専業主婦が離婚後のリスクを回避する方法<離婚後の生活費は?>

専業主婦の離婚問題

離婚後のリスクを回避

専業主婦は離婚をするにあたってさまざまなリスクがあります。いちばん大きいのは生活費などのお金の問題です。専業主婦としての期間が長ければ長いほど再就職が難しくなることもあります。子どもがいるなら子どものことも考えなくてはなりません。

離婚後のリスクを回避するには、離婚する前から次のようなことをしっかりと準備しておく必要があります。

離婚後の生活費を確保

自分名義の預金通帳をもっておき、パートに出るなどしてコツコツとお金を貯めておけば離婚後の生活費の助けになります。いつでも離婚できるように数百万円貯めている主婦もいるくらいです。

慰謝料や財産分与は支払われないケースもありますので、そればかりをあてにするべきではありません。

クレジットカードを作っておく

離婚をして無職ということになるとクレジットカードを作るのが難しくなるので、離婚する前に作っておきましょう。クレジットカードというと借金というイメージであまり良く思わない人もいますが、なにかあったときの助けになります。特に離婚してからまだ再就職先が決まらない間は、クレジットカードがあったほうが安心できます。

離婚後の働き先

離婚後は自分の生活費は自分で稼がなくてはなりません。しかし、社会経験のあまりない人だと、急に働きはじめたことで体調不良になったり、大変なストレスを感じてしまったりすることがあります。

離婚の前からパートで働くなどしてある程度仕事に慣れておいたほうがいいでしょう。なにか資格なども取っておくと心強くなります。

離婚後の住む場所

離婚後に実家に戻ることができればいいですが、そうでなければ住むところを探しておかなくてはなりません。まずは働き先を決めておき、なるべくそれに近いところで探したほうがいいでしょう。子どもがいるなら子どもの通う学校のことも考える必要があります。

子どもの親権

子どもがいるならその親権をどちらがもつかを考えなくてはなりません。

息子や娘と離れたくないというエゴだけで親権を主張するのではなく、父と母のどちらについたほうが彼らのためになるのかということをいちばんのポイントにして話し合いましょう。

生活保護を受けるには

離婚をして子どもを引き取ったが再就職先がなかなか決まらず生活が苦しい場合、生活保護を受けるという方法もあります。

生活保護には生活扶助、住宅扶助、教育扶助、医療扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の7種類があります。

受給するには審査を通らなくてはなりませんが、シングルマザーで仕事が決まらず、生活が苦しいなら審査に通る可能性はありますので、まずは役所に相談してみましょう。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP