気持ちの負担を軽くすることに努め、 最後まで思いに寄り添います

むらやま法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回無料できるだけ対応します非所属可能可能
むらやま法律事務所むらやま法律事務所サムネイル0むらやま法律事務所サムネイル1むらやま法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-35-1三軒茶屋ゴールデンビル302最寄駅
対応エリア
東京都

お電話受付窓口

0066-9687-7173

受付時間:平日9:00~17:00(営業時間)
7:00~23:00(受付時間・弁護士直通)

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間[22:45]お電話がつながります!

対応可能エリア

東京都

お電話での受付窓口0066-9687-7173
受付時間 平日9:00~17:00(営業時間)
7:00~23:00(受付時間・弁護士直通)

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

三軒茶屋のアクセス便利な事務所

納得いくまで親身にお話を聞きます

murayama_pic

「むらやま法律事務所」の代表弁護士、村山栄治です。平成22年に地元である三軒茶屋(東京都世田谷区)に当事務所を設立しました。皆さまにとって親しみのある法律事務所をめざして法律問題の解決に努めています。

三軒茶屋駅から徒歩5分の場所にあり、東急田園都市線はもちろん、東急世田谷線や路線バスでもお越しになれる便利な立地です。平日夜間でも予約をいただければ柔軟に面談にご対応していますので、お仕事帰りでもお立ち寄りいただけます。

ご相談者様のお悩みやご要望など、法律に直接関係するもの以外のお話もじっくりとお聞きし、納得いくまで親身にご相談をお受けしています。当相談広場のサイトから相談に来られた場合には、初回相談料無料でご対応します。

話し合いが難しければ早めに相談を

代理人交渉によって早くに協議がまとまりやすい

離婚の問題は、とかく感情的な面が先に立ってしまい、相手との冷静な話し合いができない場合が少なくありません。そうしたときに、弁護士にご相談(ご依頼)をいただくことで、ご自身の代理人となって主張すべき事柄を相手にしっかりと伝えていくことができます。

もし離婚を考えることになり、ご自身では話し合いが進められない…とお感じになれば、できるだけ早く弁護士に相談されることをおすすめします。その結果、代理人交渉によって早期に協議離婚がまとまるケースがあります。

協議離婚が成立した場合には、たとえば養育費などについて、将来的な支払いに対する法的強制力を持たせるために、離婚協議書を公正証書で作成しておくことも必要でしょう。そうしたサポートも、当事務所では丁寧に行なっていきます。

離婚調停では弁護士を代理人に付けるべき

ご自身だけでは主張が的確に伝わりにくい

協議では話し合いがまとまらなかったとき、または夫婦の一方が話し合いに応じてくれないようなときには、離婚調停を家庭裁判所に申し立てます。調停の場では、ぜひ弁護士を代理人に付けることをおすすめします。

特に相手に代理人がついているときには、ご自身だけで調停にのぞんでいると、有効な反論ができにくいケースが多々あります。その意味でも、ぜひ確かな経験をもつ当事務所の弁護士を、代理人としてご依頼いただければ幸いです。ご自身が主張されるべき内容をきちんと整理し、的確に調停委員に伝えることで納得のいく成果を得られるよう力を尽くします。

調停が成立しなければ、訴訟を提起

調停が成立しない場合には、訴訟を提起して判決を求めることとなります。離婚の条件として慰謝料や財産分与、子どもがいる場合には親権や養育費などが審理されますが、訴訟手続きの中でお互いが合意に至れば、和解によって離婚が成立することもあります。

納得のいく「条件」を得るために

慰謝料請求の額は、ご本人の「納得度」が重要

離婚に伴う「慰謝料」とは、離婚によって被る精神的苦痛に対して相手方から支払われる金銭(損害賠償)のことです。ここでの慰謝料は、離婚の原因である相手方の有責的な行為から生じた精神的損害に対する損害賠償と、離婚により配偶者としての地位を失うことから生じる精神的損害に対する賠償との2つがあります。

相手方の有責行為には不貞やDVなどが挙げられますが、慰謝料の請求額をどうするかは、過去の判例に基づいた相場を考慮するほか、何よりも依頼者様ご本人の納得度を重視することに努めます。

同時に慰謝料請求には、行為を立証するための確かな証拠の確保が欠かせないのは言うまでもありません。当事務所では、証拠の収集についての有効なアドバイスをご提供することも可能です。

財産分与で損をしないためには…

共有財産をもれなく把握することが大事

離婚に際しては、相手方に対して財産の分与を請求することができ、婚姻中に夫婦共同で築いた財産を分けることを「財産分与」といいます。

財産分与の対象となる財産は、名義上共有となっている共有財産と、名義は一方にあるものの、夫婦で協力して築いたといえる実質的共有財産があります。逆にいえば、婚姻前にもともと所有していた財産や相続で得た財産などは分与の対象となりません。

配分は原則として2分の1ずつとなりますから、適正な財産分与を得るには、対象となる共有財産をもれなく把握することが大事です。なかには相手側が財産内容を開示しない場合もありますから、早めに弁護士にご相談ください。弁護士会照会や裁判所による調査嘱託などで財産の把握を進めることができます。

「年金分割」の割合でもめるときには相談を

年金分割とは、婚姻期間中の厚生年金や共済年金の実績に基づく給付額を、当事者間で分割することができる制度です。離婚時に分割の割合について当事者間の話し合いがまとまらない場合や話し合いができない場合には、家庭裁判所に対して按分割合を定める審判または調停の申立てをすることができますのでご相談ください。

離婚の際に重要な「親権」の問題

最善の成果をめざして親身にご対応

離婚の際には、父母のどちらかを子の親権者と定めなければなりません。話し合いができない場合には、親権者を定める調停を申し立てる必要があります。また、離婚調停が成立せず、離婚訴訟となった場合には、判決で親権をどちらが取得するか定められることとなります。

監護の継続性の原則からも、それまで子育ての中心を母親が担っていて、問題が生じていないようであれば、ふつう親権は母親側に委ねられることになります。

一方で、母親に子どもを養育する上で大きな問題があるような場合や、それまで父親側が養育に深く関わっているようなときには、父親の親権についても考慮される場合がありますからあきらめずにご相談ください。

むらやま法律事務所からのアドバイス

悩みは決して1人で抱えず、まずは気軽にご相談ください

当事務所では、離婚を考えて悩んでおられる方の気持ちの負担を軽くして差し上げることを重視しながら、最後まで親身に寄り添いたいと考えています。そして離婚に際して、ご依頼者様が何を望んでおられるのか、それを的確に汲み取るよう努めながら、納得のいく解決がはかれるようサポートしていきます。

離婚に関する悩みは決して1人で抱えることなく、まずは気軽に弁護士に相談してみてください。結果的に離婚せずに済んだ…という方も相談者の中にはおられます。いつでも、ご遠慮なくご連絡いただければ幸いです。

所属弁護士

村山 栄治(むらやま えいじ)

村山 栄治

登録番号 No.28799
所属弁護士会 東京弁護士会

料金体系

初回法律相談無料
継続のご相談30分ごとに5000円(税別)

離婚交渉調停

着手金30万円(税別)
報酬金30万円(税別)から

交渉から受任し、そのまま調停に移行した場合は新たに着手金はご請求いたしません。
離婚の合意が得られた場合に報酬をお支払いただきます。
財産的給付が得られた場合または免れた場合、子の親権に争いがあった場合に親権者となった場合、養育費を得られた場合など上記の報酬金に加算されます。

離婚訴訟

着手金40万円(税別)
報酬金40万円(税別)から

離婚訴訟からお引き受けをした場合の金額になります。
離婚調停を受任していて訴訟に移行した場合には着手金として上記金額の半額の20万円(税別)を訴訟開始時にお支払いいただきます。
離婚請求が認められた場合または相手方と離婚の合意が得られた場合には、訴訟からの受任のときには、報酬金として上記金額をお支払いただきます。
財産的給付が得られた場合または免れた場合、子の親権に争いがあった場合に親権者となった場合、養育費を得られた場合など上記の報酬金に加算されます。

※着手金とは、事件受任時、事件処理に着手するときにいただく費用です。着手金は、事件の結果にかかわらず発生する費用です。
※報酬金とは、ご依頼主様の目的を達成して事件が終了した場合に、事件終了時にお支払いいただくものです。

アクセス

三軒茶屋駅から徒歩5分

東京都世田谷区三軒茶屋1-35-1三軒茶屋ゴールデンビル302

事務所概要

事務所名 むらやま法律事務所
代表者 村山 栄治
住所 〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-35-1三軒茶屋ゴールデンビル302
電話番号 0066-9687-7173
営業時間 平日9:00~17:00(営業時間)
7:00~23:00(受付時間・弁護士直通)
定休日 土・日・祝日(当事務所での法律相談は休日でもお請け致します。)
備考
むらやま法律事務所
むらやま法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7173
受付時間
平日9:00~17:00(営業時間)
7:00~23:00(受付時間・弁護士直通)

現在22:45です。お気軽にお電話ください。

住所
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-35-1三軒茶屋ゴールデンビル302
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

現在地を取得できませんでした

お使いのブラウザでは現在地情報を利用できない可能性があります。
設定から位置情報サービスをオンにして頂くか、下記コンテンツ等をご利用ください。

離婚問題に強い弁護士一覧

×

TOP