不貞の慰謝料請求に豊富な経験! 要望に応える解決をめざします

関総合法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回30分無料お電話ください非所属可能事前予約の方のみ
関総合法律事務所関総合法律事務所サムネイル0関総合法律事務所サムネイル1関総合法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒164−0001 東京都中野区中野2-11-5吉田ビル4F最寄駅
対応エリア
関東

お電話受付窓口

050-5267-5169

受付時間:平日9:30~21:30

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間はメールフォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

関東

お電話での受付窓口050-5267-5169
受付時間 平日9:30~21:30

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

中野駅から徒歩2分の便利なアクセス

LINEも活用した緊密なコミュニケーション

関総合法律事務所は、JR・東京メトロ「中野」駅から徒歩2分の場所にあるアクセス便利な法律事務所です。離婚の問題では、相談者は感情的になっている方や切羽詰まった状況になっている方が少なくありません。ですから、まずはお客様の話をじっくりお聞きするスタンスを大事にしています。

そのためにも話しやすい状況をつくって差し上げることに留意。相談は初回30分無料でお受けしており、そのまま依頼いただくと相談料はいただいていません。土日祝や平日夜間も事前に予約をいただければ面談OK。当事務所では電話やメールはもちろん、LINEを活用したやり取りも行っています。また法テラスにも対応しているなど、相談いただきやすい環境づくりに努めています。

弁護士ならではの専門的な視点が必要

状況に即した適切なアドバイスができるのは弁護士だけ

当事者同士の話し合いでは、とかく感情的なものに左右されがちで、本来じっくり話をすべきところが、そうならない…というケースが生まれます。その結果、金銭的な条件などで損をしてしまうことにもなりかねません。金額が妥当なのかどうか、ご自身ではなかなか判断できず、弁護士ならではの専門的な視点が必要なのです。

また「訴訟になったらどうなるか?」は弁護士にしかわからないところがあります。最近はネットの情報をご覧になる方も多いですが、その内容がご自身に当てはまるものかどうかは不確かで、安易な思い込みがかえってデメリットにつながることもあり得るのです。

離婚を話し合う上で、あなたの状況に即した適切なアドバイスができるのは弁護士だけです。また離婚問題を弁護士に依頼をすれば、弁護士があなたの代理人になって相手方と話し合いを行うことができます。いずれにおいても,弁護士はあなたの強力な味方になるのです。

相談は早いほうが望ましい

冷静に離婚をとらえ、思いとどまるケースも

弁護士への相談は、早ければ早いに越したことはありません。ひとつのポイントは、別居する前に、一度相談だけでもお越しになることです。財産内容を把握するための資料や証拠など、同居の段階だからこそ分かることもあります。

また、弁護士に相談いただくことで、離婚を思いとどまる…というケースもあり得ます。離婚を考える際に欠かせないのは、その後の生活の見通しがしっかりと立っていること。弁護士に状況をお話しいただくことで、冷静に離婚をとらえ、離婚すべきかどうか、という点まで立ち返って考えることができるのも、早めに相談いただくメリットのひとつでしょう。

離婚調停を前提にしながら粘り強く交渉

依頼者にとってメリットの大きな方法を考える

当事務所では丁寧にお話をうかがい、現在の状況をしっかり把握したうえで最善の解決策をご提案いたします。事案によってはすぐに離婚調停に委ねるのではなく、粘り強い交渉も大切。調停を前提にしながら、交渉でまとめるという方法もあるのです。

つまり、離婚調停が始まるまでには1カ月半程度の時間がありますから、その前に協議でまとまるよう促していくということ。調停で話し合いが長期化するよりも、そのほうがお互いにとってメリットがあると認識してもらうわけです。

離婚調停では弁護士を代理人にすえるべき

なかなかまとめるのが難しい事案でも、協議段階から弁護士が入ることで、綺麗にまとまったという事案はたくさんあります。最終的には協議離婚・調停離婚のいずれの場合にも、お互いの合意内容を書面で残していくことが必要になります。離婚調停であれば、調停調書という強制執行が可能な調書ができあがります。

離婚調停では、弁護士が代理人としてサポートすることで、精神的にも余裕がでて、着地点を見据えた柔軟な解決が可能になります。調停委員に対して理性的な判断のなかで依頼者の主張を代弁し、随時軌道修正を図りながら、依頼者の最大の利益がでるような弁護活動を実施していきます。

不貞の慰謝料請求に豊富な経験

裁判例の分析結果を通じた多数のデータを蓄積

離婚問題には、離婚に同意するか否かの離婚をめぐる争い、慰謝料や財産分与、婚姻費用、養育費、財産分与などのお金をめぐる争い、親権や面会交流に関する子供をめぐる争い、という大きく3つのポイントがあります。

なかでも当事務所では、不貞・不倫の慰謝料請求について、これまで多くの経験を有しています。慰謝料の請求においては、相手の地位や個別具体的な事実を考慮し、事案に即して金額を決定することが重要です。当事務所では裁判例の分析結果を通じた多数の相場データを持っていますので、データを念頭に事案の分析を行うことができます。

そして適正な慰謝料を請求するには、証拠確保の重要性が挙げられます。どのような証拠があるか、またどのような証拠をそろえるべきか。当事務所では経験に基づいて、的確なアドバイスを提供しますのでご相談ください。

「求償権」など男女問題の問題解決もお任せ

慰謝料を請求された側の減額交渉も含め、当事務所では豊富な経験を有しています。また不貞には、慰謝料を支払う責任は、浮気・不倫をした夫(妻)と不倫相手の2人にあります。そのため、どちらか一方が請求され支払うことになった慰謝料でも、片方に相応の金額を請求できる「求償権」があるのです。

こうした、いわゆる「男女問題」としての慰謝料関連の問題や金銭トラブルにも、これまで数多くご対応しています。

「子の引き渡し」についても迅速に対応

「奪い返す」という発想は捨てて弁護士に相談を

子どもの問題は言うまでもなく重要です。なかでも「面会交流中に子どもを連れ去られた」「旦那が未熟児を連れて出て行った」といった場合に、「子の引き渡し」について、正しい手続きをとって迅速に対応することが大切です。迅速に対応しないと、子どもが連れ去られた先の環境に慣れ親しんでしまい、現状を変えることが困難になる場合が多いからです。

なお「奪われたら奪い返す」という発想は捨ててください。法律では自力救済を禁止しており、子の取り戻しもまた刑事罰に触れる可能性があります。弁護士に依頼いただくことで、最初からポイントを押さえた主張・立証をすることで、早期解決が期待できます。

関総合法律事務所からのアドバイス

要望に応える解決をめざしてベストを尽くします

離婚に際して求められるものは、人によってそれぞれ違います。だからこそ離婚の問題は、依頼者の方とコミュニケーションを緊密にとりながら、要望や意向をきちんとつかみ、その実現や獲得をめざしてベストを尽くすことが重要です。

当事務所は、依頼者の気持ちの部分に丁寧に寄り添い、最適な問題解決に向けて一緒に歩んでいきますので、まずは気軽な気持ちでご相談ください。

所属弁護士

関 真悟(せき しんご)

関 真悟

登録番号 No.51959
所属弁護士会 東京弁護士会

渡邊 耕大(わたなべ こうだい)

渡邊 耕大

登録番号 No.55999
所属弁護士会 東京弁護士会

料金体系

依頼の料金は事案により異なりますので気軽にお問い合わせください。見積書の発行も無料です。

アクセス

JR・東京メトロ「中野」駅から徒歩2分

東京都中野区中野2-11-5吉田ビル4F

事務所概要

事務所名 関総合法律事務所
代表者 関 真悟
住所 〒164−0001 東京都中野区中野2-11-5吉田ビル4F
電話番号 050-5267-5169
受付時間 平日9:30~21:30
定休日 土日祝日
備考 土日祝や平日夜間も事前に予約をいただければ面談OK
関総合法律事務所
関総合法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5169
受付時間
平日9:30~21:30

電話受付時間外です。メールフォームよりご連絡ください。

住所
〒164−0001 東京都中野区中野2-11-5吉田ビル4F
メール相談フォームはコチラ

※メールフォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

現在地を取得できませんでした

お使いのブラウザでは現在地情報を利用できない可能性があります。
設定から位置情報サービスをオンにして頂くか、下記コンテンツ等をご利用ください。

離婚問題に強い弁護士一覧

×

TOP