不倫が原因で離婚に…慰謝料を確実に少しでも多く取るには【証拠集めと夫婦仲】

不倫の慰謝料を確実に取るには

夫(妻)の不倫が原因で離婚を考える場合は、当然ながら「慰謝料」の請求ができます。ただし、慰謝料の金額は準備の仕方次第でかなり変わるので、事前にしっかりとした用意を整えた上で、離婚話を打ち明けましょう。間違っても相手に覚られないよう、注意することが大切です。

不倫が発覚!まずは離婚の慰謝料について弁護士に相談を

弁護士に相談するとしないとでは、慰謝料の金額に大きな差が生まれる

夫(妻)の不倫が原因で離婚を考え、慰謝料を請求するときは、まず離婚問題に強い弁護士に相談することをお勧めします。「でも、せっかく慰謝料をもらっても、弁護士費用を払ったら金額が減ってしまう」と思うかもしれませんが、現実はそうではありません。

慰謝料の平均的な相場は200万円~500万円ほどと幅広く、この差は実はちょっとした証拠の提示や主張する際の説得力の違いなどで、100万円単位で金額が変わってきてしまうのです。

たとえば自分で訴訟を起こせば200万円しか慰謝料を取れないのに対し、弁護士を間に入れることで400万円に跳ね上がるとしたら、たとえ弁護士費用を差し引いても「やっぱり頼んでよかった」ということになるでしょう。そのくらい、慰謝料の金額というのは流動的なものです。

最初は法律相談からスタート

まずは当サイトから離婚問題に強い弁護士をピックアップし、法律相談から始めてみましょう。そこで事情を話した上で、もしも自力で何とかなりそうだと思えば、弁護士は相談のみに留めることもできます。「弁護士を依頼したいけれど、費用が捻出できない」という場合は、国の司法支援センターである「法テラス」から、無利子で弁護士費用を借りることも可能です。

慰謝料を多く請求するために「不倫の証拠集め」を行う

不倫が原因による慰謝料請求は、証拠集めが鍵となる

夫(妻)の不倫が原因で慰謝料を請求する場合、「証拠」があるかないかで結果はまったく違ってきます。離婚協議の際には、相手を説得する上で必要ですし、調停や裁判となればその証拠が判決の鍵を握る大きなポイントとなるのです。

ただし不倫の証拠集めは、ビデオ機器を持ってホテルの前に張り込むなど、まるで探偵まがいのことをしなければなりません。また、一歩間違うと「プライバシーの侵害」で相手側から訴えられてしまう危険性もあります。

もちろん、自分自身でそれをやり遂げている人がいないわけではありませんが、そのために費やす時間も膨大なものがあります。できれば弁護士に紹介してもらうなどして、信頼できる探偵事務所に依頼した方が賢明でしょう。

不倫の有力な証拠となるのは、不倫現場の映像や写真・録音

不倫の慰謝料請求にとって有力な証拠となるのは、たとえば二人がホテルに入ってから出るまでのホテル前の映像、不倫現場の写真、不倫の証拠となる音声を録音したものなどです。写真はデジカメではなく、一眼レフでしっかりと撮影されているものの方が、より有力な証拠となります。

ビデオで浮気現場を撮影するときは、ホテルに入ってから出るまでを撮影し続けることで、どのくらいの時間二人が入っていたのかがわかります。入ったときの映像だけがあっても、いったい何時間いたのかがわからないため、「15分程度であれば証拠とはならない」といった微妙な判断をされます。

ただしこれらの行動は、完全に探偵まがいの非常に危険な行為なので、自分でやることはけっしてお勧めしません。法的に引っかかる可能性もあり、やはり探偵事務所などに依頼をするのが一番の方法かと思います。

不倫を証明する事実を、離婚準備ノートにまとめておく

離婚を心に決めたら、必ず「離婚準備ノート」を用意し、不倫の証拠となる可能性のある情報は、時系列でわかりやすくまとめておきましょう。たとえば、次のような形です。

8月12日(木) 
  夫と不倫相手が、○○ホテルに宿泊をした。(ビデオ映像あり V-1)
  ※この日、自分は風邪で寝込んでおり、高熱の中で子どもの面倒をみて
  いました。そのことは夫に伝え、帰りを待っていましたが、とうとうそ
  の日は帰ってきませんでした。(➡電話の際の録音あり R-1)
 
