「弁護士はサービス業」と認識し、 将来設計を有利に導きます

札幌リアル法律事務所(弁護士千貝周光)

相談料当日相談女性弁護士夜間相談土日対応
初回無料可能非所属可能可能
札幌リアル法律事務所(弁護士千貝周光)

取扱い可能な事案

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

事務所概要

所在地
〒060-0061 札幌市中央区南1条西10丁目 タイムスビル6階最寄駅
対応エリア
北海道

お電話受付窓口

0066-9687-7524

受付時間:毎日 9:00〜20:00

弁護士費用を見る

離婚問題でお悩みなら、まずはお電話ください。

ただ今のお時間[16時21分]お電話がつながります!

対応可能エリア

北海道

お電話での受付窓口0066-9687-7524
受付時間 毎日 9:00〜20:00

※性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

立地は札幌の中心部でアクセスも良好

地元札幌出身の弁護士が親身に相談にご対応

「札幌リアル法律事務所」は、札幌市電「中央区役所前」駅から徒歩1分という分かりやすい場所にある事務所です。所属弁護士の千貝周光は地元札幌の出身ですので、地域に密着した対応が可能です。安心してご依頼ください。

「弁護士はサービス業」がモットー

法律的にできること・できないことを明確に示す

「弁護士はサービス業である」という強い認識のもとで、何よりもまず相談者のお話を丁寧に聞くことから始めます。離婚の場合は出口が見えにくい人生相談的な色合いが強いので、なおさらです。その上で、法律的によって解決できることとできないことを見極め、「法的に解決するには、このような方法があります」と明確に伝え、具体的な対策を示すというスタンスを守り続けています。

和解や協議によって離婚できるケースであれば、そう紛争化することもありませんが、調停または裁判となると事由によっては解決までに長い時間を要することも考えられます。たとえば性格の不一致を理由にしたような場合、お互いが離婚に同意していれば協議や調停で離婚にもっていけますが、相手の同意が得られない場合には、裁判になっても容易に離婚できないケースとなることもあるのです。早めに相談いただくことで、離婚を実現するための有効なアドバイスを提供できますので、どうぞご連絡ください。

離婚問題を弁護士に依頼するメリットは

離婚したあとの将来設計を有利に導くことができる

離婚協議の場合は、当事者間の話し合いではどうしても感情的になりがちです。また法律の知識についてもふつうは不十分なことが多いですから、「女性なら慰謝料は当然もらえるもの」と思い込んでいる方も少なくないようです。また別居となって生活費に困っている場合に、離婚するまでの生活費(婚姻費用)を請求できることを知らない方もおられます。

法律に照らし合わせることで、何ができて何ができないのかが分かり、ご自身で空回りをしてしまし、精神的に余計な苦労を強いられるような事態になることも避けられるでしょう。ケースバイケースによってさまざまな対策を提供できますから、離婚後の将来設計を有利に導くためにも、法律のプロである私たち弁護士の力をぜひ頼りにしていただきたいと思います。

もし弁護士に相談せずに離婚してしまったら…

離婚には、慰謝料や養育費、財産分与といったお金の問題が必ず絡んできます。子どもがいれば、親権や離婚後の面会交流をどうするかも決めなければなりません。それを当事者だけで安易に約束してしまうと、離婚協議書に不備が生まれて法的な効力を生じないといったトラブルにもなりがちです。

やはり弁護士がきちんと中に入って、公正証書や調停調書を作成し、もし約束が不履行になったときに、強制執行が可能なようにしておくなど、離婚後の生活での不安を少しでも少なくするような方法をとるのが大切です。

弁護士によってお金の問題の解決に差が?

バランスのとれた離婚条件としてまとめていくことが大切

お金の問題の中で、慰謝料は計算式ではなく、さまざまな事情を考慮して総合的に判断されるものです。相場の範囲や、離婚の原因となる相手の不法行為の内容、また夫婦のどちらが強く離婚を望んでいるかなどの駆け引きによって、どこで折り合えるかという問題で決まること多いのです。依頼者によっては、金額の多寡よりも早く決着させたい方や、時間をかけてでも金額にこだわる方もおられます。

ほかにも、財産分与や養育費の算定のほか、離婚後の面会交流を離婚協議書の条項に盛り込むかどうかも、夫婦間の事情を判断して決めていきます。何かの項目に強く固執し過ぎると、離婚条件を整えていく上での全体のまとまり感が崩れ、本人に有利にならない内容で合意せざるを得なくなる可能性もあります。

離婚後に安定した生活を築くことを見据え、バランスのとれた離婚条件としてまとめるためにも、当事者双方が隠し事をしないで、「払うものは払う、もらうものはもらう」という明快なスタンスで話し合いを進めることも大事。駆け引きに終始して余分な時間をかけてしまうことのないよう、弁護士として依頼者に説明を尽くし、納得を深めていただいた上で効率良く協議を進めるよう心がけています。

何よりも依頼者の意向に沿った解決を目指すことが一番であり、そのために当職は、あらゆる離婚相談に対して親身に対応していきます。

弁護士千貝周光からのアドバイス

相性の良さや、信頼できるかどうかで弁護士を選んでほしい

将来の離婚の可能性を感じるようになったら、できるだけ早いうちに弁護士に相談してください。離婚にはさまざまな準備が必要であり、たとえばすでに別居しているような状況だとなかなか相手の情報が開示されず、有利な条件に持ち込めないこともあります。

また最終的に判断を下すのは依頼者であり、そのためにどのような手助けができるかが弁護士の役割です。ご自身の離婚を有利なものに導くために、早めに事務所を訪れ、「相性が合いそうかどうか」「きちんと話を聞いてくれるかどうか」「この人なら信頼してもいいと率直に思えるかどうか」をポイントに弁護士選びを進めてことをおすすめします。

離婚を決めかねているときは落ち着かず、浮かない顔をされていた依頼者が、やがて、離婚のための書類がまとまると、心の切り替えができて明らかにほぐれた表情に変わっていきます。依頼に来られた方のそうした姿を見ると、やはり弁護士としても元気づけられるもの。ぜひ早めに肩の荷を下ろしてもらうためにも、誠心誠意、あなたの悩みに向き合います。

所属弁護士

千貝 周光(ちがい のりみつ)

千貝 周光

登録番号 No.50511
所属弁護士会 札幌弁護士会

料金体系

項目費用・内容説明
相談料初回無料
2回目以降、30分5000円(税別)
着手金離婚 20万円~(税別)
離婚以外詳細については、ご相談ください。
報酬離婚 10万円~(税別)
離婚以外詳細については、ご相談ください。
備考支払方法等柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。

アクセス

札幌市電 中央区役所前駅から徒歩1分
地下鉄東西線 西11丁目駅から徒歩3分

北海道札幌市中央区南1条西10丁目6

事務所概要

事務所名 札幌リアル法律事務所(弁護士千貝周光)
代表者
住所 〒060-0061 札幌市中央区南1条西10丁目 タイムスビル6階
電話番号 0066-9687-7524
営業時間 毎日 9:00〜20:00
定休日 なし
備考
札幌リアル法律事務所(弁護士千貝周光)
札幌リアル法律事務所(弁護士千貝周光)
スマホ・携帯からも無料通話
0066-9687-7524
受付時間
毎日 9:00〜20:00

現在16:21です。お気軽にお電話ください。

住所
〒060-0061 札幌市中央区南1条西10丁目 タイムスビル6階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2014 Agoora.inc.

TOP