「ホームドクター」の弁護士が 思いに寄り添い「根本治癒」を!

ペルソナ法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
--
ペルソナ法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒192-0911 東京都八王子市打越町1481-66最寄駅
対応エリア
東京都

お電話受付窓口

準備中

受付時間:平日 9:00〜17:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

東京都

お電話での受付窓口準備中
受付時間 平日 9:00〜17:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

長く法律の教壇に立ってきたベテラン

法律の後ろにある感情面に目配りすることが大切

東京・八王子にある「ペルソナ法律事務所」の弁護士・吉田宣之です。私は桐蔭横浜大学法科大学院(ロースクール)の教授を務めたほか、中央大学法学部の教師、武蔵短期大学教授、桐蔭横浜大学法学部法律学科教授、同大学院法学研究科教授を歴任し、2005年に弁護士登録をしました。

これまで長く刑法を専門に研鑽を重ねてきて、法律の背後にある人間関係や感情に目配りして問題を解決していくことの大切さを感じてきました。刑法は極限の人間関係が現れてくる分野です。その豊富な経験を活かしてふさわしい処方箋を考えながら、離婚の問題にも取り組んでいます。

夫婦間の感情の対立が争いを大きくする

お互いが歩み寄れるよう法律以外の話も重要

離婚問題は言うまでもなく、夫婦間の紛争がトラブルのベースにあるものです。だからこそ、当事者のお話をじっくりと聴くことがまずはとても重要です。依頼者の方の気持ちや思いに耳を傾け、できるだけお互いが歩み寄れるよう、法律的な切り口以外の話をこちらからもしていきます。

感情的なもつれや行き違いが先鋭化しそうな場合には特に、「法的にはこうなる」という枠にはめた対応に終始してしまうとなかなか解決には向かいません。その点、「なぜ相手の言い分に納得できないのか」という気持ちの部分に寄り添い、思いに影響を与えられる話ができるのは、当職のこれまでの経験や知見が役に立っているのだろうと感じています。

常に身近な存在で問題の解決にあたる

「ホームドクターとしての弁護士」でありたい

離婚問題にあたって私が大切にしているのは、「ホームドクターとしての弁護士」という役割です。家庭での「かかりつけ」という立場で、常に身近な存在で病気(問題)の治癒(解決)に向けて取り組むこと。しかも大切なのは「根本治癒」であり、そのために必要なのが夫婦各々の感情の部分に寄り添うことなのです。

その部分に焦点を当てて、可能な限り感情の対立をなくし、円滑な解決へと導くことが必要。感情のもつれを治すという根本治療にいかに取り組むかが、離婚問題を手掛ける上で弁護士にとって大切なことであると思います。

法律的な枠だけにはめ込んで解決すれば良いのなら、どの弁護士が手掛けても同じでしょう。気持ちの面で納得できる解決に至ってこその「根本治癒」です。それを叶えるホームドクターとして、依頼者の方に身近に寄り添う存在でありたいと考えています。

協議でまとまらなければ調停離婚へ

調停に委ねるよりも離婚協議で解決するほうがいい

離婚問題に向き合う上で重要なのは、離婚協議でまとめることだと考えています。実際、調停に移行してもなかなかまとまらないことが多いという現実があります。お互いが主張を譲らないので、折り合いがつかずに裁判離婚に至ってしまう例が少なくないのです。

それだけに、調停に移行させずに協議離婚で合意をはかることを重視すべきで、当職に早めに相談をいただくことで、その確率も高まることになると思います。

根本的な治癒(解決)を目指して親身に対応

依頼者の利益を実現するのは、弁護士としての大事な役割ですが、ただしそればかりを追求して相手の立場をまったく考えないのでは、結局のところ依頼者にとってのプラスにはなりません。離婚問題の最終的な治癒ということを考えれば、たとえば養育費は離婚後ずっと支払ってもらうことが必要であり、気持ちの部分でもしっかりと合意をはかっておくことが必要といえるのです。

離婚後に支払いが途切れて強制執行を行う必要が生じれば、ふたたび弁護士費用もかかってしまいます。そうしたことにならないよう、法律の「ホームドクター」として根本的な治癒(解決)を目指して親身に対応していきます。

大切な「お金の問題」と「子どもの問題」

早い段階からの相談で的確なアドバイスを提供

財産分与について、たとえば相手が積極的に財産を示してこないとき、隠そうとしているような場合には、経験豊富な弁護士ならすぐに分かるものです。「もっと他にあるはず」ということは話を聴いていれば分かりますから、しかるべき手順ですべての財産の把握に努めていきます。

また慰謝料についても、正当な請求を行うには、行為を証明するための証拠の確保が欠かせません。不貞行為でもDV被害でも、真実を明らかにするための証拠の収集が大事ですから、早い段階から相談いただき、的確なアドバイスを提供したいと考えています。

お金の問題とともに、子どもの問題をどう解決するかはとても重要です。親権は母親と父親のどちらか一方に委ねられることになりますが、親権者とならなかった側には、面会交流の権利をきちんと付与することを考えるべき。親権や面会交流は子どもの福祉が目的ですから、その立脚点に立った解決法を目指すことが重要でしょう。

拙速に物事を決めていくのは禁物

離婚後の人生すべてを見据えていく視点が必要

なぜ離婚しなければならないのか、ということをあらためて聞いていくと、本当に離婚したほうがいいのかどうか、という根本的な疑問にたどり着く相談例もあります。一時の感情でなく、離婚すればどうなるのかまで考えを巡らせ、後に後悔しない選択をすべきです。

先日も早い段階から離婚の相談を受けた男性から、離婚が成立して解決に至ったあとで、「人生を教えてもらった気がします」という言葉をもらったことがありました。「早く離婚したい」と結論を急ぐのではなく、その裏側にあるさまざまな思いや事柄について意識を深め、最終的に納得のいく解決に至らなければ「完全治癒」とはいえません。

拙速に物事を決めていくのではなく、じっくりと離婚条件についても相手とすり合わせながら、離婚後の人生すべてを見据えていく視点が必要。相談を通じて、「人生で何を大事にしていくべきか」という点についても考えてもらうきっかけを与えられたらいい…。そんなふうに捉えながら、離婚問題の解決に力を尽くしていきたいと考えています。

ペルソナ法律事務所からのアドバイス

協議の入り口から相談いただくことで話し合いが円滑に

離婚を考える事態になれば、とにかく早く相談に来ていただきたいと思います。たとえば同居している段階であれば、不貞に関する証拠もまだ集めやすい状況にあります。離婚協議の段階から当職が入って話し合いをすることによって、トラブルが深刻化することなく協議がまとまる可能性が高まるはずです。

当事務所では、初回相談は無料にてお受けしており、離婚に関わる人生相談でも、どんな悩みでも構いませんので、いつでも気軽にご相談ください。

所属弁護士

吉田 宣之(よしだ のぶゆき)

吉田 宣之

登録番号 No.31272
所属弁護士会 第二東京弁護士会

料金体系

アクセス

片倉駅

東京都八王子市打越町1481-66

事務所概要

事務所名 ペルソナ法律事務所
代表者 吉田 宣之
住所 〒192-0911 東京都八王子市打越町1481-66
電話番号 準備中
営業時間 平日 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
備考
ペルソナ法律事務所
ペルソナ法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
平日 9:00〜17:00

現在00:43。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒192-0911 東京都八王子市打越町1481-66
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP