離婚後の前向きな人生を見据え、 最適な解決策をご用意します

麻布龍土町法律事務所

相談料
当日相談
女性弁護士
夜間相談
-
土日対応
-
  • 麻布龍土町法律事務所
事務所名 麻布龍土町法律事務所
電話番号 準備中
受付時間
定休日
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-Seven Roppongi8階
アクセス方法 四ツ谷駅から徒歩2分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

麻布龍土町法律事務所の強みと特徴

離婚問題に400件以上の相談実績

状況とご要望に合わせた柔軟な解決策をご提案

港区六本木の「麻布龍土町法律事務所」は、四ツ谷駅から徒歩2分の場所に位置するアクセス便利な法律事務所です。代表弁護士の安田剛は過去に400件を超える離婚・男女問題の相談をお受けし、豊富な経験を蓄積。在籍する2名の弁護士が相談者のお話を丁寧に聞くことを心掛け、気持ちよく話をしていただくことを重視してご対応しています。

当職はこれまでに、女性側、男性側、双方の立場に立って様々な案件を取り扱い、離婚問題においてポイントになりがちな点を熟知しています。培ったノウハウを駆使して、ご相談者様の状況とご要望に合わせた柔軟な解決策をご提案します。

離婚問題の解決は弁護士との相性も重要

初回相談は無料!まずは何でもお話しください

離婚に関するトラブル解決は、数ある法律問題のなかでも、解決までにある程度の時間を要する分野といえます。離婚協議から調停、さらには裁判に至る場合にはなおさら、弁護士が長期にわたって依頼者の方をサポートしていくことになります。そのため、依頼者の方にとって、弁護士との相性は大切な要素で、そうした見極めをご相談時にしていただくことも大切と感じています。

その意味でも当事務所では、初回のご相談は無料でお受けしており、まずはじっくりとお話をお聞かせいただきたく思っています。もしも初回面談で少しでも不安があれば、いったん持ち帰ってご検討していただいて構いません。その上で、本当に任せられる弁護士だと思ってもらえれば、ぜひご依頼いただければと思います。まずは一度気軽な気持ちでご相談ください。

離婚問題を弁護士に依頼するメリットは?

法的な観点を交えて納得のいく着地点を示します

もしも離婚に直面することになったとき、弁護士に相談をいただくことで、気持ちの整理が一人で行うよりもスムーズに進められます。ご自身だけでは心理的負担も大きく、ストレスに翻弄されて離婚後の前向きなスタートにつながらないことがあります。逆に相手への情に流されてしまい、主張すべき内容が強く言えないようなケースもあり得ます。

そうした状況を回避するためにも、相手方と交渉する役割は、弁護士などの第三者に任せてしまったほうが得策で、心理的負担も軽くなると思います。加えて弁護士は、法的知識を備えた交渉のプロであり、専門的なノウハウを有しています。法的な観点を交えながら納得のいく着地点を示すことができますから、ぜひ弁護士のサポートをお受けください。

離婚協議・離婚調停を親身にサポート

協議離婚で解決に至ったご依頼事例も多数あり

離婚の話し合いは、最初は「離婚協議」から始まり、それでは合意が難しいと判断されるときには裁判所での「離婚調停」に話し合いの場が移されることになります。当職はこれまで協議離婚の成立によって解決に至った事例も数多く有しており、話し合いの状況に沿って、最適な手段を選んで着地点を探していきます。

離婚調停を優位に進めていくための確かなノウハウ

いっぽう離婚調停では、弁護士へご依頼いただくことで適正な条件での離婚へと進みやすくなります。離婚調停は調停委員を間にはさんで当事者間の話し合いが進められますが、調停委員は必ずしも法律の専門家というわけではありません。第三者だけに話をしやすい面がある一方で、議論の整理や、解決案の提案については必ずしも法律的に正しいとは限らないのです。

そのため、調停委員からの提案などを正しく判断するためには、弁護士を調停に同席させることが望ましいと言えます。たとえば当職は、調停委員に与える印象や言葉遣い、調停の場での雰囲気の作り方など、どのような点に留意していけば有利に進めていけるかを経験上よく知っています。

ご自身にとっては言いにくいことも、代理人である弁護士が代弁することができ、言いたいことを法的根拠にもとづいて冷静に主張できる点でもメリットがあります。ご自身は出席せず弁護士に任せていただくケースも含め、納得のいく形で離婚調停での話し合いを進めるには、ぜひ弁護士をご活用ください。

当職は直接の面談のほか、オンライン面談やメール、電話などあらゆる方法を使い、継続的なコミュニケーションを大事にしながら調停をサポートいたします。

離婚後の生活を見据えて問題を解決

婚姻費用や養育費は個別の事情を金額に反映

協議・交渉、また裁判によって決めていくべき離婚条件には様々なものがあり、お金の問題は婚姻費用(別居時の生活費)や養育費、財産分与や慰謝料、年金分割など、離婚後の生活を見据えても重要なテーマとなるものばかりです。

たとえば婚姻費用や養育費は家庭裁判所の算定表に準じるのが基本ではありますが、実は個別の要素を反映させていくことで、所定の金額に上乗せや減額ができていく場合もあります。特に養育費は、離婚後も長期間にわたっての支払いが生じる重要なお金です。こうした修正要素をもたらすのは弁護士ならではのノウハウですから、ご自身で安易に妥協してしまわずに早めにご相談ください。

慰謝料請求・財産分与の問題にも注力

不倫相手への慰謝料請求や減額交渉にもご対応

不貞の慰謝料を請求されている場合は、金額を重視するのか、スピード解決を求めるのかなど、何を重視するのかで進め方が異なってきます。当職は、不貞の慰謝料に関しては、請求する側・される側の両方の事件を数多く担当してきており、金額的に適正な解決はもちろん、依頼者様のご希望をなるべく汲み取った解決を目指します。

ちなみに当事務所では、不倫相手への慰謝料請求や、慰謝料を請求された際の減額交渉にも確かな経験・実績を有しています。離婚の絡まない、いわゆる男女問題にも注力していますのでご相談ください。

適正な財産分与には事前の資料収集が大切

財産分与は慰謝料よりも高額となることも多く、今後の生活にも大きく影響するものです。先を見越した対応をしておくことで、なるべく損のないよう財産分与を進められるため、資料の収集も踏まえた早めのご相談が大切です。

また不動産評価の問題が生じるケースもあり、専門的なノウハウが必要となりますので、少しでも不安なことがあれば相談されることをおすすめします。

麻布龍土町法律事務所からのアドバイス

まずは一度、無料相談を気軽にご利用ください

離婚の問題は、直面する様々な問題やハードルをクリアしていくことはもちろん、大事なのはその後の人生にまでしっかり目配りをしながら、最適な解決策をご用意することです。長期的な目線をもちながら向き合うことを大切に、親身にサポートしてまいります。

離婚問題を一緒に解決していくには、やはり弁護士との相性は大事な要素です。それを見極めてもらうためにも、まずは一度無料相談を気軽にご利用いただければと思います。

所属弁護士

安田 剛(やすだ たけし)

登録番号 No.45526
所属弁護士会 第一東京弁護士会

アクセス

東京都港区六本木7-7-7 Tri-Seven Roppongi8階

〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-Seven Roppongi8階

事務所概要

事務所名 麻布龍土町法律事務所
代表者 安田 剛
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-Seven Roppongi8階
電話番号 準備中
受付時間
定休日
備考

その他の東京都の離婚に強い弁護士