「敷居の低い」事務所が あらゆる離婚問題を親身に解決します

東山法律事務所

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回30分無料可能非所属事前予約の方のみ可能
東山法律事務所

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目1番6号 辰野西天満ビル7階最寄駅
対応エリア
大阪

お電話受付窓口

0066-9687-7104

受付時間:平日・土日 9:30〜17:30

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

大阪

お電話での受付窓口0066-9687-7104
受付時間 平日・土日 9:30〜17:30

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

分かりやすく懇切丁寧な説明を心がける

地元大阪出身の弁護士が地域に根差して活動

「東山法律事務所」は、難しい事件でもお客様に分かりやすく、懇切丁寧に説明させていただく「敷居の低い」事務所を目指しています。市営地下鉄・京阪電鉄の「北浜」駅から徒歩3分の場所にあってアクセスも便利。事前の予約をいただければ、平日夜間でも柔軟にご対応しています。

代表弁護士の東山俊は大阪出身で、地域に根差した活動で地元に貢献したいとの思いでこれまで離婚問題にも積極的に向き合ってきました。相談者の方のお話をしっかり聞くことはもちろん、夫婦間の感情のもつれに対して粘り強い対応で解決に結びつけています。

当事者同士での話し合いが難しい場合には

後で取り返しのつかないことにならないよう弁護士のサポートを

離婚問題は、相手の暴力があるなど対立が激しい場合には、当事者同士での話し合いが困難になってしまいます。そうなると最終的には法律によって決着をつけるしかなく、弁護士のサポートが不可欠です。

「離婚問題は夫婦の中で解決したい」と思う方はきっといらっしゃるでしょう。でも、夫婦間だけの離婚協議で終わらせてしまうと、離婚は成立したもののきちんとした財産分与が為されていなかったり、実は慰謝料を受け取れていたのが、知識がなかったことから見過ごしてしまうことも少なくありません。

また話し合いができても、そこで為されたはずの約束が後に守られなかったりすることも残念ながらよく見られます。専門家のアドバイスなしに約束してしまうと、後で取り返しのつかないことになりかねないのです。

離婚にはいくつかの方法がある

離婚協議がまとまらない場合には調停離婚へ

離婚の方法には、大きく分けると協議離婚、調停離婚、裁判離婚があります。一般的には協議離婚が最も多く行われ、夫婦の話し合いにより離婚するものですから、夫婦の双方が離婚や親権者などに合意している場合には効果的な方法といえます。

離婚協議がまとまらない場合には、家庭裁判所に調停委員会に間に入ってもらって話し合いを行い、調停離婚をすることになります。そして調停委員会が間に入っても話し合いがまとまらない場合には、裁判離婚に移ることになります。

裁判離婚は、離婚の合意ができない場合に、裁判所に強制的に離婚を命ずる判決を出してもらうものですので、どうしても離婚したいのに夫婦間で離婚の合意ができない場合には有効な方法となります。

離婚の原因となるのは不貞行為と…

「婚姻を継続し難い重大な事由」は夫婦によって様々

離婚の原因となる主なものとして挙げられるのが、「不貞行為」と「婚姻を継続し難い重大な事由」です。婚姻を継続し難い重大な事由とは、もはや婚姻関係が破綻して回復の見込みがなくなる場合のこと。内容は、夫婦それぞれで事情が異なりますから様々なものがあります。

たとえば、虐待や暴力・暴言、長期間にわたる性交の拒否、刑事事件による服役など…。性格の不一致の場合も、それが原因で婚姻が破綻し、将来的にも修復の可能性がないというときには離婚の理由として認められます。

不貞による離婚では慰謝料が請求できる可能性も

不倫などによって離婚に至った場合には、その責任のある側に対して、相手方は離婚によって受ける精神的苦痛に関する慰謝料を請求することができます。慰謝料の平均額は約190万という統計があり、そのうち約8割が400万円までの間に収まっているようです。

ちなみに不倫を理由として慰謝料を請求する場合には、不倫相手に行うことも可能です。ただし、配偶者から慰謝料の一部または全部の支払いを受けた場合には、その分は不倫相手から請求することはできません。不倫相手から慰謝料の支払いを受けた場合も同様です。

