まずは別居で冷却期間を「離婚に有利になる別居の条件」

別居

別居で夫婦仲が修復されることも

夫婦仲が険悪になってしまった時は、結論を急ぐよりもまずは別居してみるというのもひとつの方法です。

世間体が悪い、お金がかかるといった理由で別居をためらう人もいますが、毎日顔を合わせることで状況がさらに悪化してしまうこともあります。

子どもがいるならなおさらのこと。両親が毎日のように喧嘩している家庭は、子どもの心にとって決して良くありません。

別居を離婚の準備と考えるのではなく本当に離婚したほうがいいのか、頭を冷やして考える期間と考えましょう

しばらく離れて暮らすことによって相手の良い部分が見えてきて、夫婦仲が改善されるケースも少なくありません。もし離婚をするという結論に至った場合でも、離婚後の生活をイメージしやすくなりというメリットがあります。

別居するにあたっていちばんの問題となるのはお金のことです。

専業主婦の場合、別居の間はもちろんなにか仕事をする必要はあります。が、生活費の分担も夫婦の義務なので、収入のある側に婚姻費用として生活費を請求することも可能です。

もし相手が拒否したら、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。

別居するときの注意点

お互いの合意のうえで別居する

夫婦には同居の義務がありますので、お互いの合意のうえの別居でなければ、離婚話が具体的になったときに不利になります。

ただし、DVなどによる場合は、合意なしで家を出ても不利にはなりません。できればDVによる医師の診断書などを用意しておきましょう。

離婚届の不受理申出を提出する

別居中に相手が離婚を迫ってきたとき、勝手に離婚届を出されないように離婚届の不受理申出を提出しておきます。

親権がほしければ子どもを連れていく

離婚後に子どもの親権がほしければ、別居中も子どもを連れていったほうが有利になります。

長期間になる前に決着をつける

子どもの将来のことをなどを考えると、あまりに長期の別居は避けたほうが無難です。離婚の意思がないなら不利になることもあります。

家庭内別居の注意点

家庭内別居をするくらいならばふつうに別居をしたほうがいいです。

ですが、別居ができない状態でやむなく家庭内別居をしなければならない場合、まず気をつけるべきことは、相手を露骨に無視するなどの態度は控えるということ。

子どもは両親の仲が悪いところを見たくありません。

両親の仲が悪いのは自分のせいではないかと自分を責めてしまう子どももいます。

相手は夫婦関係の修復と離婚のどちらを望んでいるのかを知っておき、自分自身はどうしたいのかという気持ちの整理もしておきましょう。

そしてときどきは話し合いの時間を作り、あまり長引かせずに結論を出すようにしてください。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP