一つひとつの立証を丁寧に ふさわしい出口を一緒に考え抜きます

宮武国際法律事務所

相談料
初回30分無料
当日相談
可能
女性弁護士
非所属
夜間相談
-
土日対応
可能
  • 宮武国際法律事務所
  • 宮武国際法律事務所サムネイル0
  • 宮武国際法律事務所サムネイル1
事務所名 宮武国際法律事務所
電話番号
受付時間 現在、新規のご相談を受け付けておりません
定休日 日曜、月曜、木曜、祝日
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目389 第17松ビル4階
アクセス方法 大宮駅西口徒歩5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚
メール受付はこちら

宮武国際法律事務所の強みと特徴

現在、新規のご相談を受け付けておりません

大宮駅西口徒歩5分というアクセスの良さ

明るい雰囲気のオフィスで、落ち着いて相談

宮武国際法律事務所は、大宮駅西口(ニューシャトル出口)から徒歩5分という、アクセスの良い場所に構える法律事務所であり、落ち着いた雰囲気のオフィス内装です。

代表弁護士は、現在までに弁護士として10年以上のキャリアを有し、男女の別、収入の別、職業の別を問わず、30~50代の幅広い年齢層のお客様から、常時10件程度、離婚事件を受任しております。離婚事件について幅広い経験を有しており、安心してご用命頂けます。

お客様のご事情、ご希望をじっくりお伺いすること、及び、お客様のご質問に明確な回答することを心がけております。

離婚が認められにくい事案でも対応可能

個々のエピソードを丁寧に積み上げて立証

離婚のご相談を受ける際、離婚理由としてお客様から耳にするものの多くに「性格の不一致」がございます。また、同様に、小さな「言葉の暴力」の積み重ねを理由に挙げる方も少なくありません。弊所では、このような「性格の不一致」や「言葉の暴力」が主な離婚理由となる事案に力を入れております。

「性格の不一致」や「言葉の暴力」が主な離婚理由となる事案では、裁判所は、すぐには離婚を認めないことがございます。つまり、一つひとつのエピソードだけでは、離婚原因として十分でないと判断されることがあるわけです。

そのため、それらを理由として離婚を求める場合には、過去の細かい出来事の整理、丁寧な事情の積み上げがとても重要になります。一つひとつの出来事自体は大したインパクトがなくとも、それらを丁寧に積み上げることで、離婚原因となり得ますし、更には、慰謝料を請求できる原因にまで昇華させることも可能です。

弊所では、一つひとつの出来事や、お客様のご希望を丁寧に伺うよう心がけております。「性格の不一致」や「言葉の暴力」を主な離婚理由とする案件につき、男性側のお客様からのご依頼も、女性側のお客様からのご依頼も数多く経験しておりますし、有利な判決を勝ち取った実績も数多くございます。

配偶者の不貞行為の立証にも注力

十分な慰謝料を得るために親身にサポート

もう一つ、弊所が力を入れている事案は、配偶者の不貞行為に関するご依頼です。配偶者の不貞行為を立証するには、単なる状況証拠では足りず、確たる証拠の収集が不可欠ですが、なかなか一般の方では、十分に証拠を収集できないのが通常です。

弊所では、信頼できる探偵事務所を使って証拠を押さえ、不貞行為の立証を有利に進めることに注力しております。もちろん探偵事務所の起用に当たり、必要最低限の費用がかかることにはなりますが、それによって高額な慰謝料を得られる確率が飛躍的に高まりますから、お客様にとってメリットのある状況になり得ます。

また不貞行為の立証に成功すれば、単に慰謝料の増額につながるだけでなく、子どもの親権争いにおいても有利な状況を作り出すことができます。不貞行為の立証、および、高額な慰謝料獲得については、確かなノウハウをもつ弊所にぜひご相談ください。

相談料初回30分無料

離婚のことで悩んだら早めの相談を

離婚問題についてご相談をいただくタイミングは、早ければ早いほど良いと考えております。「まだ離婚を決めてない…」という段階でも、まずは一度、ご相談にいらしてみてください。

ご自身だけで悩みを抱えていても、良い解決にはつながりません。今後どのようなことに気をつければ、有利な条件で離婚できるのかとか、どのような証拠を集めていく必要があるのかなどを聞いて頂くだけでも、お越し頂く価値があるのではないかと思いますし、早い段階から適切なアドバイスを受けることで、その後の道が開けてくるように思います。

弊所では初回相談は30分まで無料でお引き受けしております。「まだ離婚に踏み切るかどうか分からない」という方のご相談依頼でも問題ございません。

離婚調停でも弁護士を代理人に

法律に基づく的確な主張が可能になる

当事者間の協議によって離婚合意に至れないときには、離婚調停を申し立て、話し合いの場を裁判所に移すことになります。調停では調停委員が間に入り、当事者に合意を促していきますが、ご自身だけで主張を伝えようとしても十分に意図を汲み取ってもらえないことがございます。

とかく感情論に終始した主張になってしまうと、ご自身にとって不利な内容で調停が進んでいってしまうことも少なくありません。それを防ぐためにも、ぜひ弁護士を代理人に立ててほしいと思います。

弁護士が入ることによって、法律に基づく的確な主張を提出できるようになりますので、お話し合いの場である調停であっても、有利な条件を勝ち取ることが可能となり得ます。弊所ではお客様の意向や主張を十分に汲み取り、最後までお客様に親身に寄り添いますので、安心してお任せ頂くことが可能です。

お金の問題&子どもの問題を有利に運ぶ

財産分与等、お金の問題で有利な結果を得るために

財産分与については、結婚後の年数が長ければ長いほど、事件をお引き受けする弁護士の力量によって、得られる金額に差が出てきやすいといえます。たとえば不動産や有価証券、生命保険の解約返戻金や退職金など、複数の財産が分与対象になる場合であれば、それだけ、「どのように分けるか」につき、交渉できる余地が生まれることとなります。そのため、お引き受けする弁護士の力量が影響してくるわけです。

確かに、財産分与は2分の1ずつ分けることが原則です。しかしながら、それぞれの財産形成に至る詳細な事情を整理し、裁判所に分かりやすく伝えることで、2分の1よりも有利な割合での分与という結論を得られることもあり得ます。単純に半分に分けて終わりとするのではなく、財産形成に至った過去の詳細な事情を丁寧に掘り起こし、的確な主張を行って、できる限り、お客様が有利な結論を得るようお力添えするのが弊所の進め方です。

慰謝料請求や婚姻費用、養育費などの問題についても同様です。お客様の有利になる材料は何かないかを検討し、つねにお客様を主導して、証拠探しや丁寧な主張準備に注力いたします。

「親権者」や離婚後の「面会交流」の条件をどのように決めるか

離婚において、子どもの問題も言うまでもなく重要です。親権については、子どもが小さい場合には、どうしても母性優先が、事実上、原則のような状態になってしまっているように思われますが、そうであっても、男性側のお客様からのご依頼の場合には、お客様が親権を得られるよう知恵を絞ります。

また、離婚後の「面会交流」の条件をどう決めるかも非常に重要な問題です。とくに親権が取れなかった側としては、面会交流の機会を十分に得られるかが、重要なテーマになります。この問題についても、粘り強い交渉により、お客様に有利な結果をもたらせるよう、努力いたします。

親権や面会交流についてのご相談も、できるだけ早めにいただくことが肝要です。早期のご相談をお待ちしております。

宮武国際法律事務所からのメッセージ

お客様と一緒に最適な出口をとことん考えます

お客様と一緒になって、もっともふさわしい解決策をとことん考えていくのが弊所のモットーです。一旦、他の法律事務所で「難しい」と言われてしまったような事案であっても、やり方によっては状況を打開できることがございます。離婚を悩んでいる段階でも、すでに離婚を決めた段階でも構いません。どのようなお悩みでも結構ですので、まずは、お気軽にご相談ください。ご来所をお待ちしております。

所属弁護士

宮武 篤司(みやたけ あつし)

登録番号 No.37835
所属弁護士会 埼玉弁護士会

弁護士費用

相談料 初回30分まで無料、それ以降は30分ごとに5,500円(税込)
着手金 33万円(税込)から事案に応じて
報 酬 33万円(税込)から事案に応じて
備考欄 初回相談は30分まで無料ですので、まずはお気軽に相談にいらして下さい。

アクセス

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目389 第17松ビル4階

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目389 第17松ビル4階

事務所概要

事務所名 宮武国際法律事務所
代表者 宮武 篤司
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目389 第17松ビル4階
電話番号
受付時間 現在、新規のご相談を受け付けておりません
定休日 日曜、月曜、木曜、祝日
備考 現在、新規のご相談を受け付けておりません
メール受付はこちら

その他の埼玉県の離婚に強い弁護士