お金&子どもの大事な問題を 離婚後の生活を見据えて親身に解決

ひより法律事務所

相談料
当日相談
女性弁護士
夜間相談
-
土日対応
-
  • ひより法律事務所
住所 〒 569-0071 大阪府高槻市城北町1-10-12 IK.baseたかつき城北1階
アクセス方法 JR「高槻」駅および、阪急京都線「高槻市」駅より徒歩6~7分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 女性弁護士在籍
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

離婚問題の経験豊富な弁護士が親身に対応

感情的な話も含めて最後までじっくりと耳を傾ける

「ひより法律事務所」は大阪府高槻市にある、離婚問題に注力する弁護士事務所です。代表弁護士の吉田優子が、あなたのお悩み・不安を丁寧に聞き取りながら、最後まで親身にサポート。離婚の問題は感情的なお話になることも多々ありますが、それも含めてじっくりと耳を傾けることを大事にしています。

離婚問題が解決までに時間を要するのは、お互いに気持ちの面でのわだかまりが深まり、話が前に進まない状況になるケースが少なくありません。弁護士が代理人になることで、話し合い滞らせることなく、可能な限り迅速な解決を目指すことができます。法律的に専門的な知識が必要になることも多々ありますので、ぜひ弁護士にお任せいただければ幸いです。

当事務所はJR「高槻」駅および、阪急京都線「高槻市」駅から徒歩6~7分の距離にある、アクセス便利な立地です。平日夜間や土日祝のご相談も、事前に予約をいただければ柔軟にご対応しますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

離婚すると決めたら、まずは一度相談を

この先、複数の選択肢があることを知ってほしい

もしも離婚を考える段階になれば、相手にその意思を伝える前に、一度弁護士に相談されることをおすすめします。離婚すると決めたとき、まずはどう動いていくべきかを知っていただき、そこには複数の選択肢があることをぜひ認識してほしいのです。それが不安を払拭することにもなりますし、離婚に関しての冷静な視点を持つことにもつながります。

また、話し合いがこじれてしまうと、たとえば財産分与に必要な財産内容の把握が、ご自身だけでは難しくなる場合があります。相手が財産内容を隠したり、開示してくれなくなることが考えられるからです。そうしたときは、弁護士が介在しての調査が必要になりますが、調べるための手がかりがなければ十分な調査ができません。

ぜひ早めに弁護士に相談をいただき、離婚していくための「準備」を同居段階から進めてほしいと思います。そのための有益なアドバイスを、客観的かつ冷静な視点で提供できるのが弁護士です。できるだけ早い段階での相談を強くおすすめいたします。

同居段階から行動を起こすべき事柄がある

大事なのは離婚後の生活を見据えて解決を図ること

また相手方に不貞・不倫、DVなどの事由がある場合の慰謝料請求では、行為を立証するための証拠の収集・確保が欠かせません。こうした証拠も、別居のあとでは集めにくい面があり、早期のアクションが必要となってきます。当事務所でそうした証拠収集のアドバイスもご提供しています。

当事務所では、「離婚したい」というお気持ちに沿って話をうかがうのはもちろんですが、大事なのは離婚後の生活までを見据えて最適な解決を図ること。裏返せば、「離婚してもその後の生活が成り立たない…」という状況であれば、安易な選択をせず、より慎重に離婚について考えていくことが大事です。

どうすれば、ご自身が前向きになれる離婚が実現できるか…。そのためにも、より有利な金銭的条件を得ることや、将来設計を丁寧に考えながら離婚についての話し合いを進めていかなければなりません。離婚に伴う選択肢を増やしていくためにも、まずは一度、早いうちにご相談いただければ幸いです。

離婚調停で弁護士を代理人に付けるメリットは?

弁護士だけの出席で話し合いを前に進めることも可能

裁判所外での協議離婚の場合は、ふつう最後に離婚協議書を交わして話し合いが終わります。離婚協議書を公正証書で作成することで、法的な強制力が伴うものにできます。養育費など将来に向けて継続的な支払いを求める項目があるときは、途中で頓挫することのないよう、離婚協議書を公正証書にしておくことをおすすめします。

そして家庭裁判所における「離婚調停」では、弁護士を代理人に付けることが得策でしょう。弁護士であれば調停の場において、ある程度法的な帰着点を見通していくことができます。それを踏まえ、依頼者の方が決して不利な状況にならないために、どこで合意すべきか?という線引きも明らかになり、解決への道筋も明確になります。

なにより、離婚調停に向けて、お一人で裁判所に出向くのは不安なもの。弁護士が帯同し同席することで、そうした不安は解消され、ご自身が主張したいことを十分に調停委員に伝えることもできます。また弁護士が代理人となることで、お仕事などで都合がつかないときなどは、弁護士が出席することで話し合いを前に進めることができます。

「子どもの問題」に確かな経験をもつ弁護士

細やかな目配りで、状況に見合った養育費の額を交渉

離婚において、お子さんのいるご夫婦であれば養育費が大事な問題となってきます。養育費は家庭裁判所の算定表に準じることにはなりますが、一方で個別の養育事情や収入状況を考慮しなければならないケースがあり得ます。当事務所では画一的な見方で算定表に準じるのではなく、今後のお子さんの教育事情なども踏まえながら、状況に見合った適正な額になるよう交渉してまいります。

養育費については、細かく目配りしなければ、一般の所得制限を超えてしまい、自動手当などの公的扶助が受けられないケースも出てきます。今後の生活を見据えた中で、細やかなご対応を心がけてまいりますのでまずはご相談ください。

親権・面会交流の話し合いにも豊富な実績

当事務所の吉田弁護士は、これまで「子どもの問題」に注力してきた弁護士で、親権の獲得や面会交流についてもこれまで豊富な実績を有しています。

親権は、お子さんの養育環境をできるだけ変えないことを重視しながら合意をはかっていくケースが多々あります。親権および面会交流の問題についても、これまでの経験を活かして納得のいく解決を目指してまいりますのでご相談ください。

ひより法律事務所からのアドバイス

弁護士に相談し、今後のことを考える一助にしてほしい

ご家庭の中で問題を抱えた場合、なかなか周囲に相談しづらく、相談しても理解してもらえないのではないかと不安に感じて、相談に踏み込めない方も多いと思います。けれども、問題を一人で抱え込んでしまっても何の解決にもならず、かえって状況が悪化してしまうこともあります。まずは弁護士に相談いただき、今後のことを考える一助にしてください。

そして、弁護士に相談したからといって、必ず依頼しなければならない、ということはありません。まずは気軽な気持ちでご相談いただければ幸いです。

所属弁護士

吉田 優子(よしだ ゆうこ)

登録番号 No.48098
所属弁護士会 大阪弁護士会

アクセス

大阪府高槻市城北町1-10-12 IK.baseたかつき城北1階

〒 569-0071 大阪府高槻市城北町1-10-12 IK.baseたかつき城北1階

事務所概要

事務所名 ひより法律事務所
代表者 吉田 優子
住所 〒 569-0071 大阪府高槻市城北町1-10-12 IK.baseたかつき城北1階
電話番号 準備中
受付時間
定休日
備考

その他の大阪府の離婚に強い弁護士