慰謝料を請求される側からの相談にも数多く対応

証拠に基づいて事実を明らかにし、合理的な金額に近づける

当事務所には男性側からの相談、つまり慰謝料を請求される側からの依頼も多くいただいています。「請求された慰謝料の金額が正当かどうか分からない」「高額過ぎて不当ではないか」、また父親として「親権だけは譲りたくない」という相談も少なくありません。

金額についての食い違いがある場合には、過去の裁判例をひもといて適正と思われる金額を提示し、さらに証拠に基づいて事実をきっちりと明らかにしていくことで合理的な金額に近づけていきます。

過去の依頼の中には、「一方的に離婚を申し入れられ、同時に数々の暴言を吐かれた」と妻から主張されて困っている男性からの相談例がありました。妻側が「明らかに事実と異なる主張をしている」とその男性は言い、自宅で奥さんの携帯やパソコンメールを細かく調べた結果、主張に嘘があることが分かる内容が出て来ました。それによって妻側の主張を退けることができたのです。

慰謝料や財産分与で有利な条件を引き出すために

証拠や資料は同居しているうちに細かく集めておく

いっぽうで夫の不貞行為やDVが原因で離婚協議となり、妻である女性の側が相談に来られるケースはもっとも多く、当事務所でもご依頼を数多くお受けしています。

不貞の証拠は、たとえば探偵事務所の調査報告書等があれば非常に効果的ですが、妻としては夫の不倫を示すようなメールの内容を細かくつかんでおくこと、会話の音声を録音することでも証拠になり得ます。そうした証拠集めは、夫婦の関係が悪化してしまってからはまず難しいため、不倫の疑いがあると感じた段階で早めに行っておくのが賢明でしょう。

財産分与については、離婚の準備をしていると分かってしまうと、財産をもつ夫の側が積極的に情報を開示しないケースもあり得ます。銀行口座については、銀行名だけでなく支店名まで把握していなければ調査が難しい場合もありますから、できるだけ早い段階から財産内容の手掛かりになりそうなものは把握しておいてください。

東山法律事務所からのアドバイス

弁護士への相談は早めのほうが得策、いつでもご連絡ください

夫婦関係に破綻が生じると、お互いに感情的になって主張に食い違いが生じ、争いが深くなっていくことが多くあります。そのため、離婚に際して重要になってくるのは、事実を事実として示すことができる証拠を可能なかぎり集めることです。

その意味でも、弁護士への相談は早めのほうが得策。当事務所では依頼者の方の気持ちに寄り添い、状況を明らかにするためのアドバイスをしっかりと提供しますので、どうぞ安心してご相談ください。

所属弁護士

東山 俊(ひがしやま しゅん)

東山 俊

登録番号 No.32357
所属弁護士会 大阪弁護士会

料金体系

相談料初回30分無料
以降30分5400円

調停、訴訟

調停
着手金20万円から50万円(税別)
報酬金20万円から50万円(税別)
訴訟
着手金30万円から60万円(税別)
報酬金30万円から60万円(税別)

不倫相手への慰謝料請求

示談交渉
着手金10万8000円
報酬金経済的利益の16%
訴訟
着手金21万6000円
報酬金経済的利益の16%

アクセス

地下鉄・京阪「北浜駅」徒歩3分
地下鉄「南森町駅」徒歩6分
地下鉄・京阪「淀屋橋駅」徒歩15分
JR「大阪天満宮駅」徒歩7分
京阪「なにわ橋駅」徒歩2分
阪急・阪神「梅田駅」・JR「大阪駅」徒歩20分

大阪府大阪市北区西天満3丁目1番6号

事務所概要

事務所名 東山法律事務所
代表者 東山 俊
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目1番6号 辰野西天満ビル7階
電話番号 0066-9687-7104
営業時間 平日・土日 9:30〜17:30
定休日 祝日
備考 事前予約を頂ければ、平日夜間も対応可能です。お気軽にご相談下さい。
東山法律事務所
東山法律事務所
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7104
受付時間
平日・土日 9:30〜17:30

現在05:29。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目1番6号 辰野西天満ビル7階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP