「話しやすさ」を重視し、 悩みや迷いに寄り添い一緒に歩みます

静岡法律事務所(植松真樹弁護士)

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
5,000円/30分お電話ください在籍事前予約の方のみ事前予約の方のみ
静岡法律事務所(植松真樹弁護士)静岡法律事務所(植松真樹弁護士)サムネイル0静岡法律事務所(植松真樹弁護士)サムネイル1静岡法律事務所(植松真樹弁護士)サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒420-0867 静岡県静岡市葵区馬場町43-1最寄駅
対応エリア
静岡県

お電話受付窓口

0066-9687-7309

受付時間:平日9:00~17:30

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

静岡県

お電話での受付窓口0066-9687-7309
受付時間 平日9:00~17:30

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

身近な「町医者」のような気持ちで…

依頼者の心に寄り添える弁護を目指したい

静岡4

静岡市葵区にある「静岡法律事務所」に在籍する弁護士の植松真樹です。当事務所は10名を超える弁護士が所属する県内最大級の法律事務所。私は2008年に同事務所に入所し、身近な「町医者」のような気持ちで依頼者の心に寄り添える弁護をこれまで続けてきました。

中でも離婚問題は積極的に手掛けてきた分野で、解決の経験も豊富です。離婚したい方、したくない方、迷っている方…様々なご相談に対して、立場に沿った中での解決ができるよう、依頼者の方に寄り添って一緒に考えていきたいと思います。

弁護士の視点で依頼者に有益な道筋を示していく

離婚に至る過程では、親権や養育費、慰謝料や財産分与、年金分割など、当事者間で多くの解決すべき問題に直面することになります。そこでは、感情的な部分が表に出てくることも多く、最初の面談の際に相談者の方の思いをじっくりと聴くことから始めることが大切です。

その上で、弁護士ならではの冷静な視点で、法的にできることとできないことを見極め、相談者の方にとって最も有益な今後の道筋を示していくことが必要。早めに弁護士にご相談いただくことによって、そうした方向性を明確にしながら、ご自身に有利な離婚となるよう事前に対策を練ることができます。

女性弁護士ならではの「話しやすさ」

相談者の方と同じ目線でじっくりと話を傾聴

離婚の相談においては、「女性の弁護士に相談したい」という希望を持つ方は、一定の割合でおられるようです。特に女性の相談者の場合は、相手が男性の弁護士だと打ち明けにくい話の内容もあるかもしれません。その点、女性弁護士である当職は、何よりも「話しやすさ」を大事にし、相談者の方と同じ目線でじっくりと話をお聴きすることに重点を置いています。

特に初回の相談は出来る限り丁寧に、法律に関係のない事柄でも親身に耳を傾けます。相談者のお気持ちに寄り添いながら、問題の本質を把握できるよう話をよくお聞きすることを心がけていますので、いつでも気軽にご相談ください。

離婚は人生を左右する重大な問題

安易な決め方をせず、言い分はきちんと主張すべき

当事者同士だけで離婚について話し合うと、時に感情的なぶつかり合いが生じたり、相手の強い主張に負けてしまうなどで、本来請求できる権利を要求できないことが少なくありません。また妥協や諦めの気持ちが入ってしまい、ご自身に不利な内容で離婚を承諾してしまうこともあり得ます。

離婚は人生を左右する重大な問題であり、その後の人生に大きな影響を与える事柄ですから、安易な決め方をせず、弁護士を立ててきちんと主張すべきです。

調停や裁判で代理人となれるのは弁護士だけ

また離婚調停についても、弁護士をつけずに単独で臨むと、調停員や相手の弁護士に説得されるなど、本意でない内容で合意に至ってしまうことも少なくありません。調停に弁護士が代理人として帯同していれば、ご自身の思いを明確に主張し、相手方の言い分が間違っていればきちんと訂正して本来の内容で意見することもできます。

調停や裁判になれば、専門的かつ法律的な主張が必要になりますので、当職が調停や法廷での代理人として必ずお役に立てると思います。

「財産分与」「慰謝料」は早めの対応を

財産調査や証拠収集に関するアドバイスを提供

依頼者にとって有益な離婚条件を得るために主張すべき要素には、お金の問題においては財産分与や慰謝料、婚姻費用、養育費などが挙げられます。財産分与は夫婦の共有財産をもれなく把握することが重要。財産の半分は分与の対象になりますから、相手に隠匿されないよう、預金や株式などの財産について早期に適正に把握することが大切でしょう。

また慰謝料は不貞行為やDVなどの不法行為が離婚原因である場合に、有責者に対して請求することが可能ですが、その際には証拠の確保が欠かせません。メールやLINEの文面、DVの場合は医師の診断書など、証拠収集に関するアドバイスを当職でも行っています。

「婚姻費用」「養育費」も細かく算定

そのほか、婚姻費用と養育費は収入に応じた算定表が家庭裁判所で作成されており、それに基づいて金額を決めていくことになります。婚姻費用は、別居中の相手の生活費を負担するものですが、こうした項目があることをご存じない方も多く、女性の場合は実家に戻って生活することを余儀なくされるケースが少なくありません。

離婚まで別居が長引いても、その間の生活費は婚姻費用分担請求を起こすことで確保でき、すぐに離婚が決まったとしても、離婚までの婚姻費用は後から精算して受け取ることができます。依頼者の方にとって不利な取り決めとならないよう、当職が細かく対応していきますのでご安心ください。

離婚に際して大切な「子どもの問題」

子どもにとって最もふさわしい選択を考えるべき

離婚に向けた話し合いの中で欠かせないのが、親権と面会交流についての決め事です。親権の争いは、母親が有利という原則は確かにありますが、だからといって父親が親権の放棄について納得されるわけではありませんから、争いになることも多くあります。

ただ親権の問題は、親同士の争いよりも、お子さんにとってどういう選択が最も良いのかを考える視点が欠かせません。父親からの親権に関する相談においては、現状についての話をお聴きし、環境を整えた上で権利を主張することも考えます。また面会交流も同様で、子どもにとって最もふさわしい面会の方法や回数について、じっくりと検討を重ねるべきでしょう。

植松真樹弁護士からのアドバイス

感情面に走らず、離婚後の生活を念頭に冷静な判断を

静岡-180x225

離婚に際しては、「離婚したい」という感情だけを優先させて話し合いを推し進めるのではなく、離婚後の生活や子供さんの幸せを冷静に考えることがとても大切です。そのためにも、ご本人や当事者同士だけで問題解決を図ろうとするのは危険。弁護士などの第三者の目を加えて適切なアドバイスを受け、最適な着地点を見つけていくことをおすすめします。

たとえ調停や裁判に至るような段階でなくても構いません。離婚を考える第一歩の地点からでも結構ですので、ぜひ一度当職にご相談ください。依頼者の方の立場に立った解決ができるよう、手を携えて一緒に考えていければと思います。

所属弁護士

植松 真樹(うえまつ まき)

植松 真樹

登録番号 No.38099
所属弁護士会 静岡県弁護士会
その他の所属弁護士

大多和 暁・望月 正人・池田 剛志・吉川 友朗・菅野 雄児・古澤 一樹・石川 アトム・山形 祐生・伊東 達也・滝川 文人・中田 祥子・加藤萌樹・太田 吉則

静岡05

料金体系

 
項目費用・内容説明
相談料30分につき5000円(税込)
法律相談の際に事件を受任した場合は、相談料は無料です。
法テラスご利用の方は相談料は無料です。
着手金/報酬金【着手金】(税別)
300万円以下の場合10万円~24万円
300万円を超え3000万円以下の場合24万円~60万円
3000万円を超え3億円以下の場合60万円~300万円
(報酬金)(税別)
300万円以下の場合16%
300万円を超え3000万円以下の場合10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合6%+138万円
※ただし、これらの着手金及び報酬金は、依頼者の経済的事情により減額することがあります。また、事件の難易度などにより増減する場合もあります。さらに、着手金が高額になるときは相当額を減額した上で報酬金により調整することもあります。事件依頼のときに、担当弁護士に確認して下さい。

アクセス

【バスでお越しの方へ】
■JR静岡駅前から
バス乗り場9番乗り場より『安倍線』もしくは『美和大谷線』(美和方面)に乗車していただくか、10番乗り場より『安東循環』(臨済寺方面)に乗車していただき、「八千代町」にて下車(所要時間約10分)後、徒歩約5分。

■新静岡駅から
バス乗り場11番より『安倍線』もしくは『美和大谷線』(美和方面)に乗車し「八千代町」にて下車(所要時間約6分)後、徒歩約5分。

【車でお越しの方へ】
駐車場有

静岡県静岡市葵区馬場町43-1

事務所概要

事務所名 静岡法律事務所(植松真樹弁護士)
代表者 大多和 暁
住所 〒420-0867 静岡県静岡市葵区馬場町43-1
電話番号 0066-9687-7309
営業時間 平日9:00~17:30
定休日 土日祝
備考
静岡法律事務所(植松真樹弁護士)
静岡法律事務所(植松真樹弁護士)
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7309
受付時間
平日9:00~17:30

現在16:16。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒420-0867 静岡県静岡市葵区馬場町43-1
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP