「不倫・浮気の慰謝料請求」 「養育費の未払い請求」に専門特化!

弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィス

相談料
初回無料
当日相談
お電話ください
女性弁護士
非所属
夜間相談
可能
土日対応
可能
  • 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィス
  • 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィスサムネイル0
  • 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィスサムネイル1
  • 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィスサムネイル2
事務所名 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィス
電話番号 準備中
受付時間 毎日8:30〜20:30
定休日 なし
住所 〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2丁目5−16 三江ビル301 
アクセス方法 JR東海道・山陽本線 / 神戸駅 徒歩5分
神戸高速東西線 / 高速神戸駅 徒歩6分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚
メール受付はこちら

弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィスの強みと特徴

大阪南部を中心に離婚問題にご対応

依頼者の思いに寄り添いながら、親身に話を聴く

弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ神戸オフィスは、南海高野線「神戸東」駅より徒歩3分の場所にあり、神戸、河内長野、大阪狭山、岸和田、和泉など大阪南部にお住まいのお客様を中心に相談をいただいています。当事務所には「難波本店」もあるなど、所属弁護士は「南海」出身が多く、地元大阪に密着して活動しているのも特徴のひとつです。

「不倫・浮気による慰謝料請求」に特化してご対応

当事務所は、離婚・男女問題の中でも、特に「不倫・浮気による慰謝料請求」のみを取り扱っております。大事だと思っていたパートナーに浮気をされたとき、また浮気をしてしまった側……そこには、それぞれの思いがあります。

浮気をした側に対する慰謝料の請求や離婚の請求は、何とかして相手に自分の怒りをわかってほしい、という気持ちがあるものです。逆に、浮気をしてしまった方の慰謝料請求に対する減額交渉では、相手に謝罪と反省の気持ちをわかってほしい…といったケースが多くあります。

それぞれの思いを代弁し、円満な解決に導くのが弁護士の仕事です。当事務所は、大阪の南エリアにおいて、人情と義を大切にしながら、こうした問題に親身に向き合っています。数いる弁護士の中でも、私どもは慰謝料請求に強い弁護士としての強い自負がありますので、こうした問題に直面している方はいつでも遠慮なくご相談ください。

慰謝料請求は攻めと守りが大事

経験と実績に裏付けられた嗅覚に自信あり

慰謝料請求の事件は、単に攻める、守るだけでなく、攻めと守りの絶妙なバランスが非常に大切です。当事務所はこれまでの多数の解決実績から、案件の落としどころを熟知しており、経験に裏付けられた嗅覚が自信の源でもあります。

ひとことで慰謝料請求と言っても、依頼者お一人ひとりで、背景も考え方も違います。当事務所では、まずはじっくりと依頼者のお悩みに耳を傾け、依頼者が本当に求めている事件処理を意識しながら対応いたします。慰謝料請求案件が解決した後に続く人生まで、親身にご相談に乗らせていただきます。

スピーディーな事件処理を心掛ける

弁護士に依頼すれば、様々なリスクを回避できる

離婚の問題においても、弁護士に対する不満として、よく「弁護士に依頼したけれどちゃんと活動してくれているのかよくわからない」…という悩みがあると聞きます。これは、多忙のあまり事件処理が後回しになっていることが原因であることが多くあります。その点、当事務所ではスピーディーな事件処理を心がけており、依頼者の方から「こんなに早く終わったんですか!?」と驚かれることも少なくありません。

そしてご自身にとって、相手方との交渉は心身ともに負担となるものです。相手方に暴言を吐かれたり、暴力を振るわれそうになるかもしれません。弁護士に依頼すれば、そのような危険や負担を回避することもできます。また交渉の窓口が弁護士となるため、ご自身の配偶者やご家族に慰謝料を請求されていることが知られてしまうリスクを軽減することができます。

不倫相手に直接交渉しようとしてはダメ

もしもパートナーの浮気・不倫が疑われるとき…。浮気相手、不倫相手のことを許せない気持ちが強くなり、焦燥に駆られてご自身で直接交渉を行ってしまうケースも見受けられます。その後、相手方が態度を硬直化させてしまい、それ以降の交渉が困難になる,不倫の重要な証拠を消されてしまって慰謝料の請求が困難になる…といった問題が生じるおそれもあります。

これらの問題を回避し、精神的苦痛に見合った適切な慰謝料を請求するためにも、早急に弁護士に相談されることをおすすめします。

突然、慰謝料を請求されてしまったら…

速やかに弁護士に相談し、必要な対応を取るべき

突然、不倫の慰謝料を請求されて、動揺するようなケースも少なくありません。そんなとき、あなたは相手方の主張している不倫内容に誤りはありませんか? 不倫相手が結婚していることはご存知でしたか? 請求されている額が不当に高額であると感じませんか? 不倫慰謝料を請求された場合は、慌てずまずは請求内容をご確認ください。

慰謝料を請求されると怖くなり、相手方に直接連絡したり、会いに行くといった行動を取ってしまいがちです。しかしこれらの行動は、不利な内容の発言を録音される,相手方に言われるがまま示談書に署名をさせられ、高額な慰謝料を支払わされる…といった結果につながりかねません。

相手方の請求内容が身に覚えのあるものであっても、慰謝料の支払義務を負わなくて済む可能性もあるのです。ただ、請求を無視することは得策ではありません。放置している間に相手方は弁護士を立て、訴訟などの法的な手段に訴えるかもしれません。そうなると最終的に裁判所から財産を差し押さえられる可能性もあるのです。これらの問題を回避するため、慰謝料を請求された場合には速やかに弁護士に相談されることをおすすめします。

「養育費の未払い請求」にも注力!

養育費の請求には「時効」があるため要注意

また当事務所では、「養育費の未払い請求」にも注力して取り組んでいます。離婚してしばらくは養育費の振込があったのに、だんだん遅れるようになり、ついに全く振り込まれなくなった…というケースは実は少なくありません。言うまでもなく養育費は、子どもの将来を支えていくための大切なお金です。

けれども、離婚した相手に直接コンタクトを取って、請求するというのもなかなか前向きになれないもの。そうしたときには、ぜひ早めに弁護士にご相談ください。

養育費の請求には時効があり、放っておくと時効が迫っているかもしれません。長年養育費の振込が止まっている人や、振込があったり無かったりの人。あの時相談していれば…といったことにならないように、まずはお気軽にご相談いただくことをおすすめします。

弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ神戸オフィスからのアドバイス

弁護士への依頼で、慰謝料額を適切なものにすることができます

弁護士は法律の専門家です。ご自身では判断しにくい慰謝料額の相場や減額事由を的確に判断し交渉の場に持ち込むことで、支払うべき慰謝料額を適切なものにすることができます。

ご自身で判断される前に弁護士にご依頼いただければ、そもそも慰謝料の支払い義務が生じている場合か否かについても、適切に判断することが可能です。こうした問題でお困りの際には、まずは相談だけでもお越しください。

所属弁護士

太田 泰規(おおた たいき)

太田 泰規(おおた たいき)

登録番号 No.41491
所属弁護士会 大阪弁護士会

アクセス

兵庫県神戸市中央区多聞通2丁目5−16

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2丁目5−16 三江ビル301 

事務所概要

事務所名 弁護士法人法律事務所ロイヤーズ・ハイ 神戸オフィス
代表者 田中 今日太
住所 〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2丁目5−16 三江ビル301 
電話番号 準備中
受付時間 毎日8:30〜20:30
定休日 なし
備考
メール受付はこちら

その他の大阪府の離婚に強い弁護士