まだ迷っている方、まずはご相談下さい。一緒に考えましょう。

内北浜法律事務所(大野尚弁護士)

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回相談無料可能非所属事前予約の方のみ事前予約の方のみ
内北浜法律事務所(大野尚弁護士)内北浜法律事務所(大野尚弁護士)サムネイル0内北浜法律事務所(大野尚弁護士)サムネイル1内北浜法律事務所(大野尚弁護士)サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜3丁目2−12 北浜永和ビル 2F最寄駅
対応エリア
大阪

お電話受付窓口

0066-9687-7805

受付時間:平日 10:00〜18:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間[15時56分]お電話がつながります!

対応可能エリア

大阪

お電話での受付窓口0066-9687-7805
受付時間 平日 10:00〜18:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

何をどう聞いてよいか分からなくても構いません。必要な事柄を上手に聞き取って問題を整理するのは、私たち弁護士の仕事です。

初回相談は1時間まで無料、平日夜や土日祝も予約で対応

大阪市中央区北浜にある「内北浜法律事務所」の弁護士・大野尚(おおの・たかし)です。事務所は京阪淀屋橋駅17番出口から徒歩1分の便利な場所にあり、平日夜間や土日祝日にも事前の予約をいただければ柔軟にご対応致します。初回相談料は1時間まで無料でお受けしていますので、遠慮なくいつでもご連絡ください。

離婚や男女問題に関しては、ほとんどの方にとって、弁護士に相談するのは初めての経験です。ですので、何からどう説明してよいか分からない、知りたいことはあるけど何をどう聞いてよいか分からない、そもそも、弁護士に相談すべきことなのかどうかも分からない、という方も多くいらっしゃいます。まして、問題を抱えていたり理不尽な要求を突き付けられたり訴えられたりしているような切迫した状況の中では、冷静に話をすることすら、難しい場合もあります。

しかし、依頼者の方は、上手に説明できなくても、何をどう聞いてよいか分からなくても、時には冷静でなくても構いません。問題解決のために必要な情報を上手に聞き取って、冷静に問題を整理するのは、私たち弁護士の仕事です。

私たち弁護士の仕事は、依頼者の方がどのような状況にあろうとも、冷静に話を聞き、必要な情報をくみ取り、問題を整理し、適切なアドバイスをして、選択肢を提示することだと思っています。提示された選択肢を踏まえて、何を選択するのか、決断するのは依頼者の方自身です。

何をどう聞いてよいか分からなくても構いません。上手に説明できなくても構いません。まだ決めていなくても構いません。どうすべきかを一緒に考えましょう。考えるにしろ決断するにしろ、予備知識は必要です。弁護士のサポートなしに正確な予備知識を身に付けることは困難です。

何事も早めの対処が肝心ですので、まずは、早めにご相談下さい。

後悔しないために、一人で悩まずに、弁護士のサポートを

当事者だけで決めようとせず、早めに弁護士に解決を依頼すべき

「離婚したいが、何をどういう手順で進めていけばいいのか分からない」「パートナーが、突然子供を連れて出ていった」「パートナーの浮気相手に慰謝料を請求したい」「財産分与や親権について、夫婦間で話し合っても話がまとまらない」…など、離婚についての疑問やトラブルはさまざまです。

離婚を急ぐあまり、不利な条件のままいつの間にか協議に合意してしまったり、きちんと離婚協議書を残さなかったばかりに、離婚後に無用なトラブルを招いてしまうケースも少なくありません。

離婚を話し合う際には、決して当事者だけで条件を決めようとせず、早めに弁護士に解決を依頼すべきです。離婚事件の経験豊富な弁護士が、協議の中身に即した最適な解決法を提示し、依頼者の離婚後の生活の安定までを見越した的確なアドバイスを提供します。

当事務所で手掛けた離婚問題の解決事例から

【事例①】弁護士のアドバイスによって話し合いで解決

夫婦間の離婚に向けた話し合いで、お子さんの親権を妻が持つことは合意できていたものの、財産分与や養育費について話がまとまらず、夫側が独自の方法で計算した財産分与案・養育費案を、依頼者である妻側に押しつけていました。依頼者は「夫の言うことが法律的に正しいのかどうか分からない」と相談に来られました。

夫の主張のうち、法的に誤っている点を当職が指摘し、財産分与・養育費の正しい計算方法を依頼者にお伝えしました。その後、依頼者が自分で夫と交渉しつつ、交渉経過を当職に報告してもらいながら、逐次相談のうえ協議を進めました。そして交渉の結果を踏まえて最終的な合意案を当職が作成、双方合意して調印に至りました。

夫が高学歴でかなり理論武装をしていましたが、その理論武装の中身は弁護士から見れば間違いだらけという事案でした。ただ奥さん1人では夫に言い負かされてしまい、夫側に都合のよい条件を一方的に呑まされていたと思われます。夫側も弁護士の交渉に最終的には妥協し、調停や裁判をすることなく合意に至りました。

【事例②】奥さんが突然子供を連れて出ていき、離婚調停を申立て

依頼者の奥さんが突然2人のお子さんを連れて家を出ていき、その後、奥さんから離婚調停が申し立てられました。依頼者は、奥さんがどこにいるかも知らされず、お子さんとも会わせてもらえないという状況でした。調停では、離婚原因が一方的に夫側にあるかのような主張とともに慰謝料の請求も為されました。

調停により離婚が成立し、お子さん2人の親権は奥さん側が取得。ただし離婚の原因は夫婦双方にあるということになり、慰謝料は双方請求しないということで合意しました。また依頼者は、月1回お子さんと面会できることでまとまりました。

夫婦だけで話し合うと、どうしてもお互いが感情的になって責任の押し付け合いのようになり、決めるべきことがなかなか決められない状況になります。この事案も夫婦だけでは話し合いにならない事案でした。弁護士がついていなければ、依頼者は今でもお子さんと会えていないのではないかと思います。

【事例③】妻から不貞の慰謝料を請求されたが半額で合意

依頼者(男性、既婚者)が偶然知り合った女性と深い関係になり、その女性は妊娠。依頼者と奥さんは離婚し、依頼者はその女性と子供と暮らすようになりました。そして元奥さんは、依頼者とその女性に対して、慰謝料を請求する裁判を起こしました。

裁判で、慰謝料は請求額の半額を長期の分割払いで支払うことで和解が成立。依頼者はその女性と再婚し、現在も元奥さんに慰謝料を支払いながら子供と一緒に暮らしています。

依頼者に一方的に責任があると言われても仕方がない事案で、妊娠の時期からも不貞の事実は認めざるを得ないケースでした。慰謝料の支払いは免れませんでしたが、収入に応じた無理のない範囲での金額に抑えることはできました。

【事例④】子供が夫側と同居していても、妻側が親権を獲得

依頼者の女性は夫と口論になり、すぐに戻るつもりで子供を置いて実家に帰りました。ところが夫はその後、「子供は俺が育てる」と言って女性の帰宅を拒み、離婚と親権を主張。女性は「親権は譲りたくない」と考え、自分で家庭裁判所に調停を申立て。夫側も親権を主張して譲らず、当職は女性側から依頼を受けました。

双方親権について譲らなかったため、調停は打ち切りに。その後、この女性からの依頼で離婚請求訴訟を提起し、女性を親権者とすべきと主張しました。また、夫を親権者とした場合に子供にとってどんな困難が生じるかなどを詳細に記載した陳述書を提出。その後、夫の方から和解の申し出があり、女性を親権者とする形で合意しました。

一般に親権が争われた場合は、子供が幼ければ女性が有利とされています。しかし子供が男性側と同居し、問題なく生活できていれば、裁判所が男性側を親権者とすることも十分あり得ます。最終的には、当職が作成した訴状や陳述書を読んだ夫側が折れてきました。

内北浜法律事務所・大野弁護士からのアドバイス

後で後悔しないよう、1人で悩まずに早めに相談を

離婚へと気持ちが傾く中では、1人で悩まずに早めに相談してください。もめる前に出来ることと、もめた後で出来ることはおのずと違います。状況に応じて、依頼者の方がすべきことを的確にアドバイス致します。後で後悔しないよう、相手より先に手を打ってよりよい解決を一緒に考えていきましょう。

所属弁護士

大野 尚(おおの たかし)

大野 尚

登録番号 No.31476
所属弁護士会 大阪弁護士会

料金体系

項目費用・内容説明
相談料初回相談1時間まで無料
以後は30分5000円(税別)
着手金離婚等の協議・調停
20万円~(税別)
離婚等の裁判
30万円~(税別)
親権、養育費、面会交流、慰謝料、財産分与等、争点の内容、数により、着手金を加算させていただく場合があります。
着手金・報酬金ともに、契約前に金額を明示して契約内容をご説明させていただきます。
着手金がすぐに用意できない場合でも、法テラスによる着手金の立替が可能な場合があります。ご相談下さい。
成功報酬 離婚等の協議・調停
20万円~(税別)
離婚等の裁判
30万円~(税別)
慰謝料・財産分与が争点となった場合は、主張が認められた金額の5~10%を報酬金として加算させていただきます。
実費 別途、印紙代、切手代などの、実費が必要です。

アクセス

京阪淀屋橋駅17番出口から徒歩1分

大阪府大阪市中央区北浜3丁目2−12

事務所概要

事務所名 内北浜法律事務所(大野尚弁護士)
代表者 大野 尚
住所 〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜3丁目2−12 北浜永和ビル 2F
電話番号 0066-9687-7805
営業時間 平日 10:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考 事前にご予約いただければ、夜間相談、土日対応可能です。
内北浜法律事務所(大野尚弁護士)
内北浜法律事務所(大野尚弁護士)
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7805
受付時間
平日 10:00〜18:00

現在15:56です。お気軽にお電話ください。

住所
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜3丁目2−12 北浜永和ビル 2F
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP