不倫をした夫と相手が許せない~不倫相手に慰謝料を請求する方法

不倫相手への制裁

夫の不倫が発覚し、「どうしても許せない」という気持ちになったとき、いったいどんな行動に出ればその思いを晴らすことができるのでしょうか?もしも離婚を考えているのなら、ただ気持ちに任せるのではなく、慰謝料や養育費などのことも含めて冷静な判断をすることです。

離婚をせずに、不倫関係だけを解消させる方法

不倫相手に慰謝料を払わせることで、許せない思いを晴らす

夫の不倫が発覚した場合は、夫に慰謝料請求ができると共に、不倫相手にも慰謝料を請求することができます。「慰謝料が欲しいわけじゃない。夫と相手に不倫関係を解消するという誓約書を書いてもらえれば、それで十分」と考える人もいますが、それだけで上手くいくケースは多いとはいえません。

なぜなら、ただ単に誓約書を書いただけで何のプレッシャーも与えないと、また二度・三度とよりを戻す場合があるからです。誓約書一枚ですぐに解消できるようなら、最初から不倫関係になどならなかったかもしれません。

不倫というリスクを背負ってまで恋愛関係になった二人なのですから、結びつきは独身同士よりも強いはずです。それ相応のペナルティを与えることで、完全に解消される可能性も高まるでしょう。

調停や裁判にかけられる恐怖心から、二度と不倫関係を持たなくなる

「二度と不倫関係を持たない」と約束させるために、そして許せないという自分自身の気持ちを晴らすために、不倫相手に対して慰謝料を請求するのは有効な方法です。相手は慰謝料を取られる苦痛を味わうだけでなく、もし言うことを聞かなかったら調停や裁判にかけられるという恐怖心から、二度と不倫はするまいと思うはずです。

それでも懲りずに不倫を繰り返すようなら、本当に調停や裁判に臨むという方法もあります。不倫をした夫側が勝訴するということは、よっぽどのことがない限りないので、この時点で不倫相手に対する制裁は十分に加えられたと考えて良いでしょう。

不倫相手に慰謝料を請求する方法

不倫相手に内容証明郵便を送る

不倫相手に対する慰謝料の相場は、50万円~300万円が一般的です。当事者同士で慰謝料の話し合いをする場合は、直接連絡を入れて金額や支払い方法を決めますが、相手が応じない場合は郵便局の「内容証明」で慰謝料を請求します。内容証明郵便として送ることによって、誰がいつどのような郵便を出したかという内容を、郵便局が証明してくれるからです。

文面としては、「慰謝料として〇〇万円を請求する。支払いに応じない場合は、〇〇裁判所に対して、慰謝料請求事件の訴訟を提起する」というような内容になります。

慰謝料の請求は、弁護士に相談をするのが賢明な方法

上記のような慰謝料請求で、相手が驚いてすぐに慰謝料を払い、不倫を解消すれば問題はありません。しかし多くの場合、自力で慰謝料問題を解決するのはかなり厳しいものがあり、感情的にもつれてしまう可能性も高いでしょう。

不倫相手に対する慰謝料の請求は、やはり弁護士に相談をするのが賢明な方法です。弁護士が間に入ることで、不倫相手も「これはもう逆らえない」と観念するでしょうし、場合によっては予定していた慰謝料よりも多く請求できる可能性もあります。

不倫相手だけでなく、夫に対する慰謝料も請求すべきか、金額の割合はどうすべきかなども、あらかじめ弁護士に相談しておくことが大切です。当サイトから離婚問題に強い弁護士をピックアップし、数社に法律相談をしてみるのも良いでしょう。

慰謝料請求は調停や裁判に発展することも多いので、最初の段階からしっかり弁護士とスクラムを組んでおくのが、ベストの方法です。

夫との離婚を考えている場合は、慎重に動くことが大切

夫への恨みを晴らすことで、自分が一緒に潰れてしまう危険も!

「私に隠れて不倫をしていた夫が許せない。絶対に離婚してやる!」と思ったとき、理由が理由だけに、夫を苦しませることは簡単にできるかもしれません。たとえば社内不倫の場合であれば、事が明らかになってしまえば、夫と相手を辞任に追い込むこともできるでしょう。

ただし、そこで夫が職を失ってしまうと、離婚調停や裁判などで慰謝料・養育費などを決める際に、「夫に支払い能力がない」と見なされてしまう可能性があります。調停や裁判はそのときの当事者の状況をもとに判断をするので、夫の職を奪うことは、自分自身の墓穴を掘ることにもつながってしまうのです。

「夫が許せない」と思うなら、少しでもお金を多く取ること

「私を裏切った夫が許せない」と思うなら、夫の社会的立場を悪くするよりは、できる限り夫から多くのお金をもらうことに全力を注ぐことです。不倫が原因であれば、少しでも高額の慰謝料を受け取れるよう、あの手この手で策を練りましょう。

不倫関係を証明できるものを、集められるだけ集め、話し合いや調停・裁判を有利にもっていくことが重要です。夫から多額の慰謝料を取ることで、夫は「自分は何というバカなことをしたのだろう」と、今までの不倫行為を心から反省するに違いありません。「夫を許せない!」という妻の思いは、そのことで晴らせるでしょう。

慰謝料を請求する際に有利になりやすい証拠には、次のようなものがあります。

  • ホテルに入ってから出るまでの動画(写真よりも時間の流れが掴めるので、有力な証拠となる)
  • ホテルに出入りをした際の写真(複数回にわたって撮影すると、有力な証拠となる)
  • 肉体関係があったと推測できるホテルの領収書・電話の通話履歴・メール・録音など

不倫の証拠集めは、探偵事務所に依頼するのがベスト

ただし、上記のような証拠を自力で手に入れるのは、非常に困難です。ホテルに行く夫の後を付け、自分の存在がわからないように草陰でビデオを撮るなどという行為は、一歩間違えばプライバシーの侵害で訴えられてしまう危険性もあります。

このような証拠集めは、その道のプロである探偵事務所に依頼をするのが、一番確実で効果的な方法です。写真撮影ひとつをとっても、一眼レフではっきりした写真を撮影した方が有力な証拠になるなど、細かいテクニックもあります。

「探偵事務所は怖いイメージがあり、どこに頼んだら良いのかわからない」という人は、弁護士に相談をすると紹介してもらえるか、良い方法を教えてくれるでしょう。不倫の証拠集めの段階から弁護士と関わっておくと、動かぬ証拠を残せる可能性が格段に高まります。

不倫問題を解決するには、離婚に詳しい弁護士に相談を

当サイトで離婚問題に詳しい弁護士事務所をピックアップ

不倫のいざこざをスムーズに解決するには、離婚問題に詳しく、実績のある弁護士事務所に依頼をするのが、一番賢明な方法です。「弁護士は知り合いの紹介じゃないと、良くしてもらえないのでは?」と思っている人も多いのですが、けっしてそんなことはありません。

今は、弁護士があり余っている時代。各弁護士事務所でも、より親身になって対応し、最善の結果を出すことで顧客満足度を高めようと一生懸命です。当サイトの検索がきっかけで依頼人となった人は、むしろ弁護士事務所にとっても、良い口コミを広めてくれる大切なお客様です。

ためらうことなく数社を訪問し、さまざまなアドバイスを聞いた上で、自分と相性的にも金額面でもピッタリの弁護士事務所を見つけましょう。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP