弁護士歴30年超の豊富な経験を活かし、 望む解決を目指します

南木法律事務所

相談料
初回無料
当日相談
不可
女性弁護士
非所属
夜間相談
-
土日対応
-
  • 南木法律事務所
  • 南木法律事務所サムネイル0
  • 南木法律事務所サムネイル1
  • 南木法律事務所サムネイル2
住所 〒242-0017 神奈川県大和市大和東2-2-3 ライオンズビル大和301
アクセス方法 小田急江ノ島線及び相鉄線「大和駅」北口(相鉄口)より徒歩3分
三井住友銀行隣り ライオンズビル大和3階(301)
  • 電話受付可能
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚
メール受付はこちら

多彩な実績のベテラン弁護士が安心対応

柔軟な対応でスピーディーに解決へと導く

神奈川県大和市にある「南木法律事務所」はJR大和駅から徒歩3分の立地にある法律事務所です。代表の南木道雄弁護士は弁護士歴30年以上のベテラン。企業の法務部でインハウス・ローヤー(企業内弁護士)として活躍するなど、多彩な経歴と実績があります。

個人のトラブル解決にも数多くたずさわり、離婚問題もこれまで豊富な経験を重ねてきました。当事務所の信条は、「それぞれの案件の状況や依頼者の希望に沿って、柔軟な対応でスピーディーに解決へと導くこと」。問題を大きくさせず、裁判でなく話し合いで解決できるようサポートする弁護士として信頼をいただいています。

離婚は言うまでもなく人生の中での大事な問題で、今後の生活にも大きな影響を与えるものです。安易な気持ちで離婚に踏み切ってしまい、経済的に厳しい状況に立たされるケースも少なくありません。そのため、面談では離婚することのメリットとデメリットを丁寧にご説明することから始めます。相談料は初回1時間無料でお受けしていますので、いつでも気軽にご相談ください。

当事者同士で解決しようと思うのはキケン

別居の前に弁護士のアドバイスを仰ぐことが肝要

離婚に直面したとき、夫婦間の争いは感情的な面が大きくなりがちで、普通の状態での対処が難しくなります。当事者同士では、十分な話し合いができない状況になることが多々ありますから、弁護士を代理人に立てることをおすすめします。

離婚を真剣に考え、別居を実行に移すような心づもりになったら、まずは一度弁護士にご相談ください。実際に別居をしてしまうと、たとえば不貞の証拠や、財産分与に関する財産資料の収集なども難しくなります。離婚後の交渉や対応を有利に進めていくためにも、別居する前に弁護士のアドバイスを仰いでもらうほうが良いでしょう。

不動産が絡むような財産分与は慎重に

財産調査を含めた一連のサポートをご提供

夫婦間に一定の財産がある場合に、慎重に行わなければならないのが財産分与です。財産分与を適正に行うには、夫婦共有財産を細かく把握することが欠かせません。その上で、財産を2分の1ずつ分けることになります。

ただ、財産が預貯金だけといったようなケースだと難しくはないのですが、夫婦で住んでいた自宅をどうするか、住宅ローンが残っているような場合に財産としてどう分けるか…といった状況があると対処が難しくなります。

こうした状況であればなおさら、弁護士に依頼をいただき、財産調査から財産分与に関する一連のサポートをお任せいただいたほうがいいでしょう。不動産が絡むようなデリケートな案件だと、もはや協議で合意をはかるのは現実的には厳しいでしょうから、離婚調停を申立て、調停委員を間に入れてお互いの合意をはかっていくことになります。

離婚調停では弁護士を代理人につけるべき

精神的に楽になり、主張を相手側に的確に伝えられる

離婚調停では、ぜひ弁護士を代理人につけることをおすすめします。多くの場合、依頼者は調停を初めて経験されると思いますので、1人で調停委員に対峙するのは不安なもの。弁護士が調停に同行・同席することで、精神的にも楽になり、自分の主張を相手側に伝えることに専念できます。

また、調停委員は何度も調停の場を経験しているプロですから、依頼者の方とは離婚に関する知識やノウハウが大きく違います。ご自身だけだと、主張に法的な根拠がないため聞き入れてもらえず、最後には感情的な話ばかりになって、いつの間のか不利な内容で合意させられている…といった状況になることも少なくないのです。

そうしたことを防げるのが、弁護士の存在価値であり、代理人につくことのメリットです。依頼者の方が望む部分について妥協なく得ていく交渉術で、依頼者にとっての納得の解決を目指していきます。

慰謝料や養育費も納得のいく解決を

適正な金額の獲得に向けて粘り強くご対応

そのほか、お金の問題の要素として、「慰謝料」があります。不貞が原因で離婚に至る場合は、有責配偶者に相応の慰謝料を請求することが可能です。この場合、納得のいく額を得ていくためには、第一に不貞行為を立証するための証拠の収集が欠かせません。

不貞の証拠は多くの場合、別居の後は集めるのが難しくなりがちです。同居の段階から早期に相談をいただければ、相手の不定行為の立証につながるような証拠の確保について、アドバイスをご提供できます。

またお子さんのおられる場合の「養育費」も大事なお金の項目です。養育費はお子さんのいない場合の「婚姻費用」と同様で、家庭裁判所が策定した算定表に準じることを原則としています。ただし、お子さんが特別な教育を受ける予定があったり、疾病の治療でこの先大きな費用がかかるケースでは、金額の修正が認められることもありますのでご相談ください。

「親権」「面会交流」も大切な問題

安易にあきらめることなく、早めの相談を

離婚の争いのなかで、大切な要素として挙げられるのが、「親権」および「面会交流」の問題です。言うまでもなく、お子さんのいる夫婦で生じるもので、何よりも子どもの福祉を重視する解決が求められます。そのため、それまで監護について中心的な役割を担っていたほうに親権が委ねられるのが普通です。

親権の獲得が難しい場合には、定期的にお子さんに会える「面会交流」の充実に力を注ぐことになります。ただし、親権についても当初から安易にあきらめてしまうのではなく、何らかの突破口があるかもしれませんので、早めに相談してみてください。

南木法律事務所からのメッセージ

前向きな気持ちになってもらえるようサポートしたい

離婚という出口に向かう中では、当職は弁護士として、依頼者の方にできるだけ前向きな思考になってもらえるようサポートしたいと考えています。離婚問題は1人で向き合うよりも、信頼できる第三者に相談されたほうが解決への早道につながることが多々あります。当事務所では、弁護士に相談したからといって必ず依頼しなければならないということはありませんので、まずは気軽な気持ちでご相談いただければ幸いです。

所属弁護士

南木 道雄 (みなき みちお)

南木 道雄
登録番号 No.21546
所属弁護士会 横浜弁護士会

弁護士費用

着手金は、調停申立については30万円+実費(税別)、調停から訴訟に移行した場合には、追加分として10万円+実費(税別)になります。 成功報酬金は、離婚ができた場合には10万円から20万円(期間、難易度によります)(税別)、財産分与がある場合にはその10%(税別)です。

アクセス

神奈川県大和市大和東2-2-3 ライオンズビル大和301

〒242-0017 神奈川県大和市大和東2-2-3 ライオンズビル大和301

事務所概要

事務所名 南木法律事務所
代表者 南木 道雄
住所 〒242-0017 神奈川県大和市大和東2-2-3 ライオンズビル大和301
電話番号 050-5267-6709
受付時間 平日10:00~17:00
定休日 土日祝
備考
メール受付はこちら

その他の神奈川県の離婚に強い弁護士