カードを不正使用されたので離婚したい【明細は保管する】

カード不正使用

カードの不正利用は刑事告訴もできます

配偶者に自分のクレジットカードを勝手に利用されてしまうというケースがあります。たとえ夫婦といえども人のカードを勝手に利用するというのは決して許される行為ではありません。

このような場合、その支払いを免れるのは難しいです。カードの紛失や盗難による不正使用については保険が適用されることがありますが、家族や同居人の不正使用については免責対象とされ、保険は適用されないのが一般的だからです。

支払わずに放置すると延滞情報として信用情報機関に登録されてしまいます。

まずはいったんはカード会社に支払いを済ませる必要があります。そのうえで配偶者に不正使用した分の請求をしましょう。

相手に支払い能力がないなら相手の両親にかけあいましょう。口約束だけにせず、公正証書まで取り付けてなにかあったときはその措置をとれるようにしておきます。それを拒まれたら警察に相談に行ってください。刑事告訴も可能です。

カードの不正理由で離婚するには

これを理由として離婚する場合、裁判で「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認めてもらえるかどうかがポイントになります。

カードを不正使用された証拠はしっかりと残しておきましょう。不正利用された金額が高額で、それによって夫婦生活が破綻していることが認められれば離婚が成立する可能性は高いです。しかし、あまり高額でなければ離婚することは難しいかもしれません。

離婚すると夫婦で財産分与することになります。これはプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産もその対象になります。が、あくまでも夫婦の生活のためなどに借入れた借金だけです。カードの不正使用した分についてはもちろん財産分与の対象にはなりません。

元配偶者にカードを不正使用された

別れた元配偶者に渡したままにしてあったクレジットカードを使用され、自分のところにその請求が届くというケースもあります。

自分名義のカードだけでなく、生計をともにする配偶者と18歳未満の子どもが利用できる家族カードというのもありますが、どちらのカードの場合も支払いの義務は契約者に生じます。これは離婚の前後を問いません。

離婚するときは必ず相手からカードを返還してもらう必要があります。

配偶者の家族カードについては返還してもらったうえでカード会社に解約の連絡をしておきましょう。

すでに別れている相手でもカード会社は家族と見なしますので、その支払いを免れることはできません。まずはカード会社に利用停止の連絡をし、支払いを済ませ、それから相手に支払いの請求をしましょう。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP