何でも気軽に相談できる雰囲気で、 想いに親身に寄り添います

はせお法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回無料可能非所属20:00まで不可
はせお法律事務所はせお法律事務所サムネイル0はせお法律事務所サムネイル1はせお法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒185-0012 東京都国分寺市本町2-12-3 こやまビル2階最寄駅
対応エリア
東京

お電話受付窓口

0066-9687-7531

受付時間:平日 10:00~20:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

東京

お電話での受付窓口0066-9687-7531
受付時間 平日 10:00~20:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

多摩地区出身の弁護士が地域密着で活動

依頼者それぞれの事情を優先しながら柔軟に対応

「はせお法律事務所」は、JR中央線国分寺駅北口から徒歩2分の便利な場所にある法律事務所です。当事務所は、「弁護士はサービス業である」という考えから、親身な対応と分かりやすい説明を常に心がけています。

代表弁護士の長谷雄伸作は八王子出身で、中央線沿線の同じ多摩地区ということもあってこの地で開業。自身の弁護士登録は2002年10月で、これまで14年の弁護士キャリアを重ねてきました。

事務所の相談受付は平日の10時~20時ですが、ご希望に応じてもう少し遅い時間まで面談は可能です。相談の受付時間や料金も、依頼者の事情を最優先してできるだけ柔軟にご対応。離婚の事案はこれまで多くの件数を手掛けていますので、豊富な経験に基づいた的確なアドバイスを提供することができます。

弁護士として心がけていることは

「何でも気軽に相談できる弁護士でありたい」

はせお4

弁護士というと「敷居が高く、気軽には相談しづらい…」といったイメージを持たれている方もひょっとしたら多いかもしれません。実際、他の事務所に相談に行き、「思うように話ができなかった…」と私のところにセカンドオピニオンを求めて来られた方もおられました。

その点、当事務所では、何でも気軽に相談できる雰囲気を持った弁護士事務所でありたいと常に考え、相談者の目線に立ってじっくりと話を聞かせていただくことに最も力を注いでいます。特に離婚の問題については、メンタルな部分でも不安に感じている相談者の方が多いので、そうしたスタンスがとても大切だと思っています。

離婚問題はとかく感情的になりがち

弁護士が介入するタイミングには留意が必要

はせお5

離婚協議を当事者だけで行うと、どうしても感情的になりがちです。話し合いには第三者が入ったほうが、事はスムーズに進むはず。ただ、気を付けなければいけないのは、離婚がそれほど表面化していない段階で弁護士が介入してしまうと、相手によってはかえって態度を硬化させるケースがあることです。

介入のタイミングによっては相手の感情を逆撫でしてしまい、逆効果になる場合もあるでしょう。もし当事者間で建設的に話が進んでいたとしたら、そのときには後方支援でアドバイスを送る役割にまわることを考えるべき。そして争いになっていたら代理人として深く関わるというように、対応については状況をにらみながら臨機応変に判断していきます。

離婚を弁護士に依頼するメリットは

合意した内容が不履行になるリスクを回避する

なかには弁護士を立てず、当事者間で先に離婚届を出してしまってから、財産分与や養育費の話し合いをするケースも見受けられますが、それは極力避けるべきです。既に結論が出てしまっていると、払ってもらう側の立場は圧倒的に不利なもの。必要な支払いが為されず、明らかに不適正な少額で済まされてしまうこともありがちです。離婚ばかりを急いでしまい、離婚後の生活が不安定になっては意味がありません。

そうしたリスクを回避するためにも、離婚の意思が芽生えたならば、できるだけ早く弁護士に相談してください。納得のいく離婚の条件を獲得し、養育費など将来にわたって約束した内容が、確実に履行されるように対策を講じておくことが必要だからです。

合意した内容については、公正証書や調停調書として取りまとめておくことで、支払いの強制執行力を持たせることが可能になります。単純な書面では直ちに強制執行することができず、万が一不履行になった場合には新たに訴えを起こさなければいけません。そのような措置についても、弁護士に依頼しておくと安心ですから、どうぞお任せください。

離婚に際してのお金の問題は…

男女で異なるお金に関する相談の内容

当事務所に相談いただく件数は、男女間にそれほど大きな差はありませんが、内容については違いがあります。男性の場合は往々にして金銭を支払う側ですので、金額について適正かどうか、またできるだけ少額にしたいという相談が多くあります。いっぽう女性の場合は、離婚後の生活や子どもの成長が最も気になる問題で、養育費や財産分与などをいかに有利に決着するかという点に重きを置くことが多くなります。

金銭の問題は当事者だけで解決するのはなかなか難しい

分けるべき財産があれば、分与の対象となる夫婦の共有財産を的確に把握することが重要になります。財産がない場合には、慰謝料や養育費に重きを置いて、将来的な生活の安定を見据えることを考えましょう。

こうした金銭の問題は紛争化すると精神的な負担も大きく、当事者だけで解決するのはなかなか難しい状況になりますから、弁護士を代理人に立てて協議を進めるべき。弁護士としては、依頼人の意向を十分に踏まえながら、納得のいく内容で合意をはかれるよう最大限に努力していきます。

はせお法律事務所からのアドバイス

一人で悩むことなく、思いを聞かせていただくだけでもOK

何らかの原因で離婚したいという思いが芽生えてきたら、それが表面化する(トラブルになる)前に、ご自身なりの「準備」を進めていくことも必要でしょう。たとえば相手の財産(預貯金や現金、財形貯蓄、株式、不動産、年金や退職金の見込額など)をできるだけ把握していくこともその一つです。

またご自身が離婚したらどうなるのかを実際にシミュレーションしておくことで、たとえ離婚しないで済んだとしても、将来の生活設計に役立つことがあるかもしれません。離婚を考えなくてはいけない問題点について整理するだけでも意味がありますので、まずは早めに気軽に当事務所を訪ねてください。一人で悩むことなく、思いを吐き出していただくだけでもプラスになるはず。いつでもご連絡をお待ちしています。

所属弁護士

長谷雄 伸作(はせお しんさく)

長谷雄 伸作

登録番号 No.29965
所属弁護士会 東京弁護士会

料金体系

項目費用・内容説明
相談料初回無料
着手金/成功報酬離婚調停事件、離婚交渉事件の場合
 20万円以上40万円以下
離婚訴訟事件の場合
 30万以上50万円以下
財産分与、慰謝料の請求を伴う場合
経済的利益の額により算定される額を加算します(右表)
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3%+69万円 / 報酬 6%+138万円
・3億円超の場合:
着手金 2%+369万円 / 報酬 4%+738万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。

アクセス

JR中央線国分寺駅北口から徒歩2分

東京都国分寺市本町2-12-3

事務所概要

事務所名 はせお法律事務所
代表者 長谷雄 伸作
住所 〒185-0012 東京都国分寺市本町2-12-3 こやまビル2階
電話番号 0066-9687-7531
営業時間 平日 10:00~20:00
定休日 土日祝日
備考
はせお法律事務所
はせお法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7531
受付時間
平日 10:00~20:00

現在21:30。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒185-0012 東京都国分寺市本町2-12-3 こやまビル2階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP