自分1人で考え込まず 弁護士のサポートを受けて前向きな解決を

法律事務所奥入瀬

相談料
当日相談
女性弁護士
夜間相談
-
土日対応
-
  • 法律事務所奥入瀬
  • 法律事務所奥入瀬サムネイル0
  • 法律事務所奥入瀬サムネイル1
  • 法律事務所奥入瀬サムネイル2
事務所名 法律事務所奥入瀬
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
住所 〒034-0093 青森県十和田市西十二番町11−15
アクセス方法
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

法律事務所奥入瀬の強みと特徴

人の温かみを大事にする法律事務所

離婚後の生活まで見通して問題に向き合う

十和田湖と奥入瀬渓流で知られる青森県十和田市の「法律事務所奥入瀬」の弁護士・保土澤史教です。東京の大学を卒業後、隣りの八戸で勤務弁護士として経験を積み、十和田で開業しました。もともと青森の生まれで、人の温かみや絆の深い故郷の良さを知るにつけ、地元に恩返ししたいという気持ちで仕事をしています。

日頃から相談者お一人おひとりに誠実に対応することはもちろん、いかに親身に相談に乗ってあげられるかを考えながら、じっくりとお話を聞いています。気持ちの部分から寄り添い、離婚後の生活までを見通しながら相談に乗ることを重視。その上で、ご要望を最大限に実現できるよう努めたいと考えています。

当事務所は平日の9時から18時までを営業時間にしていますが、事前に予約や面会のご要望があれば、平日夜間・土日祝日ともに柔軟に対応しています。いつでも遠慮なくご連絡ください。

あとになって後悔しないよう弁護士に相談

ストレスを感じずに解決に向かうことができる

離婚に直面した際に、当事者同士で話し合いをするのは難しい場合が多々あります。離婚に際して決めていくべき条件面は、お金の問題など様々なものがあり、いずれも冷静な視点で協議を行なっていくことが難しいからです。

あとになって後悔しないよう、専門知識をもつ第三者である弁護士のサポートを受けることが肝要で、交渉をお任せいただくことで、ご自身もストレスを感じることなく解決に向かうことができます。

弁護士の視点から適切なアドバイスや助言を提供

もしも離婚を真剣に検討する段階になれば、まずは一度弁護士に相談されることをおすすめします。離婚には様々な悩みの原因があり、ご自身でいくら考えても解決への出口が見つからないことが多くあります。考えを整理して今後の道筋を明確にするためにも、弁護士のアドバイスを受けることは価値があると思います。

相談したら必ず依頼しなければならないということはありませんので、いつでも気軽な気持ちでお越しください。今後の生活や人生に向けてのベストな選択について、弁護士の視点から適切なアドバイスや助言をさせていただきます。

状況やご要望を踏まえて協議か調停かを判断

離婚調停は調停委員が間に入って行う話し合いの場

離婚の話し合いは、任意交渉である「離婚協議」を経て、裁判所での「離婚調停」という流れで進んでいきます(それでも合意に至らない場合は「離婚裁判」となります)。弁護士に相談をいただいた段階で状況を見極め、依頼者のご要望も踏まえながら、協議による決着か、離婚調停を申立てるかを判断していきます。

弁護士のサポートによって的確な主張を展開

離婚調停は調停委員が間に入り、問題の解決を目指していく裁判所での話し合いの場です。ただしこの場合、調停委員はあくまでも中立の立場で、決してあなたの味方というわけではありません。加えて、調停委員は基本的に、できるだけ早期に合意へと導きたいという考えがありますから、どちらかに譲歩を迫るケースが多く見られるのです。

そうなると時として、主張の強くない側が条件面の譲歩を迫られ、その結果、いつの間にか自分にとって不利な内容で話し合いが進んでいく…という状況にもなりかねません。本来我慢しなくて良いことも、「調停委員がそう言うのなら、そうなのだろう」と受け入れてしまうこともあり得るわけです。

弁護士が調停代理人としてサポートすることで、そうした状況になることを防げます。法的裏付けを伴った強い主張として調停委員に伝えることができ、話し合いのペースも相手側に握らせるようなことにはなりません。ご自身の主張を的確に相手側に伝え、後悔しない解決を図るためにも、離婚調停では弁護士のサポートを受けることをおすすめします。

お金の問題は離婚後の生活に直結する

財産分与は当事者間で公平に解決するのは難しい

離婚に伴うお金の問題には、財産分与や慰謝料、婚姻費用や養育費、年金分割など様々な項目があります。いずれも離婚後の生活に関わってくる大事な問題であり、納得のいく解決を図ることがとても重要といえます。

たとえば財産分与の問題は、当事者間の話し合いだけで公平に分けていくのは難しい面があります。財産分与は夫婦共有財産を2分の1ずつに分けるものですが、どのような財産がどこにあるのか、お互いに全容を把握していることはなかなかないからです。

相手が財産を積極的に開示してくれなかったり、隠して出してこない、というケースもあり得ます。そこで弁護士が入ることで、相手への開示請求の効力は高まりますし、裁判所を使った調査嘱託などの方法で調べていくことも可能です。ご年配の夫婦は、退職金や生命保険などが対象になることもありますから、後悔しない財産分与を行うためにも弁護士のサポートをお受けください。

適正な慰謝料請求には証拠の確保が不可欠

その他、相手の不貞やDVなどに伴う慰謝料請求においても、弁護士が介入することで、適正な金額での請求が実現できます。その際には、相手の行為を立証するための証拠の確保が重要で、早めの行動が望まれます。当事務所でも、証拠の収集に関するアドバイスを提供し、依頼者にとって納得のいく金額に近づけるよう力を尽くします。

お子さんのいるご夫婦の悩みもお任せを

親権問題を有利に運ぶには早めの相談がカギ

お子さんのおられるご夫婦の場合、親権や養育費、面会交流などの取り決めは言うまでもなく重要です。親権を得たいと希望されるときは、それまでの監護の実態や実績が判断の大きな材料になってきます。それを覆すのはなかなか難しい面がありますが、安易にあきらめることなく、できるだけ早めに相談されることをおすすめします。

法律事務所奥入瀬からのアドバイス

本当に大事なのは離婚したあとの人生です

離婚に際して当事務所は、主張できる権利は妥協なく主張し、何よりもご自身にとって納得のいく解決を図って差し上げたいという気持ちを強くもっています。とかく、相手の気持ちや立場を考えてしまい、主張に遠慮やあきらめが入ってしまう…という方は少なくありません。その点、ご自身では言いにくいことも、弁護士ならご本人の代わりになって相手側に伝えることができます。

離婚の問題は、解決に向けて考えなければならない事柄がとても多くあります。ネガティブな気持ちで考えてしまうと、建設的な思考や方向性が見えていきにくいものです。本当に大事なのは離婚したあとの人生ですから、できるだけ前向きな思考で判断できるよう、弁護士を上手に活用ください。次の生活や人生に向けての土台づくりのためにも、ぜひ早めのご相談をお待ちしています。

所属弁護士

保土澤 史教(ほどさわ ふみのり)

保土澤 史教(ほどさわ ふみのり)

登録番号 No.46587
所属弁護士会 青森県弁護士会

アクセス

青森県十和田市西十二番町11−15

〒034-0093 青森県十和田市西十二番町11−15

事務所概要

事務所名 法律事務所奥入瀬
代表者 保土澤 史教
住所 〒034-0093 青森県十和田市西十二番町11−15
電話番号 準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考

その他の青森県の離婚に強い弁護士