール受付はこちら

ネクスパート法律事務所・立川オフィスの強みと特徴

いつでも相談しやすい敷居の低い事務所

納得の結果を目指して最後まで親身に寄り添う

ネクスパート法律事務所・立川オフィスは、JR中央線「立川」駅から徒歩3分の便利な場所にある弁護士事務所です。これまで数多くの離婚に関する問題を解決に導いた実績を有しており、いつでも相談しやすい敷居の低い事務所でもあります。

仕事帰りの方も相談しやすいように平日の朝9時から夜21時まで面談を実施。事前に予約していただければ、土日祝日の相談も可能です。

弁護士に相談したことは、他の人に知られることはまずありません。相談者の皆さまにとって身近な存在となるために、気軽に相談のしやすい雰囲気を作りながらお話をじっくりと伺うことから始めます。そして、お気持ちやご要望を十分に理解し、満足いただける結果を目指して最後まで親身に寄り添ってまいります。

依頼者の希望をうかがい、想いを大事にご対応

当事務所は、不倫・不貞行為に関わる慰謝料請求をはじめ、離婚・男女問題に関するお悩みの解決において幅広く対応が可能です。依頼者の方のご希望をうかがい、想いを大事に丁寧に対応させていただきますので、いつでも遠慮なく相談にお越しください。

離婚問題を弁護士に相談するメリットは?

示談の内容が不当に不利になることを防げる

弁護士に依頼することで、たとえば示談の内容に入れておくべきだった事柄が漏れてしまう…といった心配がなくなります。また気づかぬ間に、示談の内容に不利な事項が設けられていた…ということも防ぐことができます。示談したあとに、条件について後悔してももはや遅いのです。あとで悔やむことのないよう、弁護士に依頼することをおすすめいたします。

不貞・不倫の慰謝料問題に豊富な経験とノウハウ

当事務所は離婚に関するあらゆる問題にご対応可能ですが、なかでも不貞・不倫の慰謝料問題に豊富な経験とノウハウを有しています。たとえば慰謝料問題において、「いつ何をするのが適切なのか」をご自身で判断することは難しいことだと思います。

その点弁護士は、自身の経験や判例をもとに、「どういう証拠」を集め、「どのタイミング」で相手方にどのような主張をしていくか、などの最適な判断ができます。当事務所では、男女問わず、慰謝料を請求する側、請求されている側いずれのご依頼をこれまで数多く受けており、不倫の慰謝料請求の年間相談件数1,000件以上と豊富な実績があります。

請求したい側の弁護士費用は、着手金の成功報酬型、請求されている側の減額交渉は独自の着手金返還保証制度を採用しており、多くの依頼者の方に満足をいただいています。不倫慰謝料問題は当事務所の最も得意とする分野といえますから、お困りの方はぜひご相談ください。

離婚を決めたら、一度弁護士に相談を

離婚に向けて「行うべきこと」をアドバイス

慰謝料請求の問題にも関係しますが、もしも「離婚する」と決めたなら、まずは一度弁護士に相談されるほうが良いでしょう。とくに相手の不倫が疑われる場合など、あとのことを考えれば、不貞行為を立証するための証拠の収集は極めて重要な事柄となるものです。

その場合、同居段階から一度相談をいただくと、確かな証拠の収集の仕方など、状況に見合った的確なアドバイスが可能になります。

財産内容をもれなく把握しておくことも大事

ほかに、財産分与の請求が必要な場合にも、財産内容の正確な把握に努めるために、同居段階だからこそできることは数多くあります。

たとえば財産分与であれば、生命保険の解約返戻金や有価証券、対象にできる退職金などがないかを把握していくことが重要です。なかには、相手側が財産内容を開示してくれないようなケースもあり得ます。適正な財産分与を行うには、夫婦共有財産をもれなく把握していくことが不可欠ですから、ぜひ早めに弁護士にご相談ください。

離婚問題を解決していく上では、何よりも依頼者の方の離婚後の生活の不安を取り除くことが重要です。だからこそ、慰謝料、財産分与などの金銭的な要求をきちんと行うことはおのずと大事なのです。ぜひ早い段階で相談をいただくことをおすすめします。

離婚調停では弁護士のサポートが大事になる

法的な裏付けのもとで主張を伝えられるメリット

こうした財産分与や慰謝料、また婚姻費用や養育費の金額は、話し合いや交渉の仕方によって変わってくる要素が少なくありません。また、主張すべき必要な項目を見落としてしまうと、そのまま金額に直結してしまうことがありますので留意が必要です。

たとえば、離婚調停においても、弁護士がそばについていることで、ご本人の主張を法的な裏付けのもとで明快に調停委員に伝えることができます。ご自身だけでは、とかく感情的な話に終始してしまうことも多く、言いたいことがうまく調停委員に伝わらないケースが少なくありません。

その点、弁護士が代理人として帯同していることで、あらゆる質問にも慌てることなく対応でき、調停委員に対するアピール力も大きく上がります。また、精神的な面での心強さや安心感が得られる点でも大きいと思いますので、離婚調停においては弁護士のサポートを受けることをお考えください。

離婚に際して重要な「子どもの問題」

親権・面会交流の問題にも親身にご対応

離婚に際して、言うまでもなく子どもの問題は重要です。なかでも大きなものが、親権の争いということになります。子どもの親権については、「監護の継続性」の観点からも、それまで子育ての中心が母親であれば、父親の親権獲得は難しいのが一般的です。

親権を取ることが難しいときには、子どもと定期的に会っていく「面会交流」を決めていくことが必要です。子どもにとっても、両方の親に会うのは大切な権利ですから、ご要望に沿うことを目指しながら解決をはかっていきます。

親権に関する問題は、お子さんの気持ちを考える上でも、常に慎重に進めていくことが欠かせません。面会交流の獲得も含め、依頼者とお子さんにとって最適な解決に至るよう、最後まで親身にご相談に乗ってまいります。

ネクスパート法律事務所立川オフィスからのメッセージ

「より良い未来をお渡ししたい」という想いで寄り添います

当事務所では、離婚問題で依頼を受けたすべての方に、よりよい未来をお渡ししたい、という強い想いがあります。そのためにも、前向きな気持ちで人生のリスタートを切れるような解決を図ることがとても大事だと考えています。

離婚に関するより良い条件はもとより、気持ちにしっかりと寄り添い、この先の人生を見据えて元気になっていただけるようサポートしていきますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

所属弁護士

白井 城治(しらい じょうじ)

白井 城治(しらい じょうじ)

登録番号 No.56182
所属弁護士会 第二東京弁護士会

弁護士費用

交渉のみの場合

着手金 22万円
成功報酬 22万円+11%

調停の場合

着手金 33万円
成功報酬 33万円+16.5%

裁判の場合

着手金 33万円
成功報酬 報酬33万円+16.5%

※料金はすべて税込み価格です。

アクセス

東京都立川市曙町2丁目32-2 中山本社ビル5F・B

〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目32-2 中山本社ビル5F・B

事務所概要

事務所名 ネクスパート法律事務所・立川オフィス
代表者 白井 城治
住所 〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目32-2 中山本社ビル5F・B
電話番号 050-5385-4949
受付時間 毎日 24時間
定休日 祝日
備考
メール受付はこちら

その他の東京都の離婚に強い弁護士