【男の離婚】子どもとお金の問題に 詳しい弁護士です

弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)

相談料
30分/5,000円(税込)
当日相談
お電話ください
女性弁護士
所属
夜間相談
-
土日対応
-
  • 弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)
  • 弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)サムネイル0
  • 弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)サムネイル1
  • 弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)サムネイル2
事務所名 弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)
電話番号 050-5267-5313
受付時間 平日9:00~17:30
定休日 土日祝
住所 神奈川県茅ヶ崎市元町4-1 山口ビル2階
アクセス方法 茅ヶ崎駅改札を北口(山側)に出て、国道1号方面に真っ直ぐ進みます。
イトーヨーカドーのある交差点の角、1階に整骨院の入っているビルの
2階です。
  • 電話受付可能
  • 女性弁護士在籍
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)の強みと特徴

子どもとお金の問題で不利になりやすい男性のための弁護士です

「男性だから」と我慢をする必要はありません

「弁護士法人マイタウン法律事務所」は離婚問題に豊富な実績をもつ弁護士事務所です。これまで、男性側のご相談・ご依頼を数多く受けており、「離婚後に子どもと会えなくなった」「収入に見合わない婚姻費用を払っている」…といった、子どもとお金に関する相談が多く寄せられています。

男性は、離婚に際し不利な立場に置かれがちです。しかし、家を空けて働いたのは妻と子どものためではないでしょうか? 子どもは父親と良好な関係を築いていませんか?妻の要求する婚姻費用の金額に法的な根拠はありますか?男性だからと我慢をする必要はありません。まずは一度相談にいらしてみて下さい。

◆書籍『男の離婚術』

『男の離婚術』(講談社)という書籍を、当事務所が執筆しました。不利になりがちな男性が、離婚を有利に進めるために知っておくべきことを、できるかぎり載せた一冊です。平成26年12月12日に出版された本ですが、現在も本を読んで相談に来られる方がいらっしゃいます。Amazon等で販売され、電子書籍化もされていますので、ぜひ検索してみてください。

男性が抱えがちな問題とは

親権・面会交流などの「子どもの問題」

離婚後、男性側が子どもの監護権、親権を取得した事案はとても少なく、子どもと会えないまま養育費だけ支払うことが珍しくありませんでした。それは「イクメン」であっても例外ではありません。

しかし、父親だけが子どもと会えなくなってしまうのはおかしな話です。裁判所に「別居前の父親と子どもの関係が良好だったこと」「男性側が子どもを養育する環境を整えていること」等を粘り強く訴えた結果、男性側が監護権や親権を獲得した事案が増えています。

裁判所と戦う中で培った証拠集めや、調停員を説得するノウハウも豊富にありますので、いつでもご相談にいらしてください。

婚姻費用・養育費・慰謝料・財産分与など「お金の問題」

離婚に伴い問題になるお金は、主に婚姻費用、養育費、慰謝料、財産分与の4つです。

婚姻費用・財産分与に関しては、男性側が高収入であればあるほど妻側に支払う金額が大きくなるのが通常です。また、子どもが妻側にいる場合、養育費も男性側が支払わなくてはなりません。そして慰謝料については、妻側が過大な請求をしてくることが多く、男性側が罪悪感で支払いに応じてしまうことになりがちです。

しかし、妻側の要求する金額が、法的に正しい金額とは限りません。また、妻側の要求をのんでしまった結果、生活破綻をきたす例もあります。疑問を感じた場合、法的に正しい金額はいくらなのか、弁護士に確認しましょう。

そのほか、このようなご相談も大歓迎です!

  • 離婚を先延ばしにされている
  • 有責配偶者からの離婚請求
  • 不貞相手への慰謝料請求
  • 公正証書の文案作成
  • 内縁関係の解消  等

解決事例

◎元妻が再婚後、子どもと会えなくなった。面会交流調停を申し立てて、月に一度の面会交流と、宿泊付き面会交流を実施できるようになった。

◎家を出た妻に婚姻費用を支払っていたが、自身が働けなくなり収入が途絶えてしまった。妻側から婚姻費用調停を起こされたが、「収入がなくなってからの婚姻費用の支払い義務はない」という審判を得た。

◎性格の不一致で離婚を望んでいたが、妻側は拒否。離婚条件の内容を工夫して妻側に納得させ、離婚が成立した。

◎家を出て行った妻が、別居1ヶ月後に子の監護権を求めて裁判所に審判を提起したが、夫の監護実績や子の様子から、夫側に子の監護権を認める旨の審判を得た。  …など多数の解決実績があります。

神奈川県内に5つの支店・電話相談も可能

いつでも相談しやすい身近な法律事務所です

当事務所は、神奈川県内に5つの支店があり、どの支店も最寄り駅から徒歩5分以内でアクセスできます。私自身は茅ヶ崎支店に常駐しておりますが、ご希望があれば他の支店でご相談を承ります。

また、新型コロナウイルス対策として、お電話でのご相談も可能です。仕事の合間に相談される方も増えていますので、お気軽にご利用ください。

  • 茅ヶ崎支店:JR線 茅ヶ崎駅 徒歩3分
  • 二俣川支店:相鉄線 二俣川駅 直結
  • 金沢文庫支店:京浜急行線 金沢文庫駅 徒歩1分
  • 青葉台支店:東急田園都市線 青葉台駅 徒歩1分
  • 新横浜支店:JR線・東海道新幹線 新横浜駅 北口より徒歩2分
    横浜市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 7番出口 目の前

磯田裕之弁護士からのメッセージ

相談後は、きっと次の一歩を踏み出す勇気が出るはずです

男性にとって、離婚問題はアウェイでの戦いです。弁護士や調停員に主張を聞いてもらえず「親権はあきらめてください」「早く慰謝料を支払った方があなたのためです」などといわれることが多く、なかば泣き寝入りすることになりがちです。

だからでしょうか、相談に来られる方の中には、やっと本音が話せたと涙される方や、否定せずに話を聞いてくれたと安堵される方がいらっしゃいます。

どんなことでも構いません、私には本音でお話しして下さい。分からないことも、恥ずかしがらずに聞いてください。相談後は、きっと次の一歩を踏み出す勇気が出るはずです。

所属弁護士

磯田 裕之(いそだ ひろゆき)

登録番号 No.51561
所属弁護士会 神奈川県弁護士会

弁護士費用

相談料
(来所・電話)
30分ごとに5,000円
●交渉事件
着手金 33万円~
報酬金 33万円~
実費 事案に応じ(内容証明郵便発送等)
●調停・審判・保全事件
着手金 33万円~
報酬金 44万円~
実費 事案に応じ(印紙代等)
●訴訟事件
着手金 44万円~
報酬金 55万円~
実費 事案に応じ(印紙代等)
●公正証書作成支援
手数料 11万円~
●備考

弁護士費用は、一般的な事案の最低金額を掲載しております。ご依頼内容により、着手金・報酬金・実費はそれぞれ異なります。詳細については、ご相談の際に詳しくご説明いたします。

※上記は税込み価格です。
※主任弁護士による相談は30分10,000円です(税込み)。

アクセス

神奈川県茅ヶ崎市元町4-1 山口ビル2階

神奈川県茅ヶ崎市元町4-1 山口ビル2階

事務所概要

事務所名 弁護士法人マイタウン法律事務所(磯田裕之弁護士)
代表者 勝俣豪
住所 神奈川県茅ヶ崎市元町4-1 山口ビル2階
電話番号 050-5267-5313
受付時間 平日9:00~17:30
定休日 土日祝
備考

その他の神奈川県の離婚に強い弁護士