どう解決したいか?をじっくり聴いて 最後まで親身に寄り添います

椿法律事務所

相談料
初回無料
当日相談
お電話ください
女性弁護士
非所属
夜間相談
-
土日対応
予約の方のみ
  • 椿法律事務所
住所 〒988-0042 宮城県気仙沼市本郷10-13 遠間ビル2階
アクセス方法 バス BRT南気仙沼駅下車 徒歩2分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

椿法律事務所の強みと特徴

キャリア十分のベテラン弁護士

冷静に話を聴きながら親身にご対応

「椿法律事務所」は気仙沼市にある法律事務所です。代表弁護士の関口悟は、名古屋で約25年を過ごし、戸塚ヨットスクール事件や大塚製薬贈賄事件、法人税法違反、相続税法違反、証券取引法違反・商法違反事件を担当するなど、弁護士として豊富な実績を有してきました。その後、気仙沼で7年前に当事務所を開業して以来、地域に根差した活動を続けています。

じっくり相談に乗り、解決への道筋を描く

離婚問題はとかく、感情的ないさかいやわだかまりが生じがちで、当事者同士で話し合いをしようにも難しい部分が多々あります。だからこそ、ご自身で安易に判断して動いていくよりも、早めに弁護士に相談すべきです。当事務の弁護士が冷静にお話を聴きながら親身に相談に乗り、解決のへの今後の道筋を描いていきます。

当事者だけで解決しようとすると、必要な知識を持っていなかったことから、いつの間にか不利な条件を呑まされてしまうこともあり得ます。離婚の問題は親族にも相談しづらい面がありますから、法律の専門知識があり、何でも親身に聞いてくれる相談相手が必要といえるのです。

当事務所では、平日夜間や土日祝は事前予約があれば面談も可能です。事務所にはお客様用の駐車場も備えていますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

離婚相談は早めのほうが望ましい

流れを事前につかんでおいた方が安心

もしも真剣に離婚を決める段階になれば、できるだけ早いタイミングで相談をいただくことが望ましいでしょう。相談したからといって、必ず依頼しなくてはならないということはまったくありません。まずは弁護士に相談をいただき、今後どうご自身が動けば良いのかを、的確なアドバイスのもとで把握していくことに意味があります。

いざ離婚するということになれば、財産分与や親権、面会交流や住居の問題など、法的に整理すべき項目をはじめ、様々な事柄がいっせいに動き始めます。そのとき、どのような流れが生じていくかを事前につかんでおいた方が安心ですし、話し合いを有利に進めるための戦略も組み立てられます。

離婚協議でまとまれば公正証書に

相手からの支払いに強制執行力を持たせる

そして、弁護士が代理人となって交渉や手続きを遂行することで、適正な慰謝料、養育費、財産分与を得るための準備が整います。仮に離婚条件などが協議段階で早期にまとまれば、離婚協議書を公正証書で作成し、相手方からの支払いに将来的な強制力を持たせるよう努めます。

調停に弁護士がいれば、即座に反論が可能

離婚協議がまとまらないときは、家庭裁判所に離婚調停を申し立てるわけですが、調停では弁護士を代理人につけることをおすすめします。調停の場では、間に入る調停委員がもつ考え方や思考に、判断が左右されてしまうことが少なくありません。ちょっと油断していると、いつの間にか不利な合意を迫られるようなことも生じますから注意が必要です。

またご自身だけでは、主張すべき事柄が感情論に終始してしまい、調停委員にきちんと伝わらないケースも生じます。その点、弁護士は紛争解決のプロですから、伝えるべき内容を法的な裏付けを伴って明確に主張し、相手側の言い分に対して即座に効果的な反論を行うことができます。調停離婚に進む場合には、余計な時間をかけていかないためにも、ぜひ弁護士を代理人に立てることをおすすめします。

財産分与を確かなモノにするには?

事前に財産の中身をつまびらかにする

財産分与が問題になりそうなときに、相手方がお金の管理をしているようだと、どの金融機関に口座があるかといった情報や資料を先に得ておくことは重要です。また相手の不倫や不貞が疑われるような状況なら、事前に証拠の収集も行っておくべきでしょう。こうした際のアドバイスについては、当事務所でも丁寧に提供しています。

そして、離婚を決めてからは、具体的な手続きや相手との交渉が必要になってきます。離婚しようと思っている相手と話すことは、精神的にも大きなストレスになるもの。そのため金銭的な条件のすり合わせにも力が入らず、本来得られるはずの慰謝料や養育費などで妥協したり、泣き寝入りしてしまう方も多くおられるのです。

できるだけ訴訟にならないようサポート

依頼者にとって最大限に有利な解決を探す

離婚の話し合いは、調停で合意が得られなかった際には訴訟に進むことになりますが、訴訟ではさらなる時間を要すことになるため、依頼者の負担もいっそう増えていきます。できるだけ訴訟にはいかないようサポートしながら、納得のいく解決が得られるよう力を尽くしていきます。

離婚をどう解決していくかは、実は法律の問題が多分に絡んできます。そのため、一時的な感情に振り回されたり、ご自身だけでいろんな判断をしてしまうのは禁物です。依頼者の方の気持ちに寄り添うことを重視し、依頼者の方にとって最大限に有利な解決とは何かを考えながら親身にサポートします。

椿法律事務所からのアドバイス

相談しやすい雰囲気づくりに注力する

離婚はごく身近な人生の問題です。だからこそ、早めの対処で、悔いの残らない離婚協議をスタートさせると良いでしょう。「弁護士に相談するのは敷居が高い」「大げさな問題にしたくない」などと考える必要はまったくありません。当職は、気軽に相談できる事務所にしたいと考え、相談しやすい雰囲気づくりに注力しています。

依頼者の方がどのような解決方法を望んでおられるかを汲み取りながら、分かりやすい言葉で相談に乗ることを心がけています。特にお子さんのいるご夫婦は、離婚を決めたら、より慎重な対処が求められますので早めにご相談ください。

所属弁護士

関口 悟(せきぐち さとる)

登録番号 No.20041
所属弁護士会 仙台弁護士会

弁護士費用

相談料

初回無料

着手金・報酬金

22万円~55万円

詳しくはご相談時にご説明いたします。

※料金はすべて税込み価格です。

アクセス

宮城県気仙沼市本郷10-13 遠間ビル2階

〒988-0042 宮城県気仙沼市本郷10-13 遠間ビル2階

事務所概要

事務所名 椿法律事務所
代表者 関口 悟
住所 〒988-0042 宮城県気仙沼市本郷10-13 遠間ビル2階
電話番号 050-5385-1738
受付時間 平日 9:00~17:00
定休日 土日祝
備考

その他の宮城県の離婚に強い弁護士