心のケアと法律の2つのアプローチで ベストな解決を導きます!

弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
30分 5,000円お電話ください非所属可能可能
弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所サムネイル

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒183-0027 東京都府中市本町1-12-2オウズ御殿山605最寄駅
対応エリア
東京都

お電話受付窓口

準備中

受付時間:毎日9:00〜20:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間[18時22分]お電話がつながります!

対応可能エリア

東京都

お電話での受付窓口準備中
受付時間 毎日9:00〜20:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

府中本町駅から徒歩1分の便利な事務所

いつでも連絡でき、身近に寄り添いサポート

東京都府中市の「弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所」は、JR南武線・武蔵野線「府中本町」駅から徒歩1分、京王線「府中」駅から同6分の便利な場所にある法律事務所です。

当所は広島と山口に3つの法律事務所を構える弁護士法人の事務所で、法人としてこれまで多くの離婚事件を手掛けてきました。代表弁護士の吉岡誠は、東京・銀座で弁護士として経験を積んだあと、地元の山口に戻って当法人を設立。このほど、府中市出身の弁護士の参加を得たことから、同市に新たな事務所を開設しました。

当事務所は土日祝日、年末年始やお盆を問わず、午前9時から午後8時まで面談に対応しており、依頼者の方と密な連絡が取れる体制を整えています。いつでも連絡でき、身近に寄り添えるサポート体制で心のこもったサービスを提供していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

リラックスして話してもらうことを重視

相談者の思いに親身に寄り添い、じっくり話を聴く

弁護士のもとに相談に来られる方は、どうしても最初は緊張しておられます。まずはリラックスしていただき、張り詰めた思いをできるだけほぐしていきながら、お話をじっくりとお聴きするよう努めています。

誰でも話したくないことや隠したいことは必ずあるもの。でも、弁護士に相談いただく際には、何かを隠していてもご本人にとってプラスにはなりません。だからこそ話をしっかりと聴くことから始め、相談者の方の思いに親身に寄り添うことが大切。直接法律に関係しないような些細なことも漏らすことなく、丁寧に拾い上げながらお話を聴いていきます。

離婚協議の段階から早めの相談を

相手方との交渉ややり取りはすべて弁護士が代行

離婚の話し合いは、当事者同士がどうしても感情的になりがちです。そこで、両者の間に弁護士が入ることで、冷静な離婚協議が可能になります。相手方との交渉ややり取りはすべて弁護士が代行し、依頼者の方と状況を共有していきますから安心です。

以前、しつこくLINEで連絡を取ろうとしたら、ストーカー規制法で訴えられた…と相談に来られた方もおられました。感情的なもつれから、さまざまなトラブルが起こる可能性が考えられますので、離婚協議の段階から早めに弁護士に相談されるのが得策です。

離婚協議書の中身は弁護士に確認したほうが良い

たとえば、夫の不貞行為がわかった時に、不倫相手の女性に対して慰謝料を請求したいような場合には、不貞が判明した段階で相談に来ていただければ、より効果的な請求方法を考えていくこともできます。勤務先の調査を行い、給与の差押えなどの強制的な措置が可能なケースもあるのです。

また離婚協議で合意できた時には離婚協議書を作成しますが、その内容についてもぜひ一度弁護士に確認を依頼されることをおすすめします。確認およびアドバイスだけであれば相談料だけでOK。公正証書にして将来的な強制力をもたせるなど、後になってもめることのないよう、弁護士のサポートで正しい離婚協議書をまとめておくことが大切でしょう。

離婚協議で合意できなければ調停へ

精神的なケアも含めて離婚調停をサポート

離婚協議で合意できない場合には、話し合いの場は離婚調停へと移ります。調停の場においては、自分の感情をぶつけるだけの話に終始してしまっては、間に入る調停委員の良い心証はなかなか得られません。

話すべき要素を要約し、法律的な観点から主張を組み立て、調停委員に訴えていくことが大切。その意味でも弁護士を代理人につけることは欠かせないといえます。精神的なケアも含めて、当事務所でしっかりと調停をサポートしますのでお任せください。

お金の問題も不利なく解決

財産分与~財産を隠されないよう早めの対処を

財産分与は基本的には2分の1に分けることになりますが、相手側が財産を隠してしまったり、積極的に開示しないようなケースがあると問題です。弁護士に相談いただくことで、必要な調査を行い、分与の対象になる共有財産の把握に努めます。

慰謝料~証拠収集の効果的なアドバイスを提供

相手方の不貞やDVなどの不法行為が離婚の原因となる場合には、慰謝料を請求することが可能です。そして相手が行為を認めていない場合には、証明するための証拠が欠かせません。当事務所では、証拠収集に関する効果的なアドバイスをご提供します。

また慰謝料は、相手に支払える資力がなければ請求することが難しい場合があります。協議や調停をやみくもに長引かせても仕方がないケースもありますので、納得いかない気持ちのケアにも目配りしながら、善後策について親身に話をしていきます。

養育費~長期の支払いが可能な金額で合意をはかる

小さなお子さんをお持ちの方の方は、若い年齢での離婚となることが多くあります。養育費については、何よりも離婚後の長期間にわたって支払う必要性を相手に理解してもらうことが欠かせません。

一般的に養育費は20歳までの支払いとなりますが、大学卒業後までの間で認めてもらった例もあります。それだけの長い期間での支払いを継続できるよう、実現可能な金額で確かな合意をはかることが重要でしょう。

心のケアが必要な子どもの問題

依頼者のご要望に応えられるようベストを尽くす

離婚に際して重要な問題の一つが子どものことです。とくに相手側に親権を取られたほうには、しっかりと心のケアをしていくことが大切。精神的なサポートに留意しながら、依頼者の方の要望に応えられるようベストを尽くします。

同時に親権を得られなかった側は、「面会交流」を相手側に求めることになります。月に1回の履行、また小学生以上になってくると、夏休みや春休みなどには宿泊を伴う希望が出てくることも。子どもが会いたいという意志があるのであれば、当事務所としても面会交流はできるだけすみやかに実現できるよう交渉を行います。

弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所からのアドバイス

弁護士のアドバイスで心が軽くなることがある

依頼者の心情にしっかりと寄り添うことを基本スタンスに、心のケアと法律両面のアプローチから、より良い条件になるようサポートしていくのが当事務所の思いです。ご自身だけの視点で悩むのではなく、法律的な観点からのアドバイスを得ることで心が軽くなることは多くあります。まずは一度お気軽にご相談ください。

所属弁護士

持田 和信(もちだ かずのぶ)

登録番号 No.55464
所属弁護士会 第一東京弁護士会

料金体系

着手金報酬金
離婚交渉・離婚調停30万円~30万円~
離婚審判・訴訟40万円~40万円~
但し、金銭的請求を含む場合(養育費、婚姻費用は除く)、一般民事事件の例による場合と上記の数字のいずれか高い方とします。
調停から審判・訴訟へ移行した場合、審判・訴訟の着手金は通常の2分の1とします。

アクセス

JR南武線・武蔵野線「府中本町」駅から徒歩1分
京王線「府中」駅から同6分

東京都府中市本町1-12-2オウズ御殿山605

事務所概要

事務所名 弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所
代表者 吉岡 誠
住所 〒183-0027 東京都府中市本町1-12-2オウズ御殿山605
電話番号 準備中
営業時間 毎日9:00〜20:00
定休日 なし
備考
弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所
弁護士法人あさかぜ法律事務所 府中大國魂神社前事務所
スマホ・携帯からも無料通話
準備中
受付時間
毎日9:00〜20:00

現在18:22です。お気軽にお電話ください。

住所
〒183-0027 東京都府中市本町1-12-2オウズ御殿山605
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP