離婚問題は「人生の相談」 納得のいく解決で再スタートを後押し

大野法律事務所

相談料
5,500円
(税込)
当日相談
お電話ください
女性弁護士
非所属
夜間相談
-
土日対応
-
  • 大野法律事務所
住所 〒961-0957 福島県白河市道場小路91-5 第6大成プラザ2階C室
アクセス方法 白河駅出口から徒歩約4分
新白河駅東口から徒歩約28分
  • 電話受付可能
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

大野法律事務所の強みと特徴

離婚問題に豊富な経験と実績

ご自身の要望を踏まえながら丁寧に解決

「大野法律事務所」は福島県白河市にある地域密着型の弁護士事務所です。地元出身の代表弁護士・大野貴雄が事務所開設以来、15年以上にわたって地域に根付いた活動を行ってきました。離婚の分野についても、これまで数多くの経験・実績を有しています。

離婚に関するご相談は、どうしても感情的なものが先に立つことが多々あります。相談者の話をじっくりとお聞きすることで、不満や不安、怒りなどのお気持ちを取り除くことに努めます。そのあとで、離婚について何を優先したいのかというご要望についてお聞きしていきます。

たとえば財産分与や慰謝料といったお金の問題なのか、親権や養育費といったお子さんの問題か…。ご本人自身、何を求めたいのか整理できていないこともありますから、一つひとつの事柄について丁寧に話をうかがってまいります。

離婚とともに「人生」を考える

人生相談のスタンスで相談者の話を傾聴

離婚問題のご相談は、文字通り人生相談のようなお話になることが多々あります。離婚は新しい生活のスタートでもありますから、それをできるだけ良いものにするための視点が欠かせません。どうすれば、今後より幸せな生活を始めることができるのか。離婚後の収入など経済的な面は大丈夫か。…そうした「人生」を考えていく視点を大事に、つねにアドバイスしています。

別居する前の「同居の段階」から一度ご相談を

もしも離婚を考える段階になれば、同居の段階からご相談にいらしていただくほうが良いでしょう。もしも相手に不貞・不倫が疑われるような場合は、そのことを立証するための証拠が必要になります。別居してしまうとそうした証拠も集めにくくなりますから、早めに弁護士に相談をいただき、しかるべきアドバイスをお受けになることをおすすめします。

また、財産分与が生じるような場合も同様です。離婚にあたって、相手側が財産内容を開示してくれないようなケースもあり得ます。財産分与においては、夫婦の共有財産をもれなく把握することが欠かせず、もしも財産隠しのようなことが疑われるなら、弁護士に依頼をいただければ様々な調査の仕方もあり得ます。

正確な調査のためにも、その手がかりになるような資料の確保などが必要になりますから、離婚を検討する際には、同居の段階から一度ご相談いただければ幸いです。そうしたアドバイスも、弁護士のほうからご提供することができます。

離婚は、できるだけ当事者双方の合意による解決が必要

夫婦間での協議で双方納得いく解決が理想

離婚は、これまで継続的で密接な関係にあった家族関係のこれまでを精算するものですが、同時に今後の関わり方を決めるものでもあります。特に、お子さんがおられる場合には、離婚後も親子の関係は続くのですから、離婚後お子さんとどのように関わるのかが重要となります。どちらの親が子供を引き取るのか(親権者の指定)、親権者とならない親の経済的負担(養育費)や子供とのふれあい(面会交流)など夫婦で取り決めなければならない問題は様々です。

離婚届けを提出できれば全て解決とはなりません。

離婚にあたりそれに付随する問題についても取り決めをし、さらに取り決めたことが今後もスムーズに実施されるようにするためにも、夫婦間での十分な協議をし、双方納得の上でまとまることが理想です。

協議が難しければ離婚調停で迅速な解決を目指す

しかし、離婚というこれまでの夫婦関係を精算するという性質上、夫婦間には相当な感情的対立が生じていることが多く、夫婦で直接話し合おうとしても感情的になってしまい、なかなか冷静に進めることができません。夫婦どちらかの暴力(DV)が原因の場合には、直接会って話をすることも簡単にはできません。

そのようなときは、裁判所に調停を起こし中立的な第三者(調停委員)に間に入ってもらって話し合いをすることとなります。第三者である調停委員に自分の意見を聞いてもらうだけでも、気持ちが整理され、解決に向けて前向きに考えることができるようになりますし逆に調停委員による客観的な意見を聞くこともできます。DVの問題がある場合には,夫婦が直接会ってしまうことなく話し合いを進められるような配慮もしてもらえます。

そして、夫婦双方の意見を聞いてもらい、対立点や歩み寄れる点を整理してもらって解決案を示してもらえれば直接の話し合いよりも迅速かつ双方納得の上で離婚することができるようになります。

迅速な解決が困難な場合には、弁護士を代理人につけて

調停において自分の意見や主張を十分に伝えるために

離婚調停は、裁判所の手続きとは言え、話し合いによる解決ですから弁護士を付けなくとも利用することは可能ですが、自分の意見や主張を十分に伝えきれないケースもあり、また、調停委員が自分に不利な内容の意見や説明をしてくると、相手の方に肩入れしているのではないかという疑いを持ってしまうこともあります。

そのようなときは、弁護士を付けるとより説得的に自分の意見を調停委員に説明できますし、相手や調停委員の意見についても、弁護士の助言の下、受け入れるべきかそうでないかという判断を的確にすることができます。

養育費、慰謝料、財産分与といったお金の問題については状況に見合った適切な額というものがあるので、弁護士のサポートがあればそれを明確に知ることができ、もらえるべきお金をもらえなかったり不当に多く支払わされたりという不利益を被ることもなくなります。

離婚裁判は弁護士が必要不可欠

調停でも解決できず、離婚裁判を起こすということになると,弁護士は必要不可欠のものとなります。

裁判では調停と異なり、自分の要求する内容・状況の説明は、全て書面を作成して裁判所に提出しなければなりませんし自分の主張の正当性を裏付ける証拠資料も準備しなければなりません。しかも、裁判官から頻繁に提出すべき書類や証拠について要求が出され、かつ、指定された期限内に対応しなければなりません。

訴状にしろ、相手の主張に対する反論にしろ裁判の資料として意味のあるものにするためには、押さえなければならないポイントがあり、これを外してしまうと、予期せぬ不利益を被る危険があります。しかし、裁判となると専門用語も多くなり問題となる争点が法律のどの条文に関するものであるのかも把握していなければなりませんので、そのポイントを押さえるということが簡単には行きません。

裁判所に提出する書類の作成については、弁護士は高度な訓練を受けたプロですから期限に送れることなく、かつ、しっかり的を射た書類を提出できるようにするためには弁護士のサポートが必要不可欠となるのです。

大野法律事務所からのアドバイス

心残りや後悔のない、納得できる解決を目指します

離婚は人生において、とても大切な決断であり、次の人生を前向きなものにしていくための大事なスタートラインでもあります。それだけに、十分な納得がともなうものにする必要があり、心残りや後悔があってはならないものだと思います。

当事務所では、依頼者の方の想いをしっかりと受け止め、納得のいく解決に向けて最善を尽くします。いつでも相談しやすい敷居の低い事務所ですので、まずは気軽な気持ちでご相談ください。

所属弁護士

大野 貴雄(おおの たかお)

登録番号 No.28666
所属弁護士会 福島県弁護士会

弁護士費用

相談料:5,500円(税込)
着手金:11万円(税込)/裁判になる場合にはさらに追加で11万円(税込)
報酬金:詳しくはご相談の際にご説明いたします。

アクセス

福島県白河市道場小路91-5 第6大成プラザ2階C室

〒961-0957 福島県白河市道場小路91-5 第6大成プラザ2階C室

事務所概要

事務所名 大野法律事務所
代表者 大野 貴雄
住所 〒961-0957 福島県白河市道場小路91-5 第6大成プラザ2階C室
電話番号 050-5385-1710
受付時間 平日 10:00~16:00
定休日 土日祝
備考 受任後の打ち合わせについては、ご依頼者様のご都合に合わせて、夜間、土日の対応も承っております。

その他の福島県の離婚に強い弁護士