8月13日(金) 
  夫と不倫相手がメールでやり取りをした。(➡内容はM-1に記載)

8月15日(日) 
  朝8時から出かけ、不倫相手と軽井沢へ行く(➡写真あり S-1)
  ※休日にパパとお出かけすることを、子どもたちは楽しみにしていまし
  たが、夫はそれを振り切って出かけてしまいました。(録音あり R-2)

いつどこで何があったかをこうしてまとめておき、証拠と一緒に保管しておけば、離婚を決定づける有力な資料となります。離婚交渉のときに本人に見せる場合も説得力があり、調停委員や裁判官などにも好印象を与えます。

メモによって自分の心情を印象付けることも大切

離婚における調停では、事実がどうかということはもちろんですが、いかに調停委員の心情をこちらに向かせるかということも非常に重要です。事実を明瞭に伝えることで、調停に臨むにあたっての自分の一生懸命な気持ちを伝え、調停委員に対する誠意を見せることができます

また、メモには自分や家族の心情的なことも記述し、どのようにして自分が苦しみ抜き、断腸の思いで離婚という決断に至ったかを、わかってもらうことが大切です。このことが調停委員の心をつかみ、結果を左右することにつながります。

メモは時系列で書くため、ルーズリーフのように途中から挟めるものではなく、一冊のノートになっているものを選びましょう。ノートにきっちりと手書きで書き溜めたものは、パソコンで簡単にプリントアウトしたものに比べて、説得力があります。

不倫前は夫婦の関係が良好だったことの証明も残す

「不倫の前からすでに夫婦関係が破綻していた」と責められる可能性も

不倫の慰謝料請求にあたっては、不倫の証拠を徹底的に見つけることも重要ですが、不倫する前の夫婦関係が良好だったことを証明することも必要になってきます。なぜなら、こちらが慰謝料を請求した時点で、相手側から「不倫をする前から、すでに夫婦関係は破綻していた」と訴えられる可能性があるからです。

それに対抗するためには、不倫の事実があった直前に夫婦で撮ったツーショット写真や、旅先で仲良く撮った写真など、二人の仲の良さをアピールできる証拠が求められます。

慰謝料の請求相手に落ち度を攻められないようにする

また、慰謝料を請求された相手は、さらに「妻(夫)にも落ち度があった」という観点から攻めてくる可能性があります。

「妻は私が仕事から疲れて帰ってきてもすでに寝ていて、食事の用意もしていなかった。食器は台所に山のように積まれたままで、遠い道のりを帰ってきても、かえって心が寒々しくなるばかりだった。そんな毎日に疲れ果てていたとき、自分をなぐさめてくれた女性がいて、不貞の道に走ってしまった」というような、半分以上でっちあげのストーリーを作り、少しでも慰謝料を減らそうという作戦に出てくる可能性があります。

このような反撃に負けないためにも、日頃から家事はきっちりとやり抜き、子どもの面倒もしっかりとみて、相手に対してスキを作らないようにしましょう。

都道府県から離婚弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
お一人で悩まずご相談を

離婚問題でお悩みなら弁護士に相談を

  • 少しでも高く離婚慰謝料を請求したい!
  • 離婚後の子どもの親権を絶対に渡したくない!
  • 離婚後の子どもの養育費を確実に受け取りたい!
  • 財産分与でトラブルになっている。
  • 不倫がばれて、高額な慰謝料を請求されている。
  • 離婚はしないで、浮気相手に慰謝料を請求したい。
離婚問題で評判の良い弁護士を探す
弁護士へ相談することに不安が残る方へ
離婚慰謝料は弁護士に相談するべき?
不倫が原因で離婚した場合の慰謝料
離婚を弁護士に相談した場合の費用
離婚の際に子どもの親権を渡さない方法
離婚の財産分与を弁護士に相談すべき理由
離婚後の子どもの養育費はどうなる?

離婚弁護士相談広場は、離婚調停や財産分与でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。離婚関連のコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

離婚問題で評判の良い弁護士を探す
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP