後悔しない解決のために 最後まで親身に寄り添いサポートします

あい法律事務所

相談料
当日相談
女性弁護士
夜間相談
-
土日対応
-
  • あい法律事務所
住所 〒799-3102 愛媛県伊予市宮下605番地1
アクセス方法
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 国際離婚

あい法律事務所の強みと特徴

地域に根差した法律事務所

気持ちに寄り添い、最後まで親身に向き合う

「あい法律事務所」は、愛媛県伊予市にある地域に根差した法律事務所です。愛をもって皆様に寄り添うべく、地元・伊予市出身の代表弁護士の植西剛大(うえにし・たかひろ)が地域の皆様の様々なお困りごとの解決に向き合っています。

離婚に関する相談も積極的にお受けしており、面談の際には問題の背景事情をじっくりと聞くことから始め、気持ちに寄り添い、親身にサポートさせていただきます。平日夜間・土曜日をはじめ、日曜・祝日でも事前に予約をいただければ柔軟に面談に応じていますので遠慮なくご相談ください。

あとになって後悔しない解決を

弁護士のサポートで交渉がスムーズになる

もしも離婚を真剣に考えることになれば、まずは弁護士に相談されることをおすすめします。もちろん、離婚に向かうどのようなタイミングでも親身に相談に乗りますが、できるだけ早くにお越しになるほうが良いでしょう。

離婚協議が進んでしまい、金銭的な条件など、物事が決まってしまってからでは遅いことが多々あります。相手方に十分な主張ができなかったことで、結果的に納得のいかない条件で妥協してしまうようなことになっては後悔します。

たとえば、まだ離婚の話を相手にしていない段階で相談をいただけると、今後どのように相手に対応していけば良いかがわかり、その後の交渉も思うように進むことがあります。また、同居の段階だからこそ、証拠や資料の収集が可能になる面がありますので、まずは一度、気軽な気持ちでご相談ください。

離婚調停を代理人としてサポート

法的根拠に基づいた説得力のある主張を展開

離婚協議が進まない場合には、家庭裁判所で離婚調停手続きをとり、調停委員をはさんでの話し合いを行っていくことになります。離婚調停では法的根拠を押さえた主張が必要になり、感情的な主張だけに終始していたのでは、調停委員への訴求力も弱くなってしまいます。

その点、弁護士が代理人としてサポートすることで、効果的な資料を作成し、法的根拠にもとづいた説得力のある主張ができるようになります。争点を明確にし、依頼者の方にとって有利に運べるよう最後まで粘り強く対応してまいりますのでご相談ください。

依頼者とのコミュニケーションを重視

調停期間中は、調停当日以外にも、面談のほか、電話やメールなどで依頼者の方とはしっかりとコミュニケーションをとってまいります。どんな小さなことでも、分からないことや不安な点があればいつでもお応えしていきますので安心してご依頼いただけると幸いです。

お金&子どもの問題を有利に進めるために…

財産分与は共有財産をもれなく把握することが重要

離婚に際して、決めるべき問題は多々あります。金銭的な問題としては、財産分与や婚姻費用、慰謝料、養育費など。また子どもの問題では、親権や面会交流がそれに当たります。

たとえば、財産分与を有利に解決するには、夫婦の共有財産をできるだけ把握するよう努めることが欠かせません。預貯金はもちろん、有価証券や生命保険など、婚姻期間中に築瀬された共有財産についての内容をもれなくつかんでいきます。

相手が財産を隠しているような場合や、積極的に開示してくれない時には、裁判にならなければ厳密な調査が難しくなってきます。そのため、たとえば同居の段階から、早めに共有財産に関する資料や証拠をつかんでおくことが望ましいといえます。

不倫の慰謝料請求では証拠の確保が不可欠

また、不貞・不倫の慰謝料請求も、証拠が非常に重要です。慰謝料の請求には、適切な証拠を揃えて法的な手続きを利用する必要があり、適正な慰謝料の支払いを受けるためには、その根拠を満たすだけの立証要素が必要なのです。

当事務所では、慰謝料を請求する側・される側のいずれのケースもこれまで経験があり、しかるべき証拠の収集方法について、アドバイスが提供できます。同居段階からアドバイスしていくことで有利に運べることも多々ありますから、どうぞ早めにご相談ください。

養育費は将来にわたって必要な大事なお金

「親権」「面会交流」についても親身にご対応

お子さんがおられる場合、養育費は将来にわたっての支払いを求めるものですから、総じて考えれば非常に大きな金額になります。養育費の算定は家庭裁判所の算定表に準じるのが基本ですが、個別の養育事情に目配りしていくことも必要です。

そのほか、お子さんに関する事柄では、「親権」の獲得や「面会交流」などの問題も含めて、依頼者の方にとって最も良い形を共に考え、一つひとつの相談に対して親身に対応してまいります。なかには面会交流を拒否される場合もあり、そのときには弁護士のサポートが必要といえますので早めに相談をいただけると幸いです。

あい法律事務所からのアドバイス

誰かに話すことで、気持ちが軽くなり前向きになれます

離婚の問題は、なかなか人には言いづらい悩みだと思います。その意味でも当事務所では、何よりも話しやすさを大事に、いつでも気軽に相談いただける弁護士でありたいと考えてご対応しています。

想いを誰かに話すだけでも、気持ちが軽くなって前向きに物事を考えられるようになります。弁護士は守秘義務がありますから、お話が外にもれるようなことは絶対にありません。まずは一度ご相談にお越しいただき、じっくりと話をお聞かせください。いつでもお待ちしています。

所属弁護士

植西 剛大(うえにし たかひろ)

登録番号 No.59903
所属弁護士会 愛媛弁護士会

アクセス

愛媛県伊予市宮下605番地1

〒799-3102 愛媛県伊予市宮下605番地1

事務所概要

事務所名 あい法律事務所
代表者 植西 剛大
住所 〒799-3102 愛媛県伊予市宮下605番地1
電話番号 準備中
受付時間
定休日
備考

その他の愛媛県の離婚に強い弁護士